子育てママのお悩み解決メディア
2022年度入学のランドセルは「ARTIFACT(アーティファクト)」に注目

2022年度入学のランドセルは「ARTIFACT(アーティファクト)」に注目

かつてランドセルは、黒系と赤系の色が主流で、表面はツルツルかザラザラかという選択肢しかありませんでした。しかし、今ではカラーバリエーションが豊富になり、“ラン活”という言葉も誕生しています。
日本のランドセルは「工房系」と「大手ブランド系」と大きくふたつに分かれています。ここに新しい別の選択肢を作りたいという思いから生まれたのが、スタイリッシュなデザインと安全安心の機能性を両立させた「アーティファクト」のランドセルです。“芸術品”という意味を持つアーティファクト。皆と同じであることが良しとされた時代から、個性や多様性が尊重されるようになりつつあり、日本の小学校教育はまさに過渡期。手に取った子どもたちの感性や感覚を磨き、これからの新しい時代にマッチするブランドです。
◆ARTIFACT(アーティファクト)
https://artifact-af.jp/concept


ランドセルの「新しい選択肢」

「何色のランドセルにするの?」ではなく、「何色でどんなデザインのランドセルにするの?」を叶えるのが今回紹介する「アーティファクト」。STEAM教育をはじめとした、専門分野の能力を伸ばす教育が注目されはじめている今、子どもたちの感性を磨く、新しい時代のランドセルです。

ランドセル ラン活 オシャレなランドセル アーティファクト ランドセル選び

現在販売しているのは、7デザイン20種で、どれもこれまでになかった自由なデザイン。このことを実現させたのは、ランドセルに必ずついているかぶせ部分の鋲をなくしたこと。職人にとって手間のかかる作業になってしまいますが、ひとつずつ手作業で実現させました。

例えば「Momentum(モメンタム)」というモデルは、子どもたちが持つ勢いとパワーを表現したモチーフと、大人びたゴールドの金具で人気です。このように、アーティファクトはそれぞれのシリーズにテーマを持たせ、デザインの特徴も大きく異なります。
◆その他のシリーズはこちらから https://artifact-af.jp/products

ランドセル ラン活 オシャレなランドセル アーティファクト ランドセル選び
ランドセル ラン活 オシャレなランドセル アーティファクト ランドセル選び

小学校の6年間は、体格が大きくなるだけでなく、雰囲気もぐっと大人に近づきます。そんな子どもの成長も考慮した飽きのこないデザインです。

安全安心の機能

「アーティファクト」の魅力はデザインだけではなく、子どもたちが6年間安全に小学校生活を過ごせる機能も装備しているというところ。国内最大の製造本数を誇るランドセル工場に依頼し、大手ランドセルブランドに搭載されている充実の機能を取り入れています。日本製、6年間保証付きです。

注目機能 1.安ピカッ

子どもの登下校が心配という方も多いのではないでしょうか? 「アーティファクト」のランドセルは60メートル先からでも車のライトに当たると視認可能な反射材を採用しています。ランドセルのふち部分と肩ベルトに装備(※Type03 Glossyを除く)し、前方、後方どちらからでもランドセルの形に沿って反射。遠くからでも子どもが認識されやすくなっているので、学童保育後の帰宅や、雨の日など、子どもを安全に守れる仕組みのひとつになっています。

ランドセル ラン活 オシャレなランドセル アーティファクト ランドセル選び

注目機能 2.楽ッション

毎日使うものだから背負い心地は重要です。肩ベルトのクッションの厚みを従来品と比べて2倍以上にアップし、身体に優しくフィットする今までにない背負い心地を実現。生地の切断面を生地でくるみこむ技法により身体に負担にならない作りになっています。

ランドセル ラン活 オシャレなランドセル アーティファクト ランドセル選び

注目機能 3.背かん

近年話題になっているのが「小学生の荷物重い問題」。文部科学省も置き勉を認知しましたが、小学校低学年の生徒にとっては、教科書やノートが身体の負担になっていることは否めません。「アーティファクト」では肩ベルトを25°立ち上げることで、カバン本体と子どもの背中との接触面積を10%アップすることに成功。肩への負担が約50%に軽減され、軽く感じることができます。こうすることで、成長期である子どもたちが自然な姿勢を保つ効果もあると考えられています。

ランドセル ラン活 オシャレなランドセル アーティファクト ランドセル選び

注目機能 4.ワンタッチオートロック

ランドセル ラン活 オシャレなランドセル アーティファクト ランドセル選び

子どもの頃、ランドセルを逆さにして教科書全部落ちて困った経験はありませんか? ワンタッチオートロック錠前を装備されているので、蓋を閉じるだけで、ひねりがクルリと周り締め忘れが防げます。

注目機能 5.外れるフック

予想外の動きをしてしまうのが子ども。これまでに「どうしてこんなことに」と感じた経験はありませんか? 便利な装備であるランドセル側面のフックが、ドアに挟まってしまったり、何かに引っかかってしまうなんてことも、無きにしもあらずです。そんな時、子どもが慌てることなくすぐに身動きできるように、約25kgの負荷で外れる設計になっています。

ランドセル ラン活 オシャレなランドセル アーティファクト ランドセル選び
ランドセル ラン活 オシャレなランドセル アーティファクト ランドセル選び

注目機能 6.エアーフレッシュ

ここ数年の夏の猛暑は驚くべきものです。代謝がよい子どもたちは、自宅から学校にいくだけで汗びっしょりということも珍しくありません。背当てに、通気性と透湿性に優れた「エアーフレッシュ」素材を使用し、ムレを防ぎ、暑すぎる夏、少しでも快適に学校へ通える工夫を施しました。

ランドセル ラン活 オシャレなランドセル アーティファクト ランドセル選び

注目機能 7.楽スキッ

ママたちの間でA4フラットファイルがランドセルに入るかどうかは、購入の際の要チェック項目のひとつ。「アーティファクト」のランドセルは全デザインA4フラットファイルがすっきりと入り、メインポケットはA4サイズのノートを20冊いれても余裕。それだけではなく、サブポケットには、分厚い筆箱もスッキリと収納。また、今後の学校教育のさらなるデジタル化を見据え、デジタル端末への衝撃を緩和できるよう底板にはクッション材が入っています。

ランドセル ラン活 オシャレなランドセル アーティファクト ランドセル選び

注目機能 8.チリ構造

新型コロナウイルスの流行で物と物が触れることが、以前よりちょっと敏感になったのではないでしょうか。しかし、子どもたちはそんなことお構いなし。側面部と底部を金具とチリの2点で支える構造なので、大マチの摩擦が非常に少なくなっています。

このように「アーティファクト」のランドセルは最新の機能を搭載しています。
◆詳細はこちらもご覧ください。  https://artifact-af.jp/concept

お手入れは拭くだけ簡単

「アーティファクト」のランドセルは全てクラリーノ。表面は耐水性のウレタン樹脂なので、水にぬれても型くずれしたり重くなったりすることはなく、乾いた布で軽く拭き取ればもとの美しい状態にもどります。6年間使うものだから、お手入れは簡単楽チンが嬉しいポイント。

ARTIFACT(アーティファクト)展示会情報

百聞は一見に如かず。実際に手に取って「アーティファクト」の良さを体感できる展示会は東京、埼玉、神奈川、千葉、大阪、京都、兵庫、石川、北海道、広島などで開催。詳しくはHP(https://artifact-af.jp/shoplist)を要チェック!
※出張展示会はフィットちゃんと合同で行います。

ポップアップショップ、販売店情報はこちら https://artifact-af.jp/shoplist


アーティファクトHP https://artifact-af.jp/

親子で満足できるランドセル選びを

ランドセル ラン活 オシャレなランドセル アーティファクト ランドセル選び

子どもが6年間ずっと使い続けるランドセル。親も子どもも魅力的と感じるデザインで、安全安心の機能を揃える「アーティファクト」のランドセルは、親子で満足できるランドセル選びになるはずです。そして、6年間大切に使い続けてくれることまちがいないでしょう。

資料請求はこちら https://artifact-af.jp/f/catalogue


※すぐに見られるデジタルカタログもあり。


商品に関するお問い合わせはこちら
Mail form  https://artifact-af.jp/f/inquiry


TEL : 076-411-5006
※受付時間 10:00~17:45(土/日/祝日を除く)
Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →