子育てママのお悩み解決メディア
最新のランドセルはすごい! 3回のラン活を経験したベテランママが伝えたい4つのこと

最新のランドセルはすごい! 3回のラン活を経験したベテランママが伝えたい4つのこと

現在、中2の長女、小6の長男、小2の次女、そして3歳の次男の4人の子どもの子育て真っ最中のモデルのasacoさん。すでに3回の「ラン活」をしたasacoさん親子に、2020年にデビューしたばかりのランドセルブランド『ARTIFACT(アーティファクト)』を体感してもらいました。

https://artifact-af.jp/

・2023年4月ご入学(現在年中さん)向けのカタログ請求はこちら

https://artifact-af.jp/f/catalogue/2023

最新ランドセルと自身のラン活を通じて感じた、ラン活で「親が大切にすべきこと」とはどんなことでなのでしょうか。

ラン活 オシャレなランドセル アーティファクト 工房系ランドセル 安全なランドセル 軽いランドセル

――3人のお子さんたちの「ラン活」でこだわったポイントを教えてください。

3人ともランドセル選びで重視したのは「デザインがシンプルであること」。長女と長男は、ちょうど私が好きなアパレルブランドのコラボランドセルが販売されていたので、他を見ることなく決めました。長女は当時他社のデコラティブなものもいいな…とも言っていたんですが、話しをして私の好きなそのブランドのものを購入しました。4年後、3回目となる次女のラン活は、そのブランドの販売がなくなってしまったので、工房系のランドセルに決めました。
色はシンプルなものがいいなと思って、子どもたちには「黒、茶、紺、赤」などベーシックなカラーから好きな色を決めてもらいました。長女は黒、長男はキャメル、次女は最終的にラベンダーを選びました。

――3人目のお子さんからカラフルカラーもOKになったんですね。

そうなんです。そもそも、上2人の時は今よりもランドセルのカラーバリエーションが少なかったように感じます。また、カラフルなものがあったとしても、デコラティブだったような…。また、私自身が子どもの時に赤いランドセルを使っていたので、カラフルなランドセルは使いにくいのでは? という先入観があったのも事実です。
3番目の次女は、自宅では「キャメルにしようかな」と話していたのですが、実際にお店で見るとラベンダー色のランドセルに一目惚れ。試着した娘の姿を見て「カラフルなランドセルもアリ!」と感じるようになりました。3回目のラン活でようやく色について、私や夫の意識が変化したように思います。

ラン活 オシャレなランドセル アーティファクト 工房系ランドセル 安全なランドセル 軽いランドセル

―― 3人のお子さんの「ラン活」をしてラン活市場の変化は感じましたか?

長女の「ラン活」は今から約8年前なのですが、当時は「ラン活」というワード自体がなかったように記憶しています。ただ、2番目の長男のランドセル購入した時に変化を感じました。長女の時は発売から一週間経っても余裕で買えていたのに、長男の時は発売開始後に即ほぼ完売だったようで。2年間で親の「ラン活」熱が一気に上がったと思います。

ラン活 オシャレなランドセル アーティファクト 工房系ランドセル 安全なランドセル 軽いランドセル

――今回次女さんにはARTIFACTのランドセルをお試しで使っていただきました。反応はいかがでしたか?

3つお気に入りポイントがあったようです。1つ目はオートロックの錠前。自動でカチャッと閉まるので楽チンだったそうです。2つ目は大きな前ポケット。モノがたくさん入るのがよいと言っていました。3つ目は軽いこと。いつも使っているランドセルより軽く感じたそうです。

――お友だちの反応はいかがでしたか?

いつもラベンダー色のランドセルを使っている娘が、ARTIFACTの黒色のランドセルを持っていくと、すぐに反応したようで「今日のランドセルは黒色なんだ!」「素敵なランドセルだね」「かっこいいね!」と言われたそうです。
今回、ARTIFACTのランドセルをお試しさせもらったことがきっかけで、子どもたちとランドセルの色について話してみたんです。すると、みな「性別とランドセルの色は関係ない」と。子どもたちは性別とランドセルの色に対してフラットですが、大人がいろいろと制限をかけているんだと改めて感じました。

ラン活 オシャレなランドセル アーティファクト 工房系ランドセル 安全なランドセル 軽いランドセル

――アーティファクトのポップアップショップへ行かれていかがでしたか?

ランドセルの印象がすごく変わりました。これまで、ランドセル選びはとにかくシンプルなデザイン重視でした。というのも、正直、機能面はどれもそんなに変わらないと思っていて…。
しかし、実際に手に取ってみて説明を聞くと、ARTIFACTのランドセルはオシャレなデザインに加えて、子どもが使いやすく、そして親も安心する機能がたくさん備わっていると感じました。ブランドが設立されてまだ2年目とのことですが、例えば、肩ベルトの厚さ。分厚くクッション性があることで、たくさんの荷物が入ったランドセルの重さが分散されて、軽く感じることが出来るだなんて初めて知りました。また、車のライトで光が反射する「安ピカッ」はランドセルのふちにさりげなく装備されていて、日中は目立たず、よく考えられているなぁと思いました。クッションが入った底板はタブレット端末を持ち帰る時も安心ですね。
ホームページやカタログに書いてあることも、実際にお店に行って聞いて試してみると全然違いますね。

ラン活 オシャレなランドセル アーティファクト 工房系ランドセル 安全なランドセル 軽いランドセル

――asacoさんはアーティファクトのランドセルだったら、どれをお子さんにすすめたいですか?

やっぱりシンプルなデザインとベーシックなカラーが好きなので、Orbit(オービット)のキャメルです。今までに見たことがないスタイリッシュなデザインで、良い意味で子どもっぽくなくて、高学年になった時に良さそうだなと感じました。このランドセルを背負った子どもがいたら思わず「どこのだろう?」と二度見しちゃいそうです。

ラン活 オシャレなランドセル アーティファクト 工房系ランドセル 安全なランドセル 軽いランドセル

――お子さんはどれが気に入っていましたか?

Palette(パレット)のプラチナホワイトとMature(マチュア)の(ミントブルー×チョコ)です。どちらもあまり見ないカラーで、実際に背負ってみると娘に似合っていると感じました! 白のランドセルは多くの親御さんが「汚れが目立ちそう」と感じそうですが、人工皮革なのでお手入れも楽チンそうですね。
また、 Mature(マチュア)の(ミントブルー×チョコ) は男の子にも人気があるそうで。男の子のランドセルは6~7割が黒色とのことですが、それはやっぱり親御さんの意向が反映されているなと感じます。ARTIFACTのランドセルはユニセックスなので、親の意識が変わる良いきっかけにもなりそうです。

ラン活 オシャレなランドセル アーティファクト 工房系ランドセル 安全なランドセル 軽いランドセル

――次のラン活、どのようにしたいですか?

今はパソコンやタブレットが学校で支給され、家に持ち帰るようになっていますし、コロナもあり、これからも子どもたちの学習環境が目まぐるしく変わるのではないかと思っています。2年後の次男のラン活は、デザインだけでなく機能面もチェックして、その時勢に合ったランドセルを一緒に吟味したいです。

ラン活 オシャレなランドセル アーティファクト 工房系ランドセル 安全なランドセル 軽いランドセル

――最後に、これからラン活をされる方へアドバイスをお願いします。

ARTIFACTのランドセルを体感して、そして3回ラン活をしたこそ感じることが4つあります。1つめはランドセル選びの際に子どもの意見を尊重すること。全部が全部は難しいと思いますが、デザインなり色なり、最終的にどこかひとつでも子どもに決めさせた方が、気に入って6年間使えると思います。子どもの感性を尊重したいです。2つめは、わんぱくなお子さん向けなのですが、丈夫なのを選ぶのがオススメ。我が家の場合長男のランドセルの扱いが本当に雑で…(涙)。ランドセルって安いものじゃないから最初の頃はアーーーーとなってしまいました。3つめは、必要なものだから早めに買おうです。そのほうが確実に欲しいのもが買えると思います。4つめは、ランドセルの機能について知ろうです。次のラン活は、デザインだけでなく機能も充実しているARTIFACTのランドセルも候補にしたいと思います。

4人の子育て中で、3回のラン活をしたasacoさんも驚きの機能とデザインを兼ねそろえたARTIFACTのランドセル。子どもたちの感性を育むデザインとスタイリッシュな色遣い、そして安心安全の機能。全デザイン、機能の詳細は公式HPhttps://artifact-af.jp/ をご覧ください。



・2022年4月ご入学(現在年長さん)向けのカタログ請求はこちらhttps://artifact-af.jp/f/catalogue


・2023年4月ご入学(現在年中さん)向けのカタログ請求はこちらhttps://artifact-af.jp/f/catalogue/2023

写真/土佐麻理子 ヘアメイク/根来かおり 取材・文/小田原みみ

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →