子育てママのお悩み解決メディア
SDGsとは?17の目標や達成状況を子供でもわかるように解説

SDGsとは?17の目標や達成状況を子供でもわかるように解説

SDGsは、これからの未来を生きる子供たちに大きく関わるものです。そこで今回はSDGsの内容について、子供でもわかるように解説します。

また、世界や日本の達成状況、私たちにできることもご紹介しますので、ぜひ親子でSDGs達成のための取り組みを始めてみましょう。

SDGsとは?内容と策定の背景

SDGsとは2015年の国連総会で定められた、2030年までに目指すべき17の目標のこと。

SDGsは「Sustainable Development Goals(サステナブル・ディベロップメント・ゴールズ)」の略であり、和訳すると「持続可能な開発目標」となります。

SDGsの「持続可能」とは、今現在だけではなく、私たちが今後も地球に住み続けられるように、この取り組みをこれからも続けていけるようにという意味です。つまり、SDGsとは、未来も私たちが地球で快適に暮らしていくために環境や資源を守り、さらに今の生活をより良いものにするということを表しています。

SDGsの17の目標

SDGsは次の17個の目標から成り立っています。

1.貧困をなくす

2.飢餓(飢え)をなくす

3.全ての人が健康で福祉を受けられるように

4.質の高い教育を受けられるように

5.ジェンダー(社会的・文化的な男女の差)の平等化

6.清潔で安全な水資源やトイレ(衛生)を世界中に

7.クリーンエネルギーの普及

8.働きがいのある仕事にみんなが就けるようにして経済成長を促す

9.産業技術の向上

10.不平等、格差をなくす

11.全ての人が住み続けられるまちづくり

12.資源の無駄をなくす

13.気候変動への対策

14.海洋汚染の減少と環境保全

15.陸の生態系を守る

16.平和で公正な社会づくり

17.1~16の目標達成のために全ての国が協力する

SDGsはなぜ定められた?

実はSDGsの前には、2001年に策定された「MDGs」がありました。MDGsは2000年の「国連ミレニアム宣言」と1990年代の「国際開発目標」を統合したもので、「貧困・飢餓」「初等教育」「女性」「乳幼児」「妊産婦」「疾病」「環境」「連帯」の8つの目標のことです。

このMDGsは2015年までの間に一定の成果を上げることができました。そこで、さらに目指すべき目標を盛り込んで定めたものが「SDGs」なのです。

SDGsの達成状況と私たちにできること

現在、世界と日本はSDGsの目標をどのくらい達成できているのでしょうか。また、これから目標達成に向けて私たちにもできることはあるのかも解説します。

世界と日本のSDGs達成状況

「SDGs報告2019」から世界の達成状況を見てみると、極度の貧困は大幅に低下したという良い傾向が見られました。しかし、その一方で目標13の気候変動については緊急の対応が必要と言われています。

ちなみに、日本で達成できているのは目標4と9の2つのみです。目標5、12、13、17の4つは達成にはほど遠いと言われており、これからの私たちの行動に目標を達成できるかがかかっているのです。

私たちができるSDGsとは

SDGsは小さなことからでも目標達成に向けて取り組むことができます。例えば食品ロスをなくす工夫をしたり、無意識にジェンダー差別をしていないか親子で考えたりする機会を増やしてみましょう。

またSDGsについて考える、SNSなどでSDGsの記事をシェアするといったこともSDGsの取り組みと言えます。日常生活の中で誰もがSDGsへ貢献することができるのです。

SDGsは世界を良くするための17の目標

SDGsは世界を良くするために定められた17の目標です。これから子供たちがより良い未来を生きることができるよう、SDGsの達成を目指しましょう。

そしてSDGsはどんなに小さなことからでも、まずは始めてみることが重要。ぜひ、お子さんと一緒にできることはないか探してみてくださいね。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →