子育てママのお悩み解決メディア
SDGsとはどういうもの?親子で実践して子供達の未来を守ろう!

SDGsとはどういうもの?親子で実践して子供達の未来を守ろう!

近年、世界中で取り組むべき活動として広まっている「SDGs」。大まかに世界を良くするための方針と知ってはいても、詳しい内容を知らない人は多いでしょう。今回はSDGsを親子で学び、楽しみながら実践する方法をご紹介します。

そもそもSDGsとは?

SDGsとは、持続可能な開発目標という意味です。2015年の国連サミットで、国連加盟国が2030年までに達成しようと掲げられました。将来の世代のために環境や資源を壊さずに、今の生活をより良い状態にするための17項目の目標があります。

1~5 社会

1~5は、貧困や飢餓、教育など社会面での目標です。

1.貧困をなくそう

2.飢餓をなくそう

3.すべての人に福祉と健康を

4.みんなに質の高い教育を

5.ジェンダーの平等を実現

6~12 経済

6~12は働き方や不平等、エネルギーや資源についての目標です。

6.衛生環境と清潔な水

7.クリーンエネルギーをみんなに

8.働きがいのある仕事と経済の成長

9.技術の革新と基盤作り

10.不平等をなくす

11.安全で住みやすい街作りの持続

12.責任ある生産と消費

13~17 環境

13から17までは、気候変動など地球規模の環境への対策目標です。

13.気候変動への対策

14.海を守る

15.陸を守る

16.すべての人に公正と平和を

17.協力して目標を達成しよう

SDGsを子供と一緒に楽しむ方法は?

SDGsを達成するためには、大人世代の自身はもちろん、これからの未来を担う子供たちの行動が重要です。SDGsを子供と楽しみながら達成に向かう方法をご紹介します。

自然で遊ぶ、動物や生き物に親しむ

キャンプやハイキング、海水浴など、自然の中での遊びを子供と楽しみましょう。自然の中で遊ぶことは、子供に自然や生き物について考える機会を与えてくれるだけではありません。親の私たちにも、自然は素晴らしい気付きを与えてくれます。

また、動物園や水族館を訪れることも、生き物に触れる良い機会です。生き物と近い距離で触れ合うことで、生き物が生きる世界、ひいては自然環境について考えるきっかけとなるのです。

毎日の生活で節約を考える

毎日の生活の中にも、資源を節約する方法はたくさんあります。ちょっとの間だからと水を出しっぱなしにすることを止めたり、買い物にはエコバッグを持っていくことを習慣にしたりと、小さなことでも皆が資源の節約に気を付けることで、資源を守ることにつながるのです。

子供と一緒に、資源を節約できる方法や工夫はないか考えてみてくださいね。

親子でSDGsを楽しみながら実践しよう!

SDGsは日々の生活や子供の日常の中で学び、実践することができます。子供がお友達と遊ぶことは、ジェンダーや不平等を考えるきっかけになるのです。

動物や生き物自然にふれることで命を大切に思う気持ちを育むことができます。日々の生活や、お出かけの際に子供とSDGsについて考え、楽しみながら実践してみてください。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →