子育てママのお悩み解決メディア
ママの手は私の手いくつの長さ? 作って学べるおうちワークショップ
2016.07.28 by Hanakoママ Hanakoママ

夏のワークショップ特集10 ママの手は私の手いくつの長さ? 作って学べるおうちワークショップ

おうちでワークショップ【その2】

人気のワークショップ特集。ぜひ子どもを連れて行きたいけれど、忙しくて難しい……、というかた。おうちでもできることがたくさんあります! 家にある簡単なものでできるアイディアについて、ワークショップを多数展開しているCANVASさんにうかがいました。今回は、お弁当に入っているグリーン!? 「バラン」も登場します!

バランの造形

02
プログラム提供:深沢アート研究所

お弁当に入っている「バラン」を使ってキャラクターを作ったり、つなげて森を作ったり、自由に遊んで。クリアファイルの池、折り紙の家などを加えても楽しい。

【ざいりょう】

06

バラン/丸いシール/はさみ/テープ/ペン

【つくりかた】
1.丸いシールにペンで目を描いて、目玉シールを作ります。
2.バランに目玉シールを貼って、バランちゃんの完成。後ろに丸めてテープで貼って、立体的にしても。
3.バランをつなげて、バランの森を作ったり、バランの公園を作ったり、バランちゃんの遊び場も作りましょう!

16
目の位置や描き方で、表情が変わるバランちゃん♪

セカイをはかる

10
20
プログラム提供:ケミカルエンターテインメント

てのひらの形を切り抜き、ものさしをつくるところからスタート。テーブルの長さ、ママの腕など、手のひら何個分、とはかることで遊びながら学習できる利点も。

【ざいりょう】

05

クリアファイル/ストロー/はさみ/テープ/油性ペン

【つくりかた】
1.クリアファイルに手を置き、手の形に添って、油性ペンで線を描く。
2.線に沿って手の形を切り取る。
3.ストローをテープで貼って、持ち手を作る。
4.身近にあるものが、てのひら何個分になるか、はかって遊びます。

08
じっとしててね!ママが手の形をペンでなぞります。
09
手の形は難しいけれど、ママと一緒に上手に切りました!

小さなはしご

21
プログラム提供:深沢アート研究所

はしごを作って壁にかけるだけで、子どもの想像力が膨らみます。「何取りに行く?」「りんご!」とりんごの絵を描いて貼るなど、自由にストーリーを展開させて。

14
次はバナナを取りに行こう!

【ざいりょう】

19

クラフト紙/白い紙/アイスの棒/ボンド/ペン

【つくりかた】
1.クラフト紙を丸めて棒状にする。(鉛筆などに巻き付けると作りやすい)
2.アイスの棒を2 本並べ、その間にクラフト紙の棒を置き、ボンドで貼り付けてはしごを作る。
3.はしごを壁に立てかけたら、周りに絵を貼り付けてストーリーを作ると、遊びが広がります。

15
短いはしごをつなげて長いはしごにしても。
※クラフト紙の代わりに新聞紙を使ったり、つまようじの先をはさみで切ったもの、割りばしなどを利用してもOKです。
[教えてくれた人] 改田佳奈子さん
CANVASワークショップコーディネーター・講師。CANVASは、子ども向けワークショップを企画・開発・プロデュースするNPO。アーティストとも恊働しこれまでに約300のプログラムを開発、3000回のワークショップを実施し、参加した子どもたちは35万人にも。幼稚園・保育園でワークショップを行う新プロジェクトもスタート。詳細は、http://canvas.ws/
教わった人 山口美帆さん、詩織ちゃん(3歳)
お絵かき、工作が大好きな詩織ちゃん。撮影が終わっても、お気に入りのバランちゃんでお遊び♡

夏のワークショップ特集はこちらから

写真〇上原朋也 編集・文◯宮本博美
(Hanakoママ41号より)
Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →