子育てママのお悩み解決メディア
2歳になったのにしゃべり出さない……。もしかして発達障害?
2016.09.21

先生おしえて! 2歳になったのにしゃべり出さない……。もしかして発達障害?

気になってはいるけれど、実のところよく分かってない……。そんなアレコレについて、専門家の先生にうかがいました! 今回は「小児科」です。

時間をかけてトータルで診る必要が。いろいろな場面で観察を

oshiete_doctor_201609

2歳になったのに言葉を発さない、歩き出さない、こだわりが強い、落ち着きがなくどこでも走り回る。こんな子どもの様子に「うちの子、発達障害かも…」と、不安に思った経験があるママも少なくないのでは?

子どもにどんな様子があったら、発達障害を疑ったらよいのでしょう。「人と目線を合わせない。同じおもちゃにこだわりを持っている。同じ行動を繰り返す。チックが出る。同じ色のものしか食べなかったり、同じ色のものを集めたりするなど、診るポイントはいくつかありますが、どれも程度の問題で、実は医師でも一発で診断することはできません。

ある限られた環境で起きた一点だけを見て判断するのではなく、その子どもの様々な場面を、時間をかけてトータルで診る必要があります。そのためには、家庭内での様子だけでなく、集団生活を送る保育園ではどんな様子か先生に聞いたり、慣れない環境で過ごしたあとの情緒が不安定ではないかなどをチェックしたりして、ご両親が普段から小さなサインも見逃さないことが大切です」

発達障害の可能性があるなと不安に思ったら、どうすればいい?

「信頼できるかかりつけ医や小児科医、保育園の先生、地域の保健師さんなど、子どもの健康を見守る様々な職種の人に相談してみてください。結果、発達障害があったら、子どもが適応できる環境を与えてあげましょう。そうした環境に身を置くことで、発達が促される可能性がぐっと高まるんですよ」

発達障害かどうか診断をつけることよりも、子どもが社会生活に適応してストレスなく生きていけるかどうかを見守ることが第一のようです。

[ 教えてくれた人 ] 白岡亮平さん
小児科医。夜10時まで365日無休診療の小児科医院、キャップスクリニック総院長。「お子さんと保護者の皆さんに健康情報をお届けする“キャップスクリニック”アプリがリリースされました!ぜひ、使ってみてくださいね」

編集・文◯石塚覚子
(Hanakoママ 43号より)