働くママのウェブマガジン

Kids最新の子ども情報をピックアップ!

コドモコモノ子どもの作品集にもなる。2017年のカレンダー作り

2016.12.26

2人の女の子のママでスタイリストの佐藤朝子さんが選ぶ、子どものための優秀アイテム。今月は、2017年のカレンダーです。

無地の画用紙に印刷されたカレンダー。12カ月分それぞれをアレンジしたら作品集になりそう!セットの封筒にメッセージを書いて贈り物にも。伊東屋オリジナル 2017 フリーカレンダー25.6×18cm 700円(銀座・伊東屋 Tel.03-3561-8311)

今日は何曜日? 毎朝私に問いかける娘は、保育園の曜日別の活動が楽しみな様子。

マイカレンダーがあれば、日々のワクワク度もアガるはず! そこで、彼女に用意したものがこちらです。

上部が余白で、絵を描いたり写真を貼ったりが可能。カレンダーはシンプルだから、行事の日に印をつけてあげて。

わが家ではさっそく、娘作のいろんな話を切り取って色を塗り、コラージュ。親子で仕上げるのもいいですね。2017年、たくさん思い出できますように!

佐藤朝子(さとう・ともこ)
インテリアスタイリスト、雑誌やカタログ等で活動。オズマガジン(スターツ出版)で連載中。2012年に長女、昨年5月に次女を出産。待望の著作「家族が心地よい部屋づくり」(マガジンハウス)には、家がもっと好きになるアイデアが満載です!
写真・文◯佐藤朝子
(Hanakoママ 46号より)