子育てママのお悩み解決メディア

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

忙しいママのマネー術ズボラでも大丈夫。ストレスなく貯蓄できる3つのテクニック

2017.01.06

今年こそは貯蓄をしたい、と思っても、実際にはなかなかむずかしいイメージがあります。

でも、ファイナンシャルプランナーの飯村久美さんによれば、がんばらなくても貯蓄するテクニックがあるそうなのです。

ズボラさんでもできる貯蓄&節約テクニックを3つ教えてもらいました!

1.お金が自動的に貯まる仕組みを作る!

「お金を貯めるには、『使う口座』と『貯める口座』の2種類を作るのがポイント。そして、給料が入ったら、『貯める口座』に自動で一定額が積み立てされるように設定しておくのです。無理なくお金が貯まっている人の多くは、決まって、この“先取り貯蓄”“天引き貯蓄”を実施しています。

お金が貯まらない人は、“先に生活費や小遣いに使って、残ったら貯蓄する”という逆のことをしている場合が多いです。そういう人はお金に余裕ができると、欲しいものや食べたいものに使ってしまい、結局、貯金には回せないものです。

ポイントは、自動引き落としを給料の10%からはじめること。15%、20%とあげていけばどんどん貯まっていきます」

2.家計簿はがんばってつけなくてもOK!

「家計簿をつけるのが苦痛で、途中途中が歯抜けになっているようであれば、無理につけるのはやめましょう。その場合、家計簿を見直すこともしないからです。

家計簿は本来、つけた後に今月の収支はどうだったか、前月などと比べて増えている支出はないかを確認するものです。

しかし、貯まる口座に自動貯金をしていれば、あとは残ったお金を小遣いと生活費に振り分けて、その中でやりくりすればいいだけ。食費などは1週間分の予算を立てて袋分けで管理すると、残りいくら使えるのかが見える化されるので、簡単かつ楽ちんに管理できます。わざわざ家計簿を、しかも無理してつける必要はありません」

3.無駄遣いをなくすには「コンビニを3日断ってみる」

「毎日コンビニについつい行ってしまうという人は、3日間だけ断ってみてください。コンビニへ行くと、使うはずもなかったビールやスイーツ、おつまみ代500円が次々に飛んでいってしまいます。毎日続ければ週5日で2,500円、月で1万円、年間で12万円にもなります。

無駄遣いの原因のほとんどがストレスや不安。それを解消するのに最適なのがコンビニ、になっている人が多いです。3日断てば、きっとコンビニに依存していた自分を新発見できるでしょう。ストレスによる無駄遣いに気づくかもしれません」

小遣いを減らさず、楽しく貯蓄しながら生活し、無駄遣いをする自分を見直してみる。これらの3つのことを実践すれば、新しい毎日がやってきそうです。ぜひヒントにしてみてくださいね。

[教えてくれた人] 飯村 久美(いいむら くみ)さん
FP事務所アイプランニング 代表 ファイナンシャルプランナー
1972年埼玉県生まれ。金融機関在職中にFPの資格を取得。日本の家計を元気にしたい、家族の夢を応援したいという思いから2006年FP事務所アイプランニング開業。1男1女の母。著書に「子どもを持ったら知っておきたいお金の話」(中経出版)、「ズボラでもお金がみるみる貯まる37の方法」(アスコム)。
http://www.fp-iimura.jp/

減らすのは小遣いではない! FPに聞く、貯蓄額UPのために見直すべきもの
貯蓄を増やすために。今、見直すとお得になること3つ

取材・文〇石原 亜香利