子育てママのお悩み解決メディア
子どもの問いかけには全力で回答したい。シロアナ代表の翠川裕美さんの子育て
2017.01.20 by Hanakoママ Hanakoママ

おしゃれママの「数珠つなぎ」連載 子どもの問いかけには全力で回答したい。シロアナ代表の翠川裕美さんの子育て

ブランドプレスやスタイリスト、ディレクターにヘアメイクなど…、キラキラとした世界で働くママたち。いま、instagramなどSNSでも注目を集めています。

そんな働くママのリアルな日常を、写真とともに一挙公開、さらにお友達のステキママを紹介していただく、というリレー形式の連載です。

今回は、FARM CANNING主宰、西村千恵さんからのご紹介で、企業やブランド、作家の販促企画やPRを担う株式会社シロアナ代表の翠川裕美さん。「葉山に昨年引っ越してきてからはご近所さんに。さすがのセンスでアーティストを後押しするカッコイイお母さんです」(西村千恵さん)

#11 株式会社シロアナ代表、翠川裕美さんの1日

葉山の海沿いの街で暮らす翠川さんは3歳と1歳児のママさん。子育てのモットーは“常に全力回答!”。子どもからの問いかけには、全反射神経をフル稼働させて、できるだけ全力の回答をするよう心がけているんだそう。「人生のほんの一瞬である大切な子どもとの密接な時間を楽しみたいと思っています」。深夜にわたる作業で就寝が午前2時を過ぎることも…。そんな仕事も子育ても全力な翠川さんの1日とは?

ある日のスケジュール

7:00 起床、保育園の準備、朝ごはん、身支度
8:00 保育園へ出発、到着
8:30 送り出し完了
9:00 駅着
10:00 都内シェアオフィス到着。仕事
12:00 ランチミーティング
13:00 イベントなどの打ち合わせ
14:00 打ち合わせ
16:00 電車に乗る。車内で担当SNS投稿などセット

17:00 最寄り駅着。一回帰宅、犬の散歩
18:00 お迎えへ
18:30 帰宅
19:15 夕飯
20:00 お風呂、洗濯
21:00 ベッドで絵本を読んでお話をして寝かしつけ
22:00 起きてきて片付け、犬と遊ぶ
23:00 仕事(夜の部)スタート
02:00すぎ 就寝

聞いてみました!<おしゃれママQ&A> 

Q1 最近子どもの成長を感じたエピソードを教えて!  

姉(3歳)に影響されて、トイレに座りたい弟(1歳)がトイレで失敗してしまった際、姉が「おしりふきと肌着持ってきてあげる!」と走って行き、「おしりふき見当たらなかったわー」と言いながら、着替え一式揃えて持ってきたこと。言い方が大人で(笑)。面倒見のいいお姉ちゃんです!

Q2 お休みの日の定番遊び場は? 

葉山公園、御用邸周辺の原っぱ、周辺の海岸。季節を問わず、ピクニックがてら遊びに行きます。遊び場所には困りません! おすすめのご飯屋さんは、葉山だと「庭つ鶏」のお座敷、鎌倉の「ゼブラ」もていねいなメニューながら、子連れにもとても親切にしてくださいます。

Q3 ヘトヘトなときのリラックス術は? 

ヘトヘトという概念をいつからか捨ててしまったのですが、リラックスという意味では、とりあえず夕飯を作りはじめる前に、グラスにワインを入れて、一口飲んでからはじめます。かつかつの頭で必死の形相で作るより、飲みながらうきうき作る方が簡単に美味しいものが作れるので、以前から忙しいママにもおすすめしています。

Q4 子育てで今困っていることは?

最近、姉が「弟くんより、上手でしょ」と言ってくること。全力回答に基づき、「姉はここがとても上手!」「弟はここが!」と大切なのは比較じゃないと回答するも、なかなか伝わっていないようで、「どっちも素敵。比べなくていいんだよ」と言ってみるもののあまりよくわかっていないようで……。2秒で返せる回答を探し中。

Q5 パパの協力度は何点?家事分担は?

120点です。世の中のママたちには申し訳ないのですが、私は炊事しかしてません。掃除、ゴミ出し、整理整頓、任せっきりです。夜中の設営などで私が明け方帰る際は、ふたりの子どもたちのお世話のみならず犬の散歩まで、何も言わずとも淡々とこなしてくれます。何より、子どもたちもすごく楽しそう。彼の協力なしではこの日々はあり得ず、本当にありがたいです。

Q6 子育てと仕事の両立で悩んでいることは? 

暦に沿った家での行事が、仕事の繁忙期と重なったりすると思うように十分にできないこと。もう少していねいに準備をしてゆったり楽しめるようにしたいので、余裕を持った無理のない母を目指したいと思います。

Q7子連れ旅のおすすめはどこ?

沖縄が大好きなのですが、ふたりの子連れになってからは夜な夜な飲み明かすことはできないながら、ダイニングキッチン付きのアパートメントホテルや、Airbnbで一軒家を借りるなどして宅のみも含めて楽しんでいます。沖縄そば屋さんは、座敷もあるところも多く、薄味で子供達も大好きです。

翠川さんの毎日をスナップでご紹介♪

最近は、白崎茶会の白崎裕子さん著の「かんたんパンレシピ」「かんたんお菓子」などの本に頼りきりで、休みの日に焼いたマフィンやホットビスケットなどを朝ごはんにかじっていることも多いです。本当に簡単で何より美味しいので、もうあのレシピたちなしでは暮らせません。

保育園へ送り出す道中(自転車)、海が3回見えるのですが、最近は空気が澄んでいるのか毎日富士山が見えます。これは自慢!(その代わり日焼けがすごい・泣)

昨年新たに登記した新会社のサービスの本ローンチを3月に控え、外部の方との打ち合わせが毎週立て込んで来ています。チーム内では、話すことがありすぎるので、気楽にできるようランチミーティングにすることが多いです。

1日のどこかで、愛犬と長めの散歩に。彼とでなければ毎日散歩に出るという発想はなかったのですが、出てしまえばただただ気持ちいい海沿い。散歩に行く時間は、頭を一旦リセットさせてくれる、今や重要な日課です。

子どもたちは、よく食べてくれる方なのですが、おなかが空くと待っていられないので、ごはんが炊けたらすぐおにぎりを出したりして、食べながら待っていてもらいます。本当は、すべて揃って全員でいただきますが理想ですが、今はみんなに機嫌よくいてもらうことの方が優先です。

ふたりの体温があったかく気持ちよすぎて、そのまましあわせに浸りたくなり、起き上がるのがつらい瞬間。残業しなきゃ…と奮い立たせて起きます。

リラックスタイムを作るより仕事をしていたいタイプですが、家のいたる所に仕事で関わるブランドや作家のものが点在していて、そこからかなり活力をもらっています。これは、安達寿英さんの、かおグラス。ゆるい表情に、思わずふっと力が抜け笑ってしまいます。

ジュエリーは毎日身につけていて、自分を構成する一部になっています。こちらは、お手伝いしているジュエリーブランド talkative のアイテム。

翠川裕美さん
株式会社シロアナ/株式会社モンキーブレッド 代表

翠川さんが代表を務める㈱モンキーブレッドでは、現在、KATALOKooo(カタロクー) というプラットフォーム(https://katalok.ooo/)の本リリースを控え、β版のみ展開中(https://simmon.katalok.ooo/ja)。KATALOKooo(カタロクー)は新しいカタチの「カタログ」。自分の好きな時にゆっくりと閲覧できるWeb Galleryであり、買いたいときにいつでも買うことができる Concept Shop。人とモノの出逢いをつむぐ、新しい空間です。

Instagram(https://www.instagram.com/midorikawasemi/
note(https://note.mu/midorikawasemi/


次回は、翠川さんのご紹介で、クッキー屋さん「SAC about cookies」の経営や飲食コンサルも手掛ける桜林直子さんが登場します。「ママとして大先輩の桜林さん。仕事にも子育てに対しても深い考え方をお持ちで、とても尊敬しています」(翠川さん)。お楽しみに!

これまで登場したママたちの記事はこちら

取材・文〇加藤朋美
Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →