働くママのウェブマガジン

Kids最新の子ども情報をピックアップ!

子どもの花粉症・3子どもの花粉症のために、親ができること5つ

2017.02.25

いち早く、対策を! 子どもの花粉症、年々増えています!

大人でもつらーい花粉症。最近では、花粉症の子どもも急増中で、しかも年々、低年齢化しているのだとか。鼻水をズルズルしがちな保育園児だからこそ、正しい知識と素早い対応を!

正しい知識を身につけて、子どもを花粉から守ろう!

「スギは樹齢が30年になると花粉を飛散させます。伐採されず樹齢30年を迎えたスギが、最近一気に増えたことで、花粉症を発症する人が急増していると予想されます」と話すのは、耳鼻咽喉科の田中伸明先生。

そのため花粉症の低年齢化が進み、2~3歳で花粉症と認定される子どもも。

もし子どもが花粉症になってしまったら、いかに花粉と接触させないかが大切。「正しく花粉を遠ざける生活をすることで、症状を軽減することができます」と田中先生。

そこで、花粉症のために親ができることをうかがいました。

花粉症のために親ができること

花粉症になったら、とにかく症状がでないように「花粉」を遠ざけることを心がけましょう。

毎日「花粉予報」をチェック

kafun2

暖かくて風が強い日は特に花粉が飛散するので要注意! 毎日「花粉予報」が発表されるので、多い日は部屋遊びにするなど、不要な外出を避けて。

静電気の起こりにくい服を着よう

kafun3

ウールやフリースなど、静電気の起こりやすい服は、花粉も付着しやすくなります。家に持ち込まないためにもなるべく避け、玄関で叩いて落としましょう。

洗濯物は部屋干しに

kafun4

洗濯物や布団はなるべく外に干さず、室内に干したり、布団乾燥機を利用しましょう。特に日中は飛散量が増えるので、もし干すなら早朝に。

家の中をしっかりキレイに!

kafun5

花粉は比較的粒子が大きいため、帰宅後数時間空中を浮遊して、その後床に落ちます。お家の中で快適に過ごすために、空気清浄機+床掃除を!

[ 教えてくれた人 ]
田中伸明先生
たなか耳鼻咽喉科(東京都豊島区 www.tanakajibi.jp)院長。TBS『あさチャン』等TVや雑誌取材多数。「花粉症対策メガネ」(宝島社)監修。
イラスト〇ノグチユミコ 編集・文〇吉田理栄子

子どもの花粉症はこちらをチェック!
https://hanakomama.jp/keywords/topics-23333/