働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

子どものゆかた、足元は下駄? 「親子でゆかた」のQ&A

2017.07.06

目指せ! 夏の主役。親子でゆかたデビュー!

夏のイベントラッシュ、今年はゆかたで出かけてみませんか?

アイデア次第でよそ行きにも、カジュアルにも。Hanakoママ本誌スタイリストに、着こなしテクを教えてもらいました。

Q1 キッズのゆかたの足元、下駄以外に合うものは?

A 保育園の七夕会や人ごみの多いお祭り会場では、キッズの足元は安定感のあるサンダルを選んであげて。

ゆかたに使われている藍色や藤色などの和の色味や、白、ベージュといったベーシックな色を選べば、違和感なく着こなせます。

yukata_shoes
白サンダル(14cm~)7300円~(トータス)、デニム素材のサンダル(12.5cm~)8500円(ミキハウス)/ともに銀座三越 Tel.03-3562-1111(大代表)

Q2 親子おそろで着たいけど、ちぐはぐにならないためには?

A 和柄とモダン柄では雰囲気が変わってしまうし、全く同じ色柄もつまらない。同じ柄なら親子で色を変えてみたり、柄は違ってもお花の種類をそろえてみたり、一部リンクさせるとオシャレに。帯は着物にある色を取り入れるのがベター。

yukata_top
古典的な菊柄でリンクさせた親子ゆかた。仕立上り婦人ゆかた3 万円(ツモリチサト)、半巾帯9000円(源氏物語)、子どもゆかた(100㎝~)1 万1800円~(ツモリチサト)、兵児帯8800円(古今Jr)/全て銀座三越

Q3 ママらしく着こなしたい、選ぶべきゆかたのポイントは?

A 藍色や白地、深緑など落ち着いた色味のゆかただと、子どもとのバランスもとりやすくなります。遊び心をプラスしたい人は、帯の結び方や小物使いで工夫を。

着付けを正統にするだけで、きちんと感のあるママらしい雰囲気になりますよ。

yukata_mama

着付けのポイント
襟足:こぶしひとつ分くらい空けて。開きすぎると艶っぽさが過剰に…。
合わせ:喉のくぼみが隠れるくらいの位置で交差させ、襟はきちんと整えて。
帯の位置:胸下より少し下に締めると落ち着いた雰囲気。帯下線は腰骨の上に。
裾:長さはくるぶしが半分隠れるくらいが目安。

写真〇齋藤大嗣 スタイリング〇鈴木由里香 イラスト〇中島香奈(asterisk-agency) 編集・文〇牧田ちえみ

こちらも読んでね!
この夏は「着物風」にゆかたを着よう!(PR)