働くママのウェブマガジン

Papa​パパの子育てを応援するコラム&トピックス

パパの子育て基本のキ・9「ごめんね」「いいよ」を言わせるだけでは不十分。子どものケンカのかかわりかた【大豆生田先生「パパの子育て」】

2017.07.19

パパの子育て基本のキ

kihonnoki

パパはどんなふうに子育てに関わったらいい? 困ったとき、パパとしてどんなふうに対処したらいい? NHK「すくすく子育て」でもおなじみの大豆生田啓友さんにケース別の対処法をうかがいます。

きょうだいゲンカは裁くべからず 互いの言い分を聞いてあげよう

「姉vs.弟のきょうだいゲンカ、たいてい弟が勝ちます。どのように対処すればいいでしょうか?(5歳・女の子と3歳・男の子)」というパパの悩みが届きました。

子どもたちの大きな事件のときこそ、自分の出番! と意気込むパパもたくさんいると思います。例えば、きょうだいゲンカ。相談のようなケースでは…。

「実際には、『いい加減にしなさい!』と一括するのでもアリのですが、少し丁寧にかかわりたいとすれば、次のようにしてはいかがでしょう。まずは、泣いている側の思いを受けとめます。この場合は、お姉ちゃんがツライ思いでしょうから、その思いを聞きましょう。自分の思いを聞いてもらうだけで、気持ちが少しは晴れるものです。」(大豆生田先生)

言い分を聞いてもらって気持ちが晴れるのは、子どもも大人も一緒。

「その上で、弟と話をしましょう。弟にも言い分があるかもしれないので、それを聞きましょう。その上で、姉の思いを伝えるのもよいと思います。弟も自分の言い分を聞いてもらったので、姉の気持ちを理解しやすくなると思います。それで、弟が反省しているようであれば、『ごめんって言ってみようか』などと誘ってみます。ただ、あやまれば解決ではなく、お互いの思いに気づいていくことが、大切なのです」

なるほど、ついつい何も聞かずに、とりあえず「ごめんね」「いいよ」と言わせて、大人が一件落着させてしまいがちですが、それは違うんですね。

web_prof

[教えてくれた人]大豆生田 啓友さん

おおまめうだ・ひろとも〇玉川大学大学院教育学研究科教授。1965年生まれ。
専門は乳幼児教育学・子育て支援。
著書に『マメ先生が伝える 幸せ子育てのコツ』(赤ちゃんとママ社)など。
NHK「すくすく子育て」出演中。
3人の父。

こちらも読んで!
なかなか寝てくれない子どもに、パパができること
3歳までは出番なし? 専門家に聞く、家庭でのパパの出番
頑張っているパパほど、ママからの評価が低いって本当?
おむつをはかない子ども。パパならこんな声掛けを!
友だちを叩いた我が子。厳しく叱りたいけれど、体罰はダメ?


「パパの子育て基本のキ」連載一覧

イラスト〇沼田光太郎 編集・文〇村田智博(TAPE)