子育てママのお悩み解決メディア
プロカメラマン直伝! わが子の発表会で失敗しない、ムービー撮影のポイント
2017.10.27

プロカメラマン直伝! わが子の発表会で失敗しない、ムービー撮影のポイント

プロカメラマン直伝!
保育園の発表会やお遊戯会にビデオカメラでわが子をうまく撮影するコツ

video

秋といえば保育園の発表会やお遊戯会。わが子の成長ぶりを観るのが楽しみという方は多いのでは? 今しか見られない子どもの姿をしっかり記録しておくためにも、写真やビデオの撮影は必須ですよね。

そこで今回は、失敗しないビデオカメラでの撮影ポイントや、ちょっと工夫するだけでクオリティがぐんと上がるアイディアを、プロのカメラマンに教えていただきました!

ステージに立つわが子を追う! カメラを構えるのはどの位置がいい?

保育園の発表会やお遊戯会で活躍する子どものビデオ撮影のコツを教えていただいたのは、共同テレビジョン所属のプロカメラマン関満夫さん。

ステージでお遊戯や演奏をする子どもを撮影するのに、カメラを構える位置はどこがいいのでしょうか。正面からがいいのか、斜めからがいいのか、迷ってしまいますが…。

「基本は正面で、子どもたち全体が入る位置にカメラを構えるのがベストです。そしてカメラ前を人が立ったり、通り過ぎたりしない場所を確保すれば、心おきなく子どもたちの撮影ができます。

正面で撮影するメリットは、子ども同士が被ることなく、満べんなく押さえられること。ただし、わが子が楽器などを演奏する手元が他の子と被ってしまうような場合は、カメラを斜めから、被らない位置に持って行って撮影するとよいでしょう。

可能ならば、全体を撮影するカメラとわが子を撮影するカメラの2台あると、映像を編集した際にわかりやすく楽しめるものになります。全体を撮影するカメラは寄り引きする必要はないのでスマホでもいいですよ」

発表会やお遊戯会のビデオ撮影の悩みを解消!

正面の定位置を確保したら、いよいよ撮影本番! でも、ビデオ撮影中、いろんな問題が起きることも。そこで、よく起こりがちなビデオ撮影の不安や疑問を解消していきましょう!

カメラの前に観客が…どうすればいい?

場合によってはステージがなく、お遊戯する子どもと観客席にいる親の目線が同じということってありますよね。その場合、他の観客の頭などにレンズがさえぎられてしまうことも…。そんなときどうすればいいのでしょうか。

「踏み台や脚立に乗ってカメラの目線を上げる、もしくは逆に観客する人たちの前に座り込んで邪魔にならないように撮影するのがよいでしょう」

子どもたちと観客席が近すぎて全体が撮れない!

よく教室などで子どもたちが目の前でお遊戯をするときなどは、観客席が近すぎることもあります。こんなときはどうすればいいのでしょうか。

「近くで撮影できるケースもなかなかないので、それを活かして近い場所から臨場感ある映像を撮影するのもよいのではないでしょうか。ただ、近いと全体が撮影できなくなるケースが多いので、パパとママで役割分担し、全体を抑える映像は斜め位置からスマホなどで撮影してみてもいいと思います」

アップも全体もどちらも撮りたい!

アップにしすぎるとステージ全体の様子がわからず、全体を固定で撮影すると、子どもの表情がわからなくなります。1台のカメラで両方残したい場合はどうすればいいのでしょうか?

「ある程度、広い画角でわが子を撮影し、後からわが子をアップに補正や編集することがおすすめです。撮影時に被写体をアップにしてしまうと、どうしても手ブレが生じがちになります。

最近では撮影した後で、被写体をクローズアップできるビデオカメラもあるため、そのようなカメラを選ぶといいでしょう。

わが子までの撮影距離が遠いなど、クローズアップしなければいけない場合は、『手ブレ補正』が優れたビデオカメラを使用することで、映像のブレを防ぐことができます」

20年後も楽しめるビデオを撮影するポイント

最後に、20年後も楽しめる保育園の発表会やお遊戯会のビデオを撮影するポイントを教えていただきました!

家族で鑑賞するときにゆっくり楽しめる映像にするには、撮影する際に“5W1H(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのようにしたのか?)” を意識することがポイントです。

例えば、わが子のお遊戯のようすだけでなく、お遊戯会の看板、会場の全景、入場するわが子など、シーン分けして撮影すると、いつ見ても分かりやすく楽しめる映像にすることができます。

もっと内容を濃くするのであれば、わが子を見守る家族の映像や、お遊戯会前のわが子へのインタビュー、お遊戯後の感想などもあると、映像に感情がこもり、結婚式などわが子の晴れの日に流すビデオの1シーンとしても楽しむことができますよ」

保育園の発表会やお遊戯会撮影に役立つビデオカメラ3選

この秋の保育園の発表会やお遊戯会を機会に、ビデオカメラデビューを果たしたいママは、便利な機能のついた最新ビデオカメラを使えば、簡単にわが子をしっかり撮影することができそうです。そこで、発表会やお遊戯会撮影におすすめのビデオカメラを3つご紹介します!

1.パナソニック「デジタル4KビデオカメラWX995M」

1428288913481-1

http://panasonic.jp/dvc/products/wx995m.html
「あとから手ブレ補正」「あとから追っかけ機能」「あとからクローズアップ」「ワイプ撮り」など、発表会やお遊戯会撮影に役立ちそうな機能が満載!

2.ソニー「デジタル4Kビデオカメラレコーダー ハンディカム®『FDR-AX40』 」(写真はブラック)

sony3

http://www.sony.jp/handycam/products/FDR-AX40/
手持ち撮影でもブレない機能や、全体を広々撮ることのできるワイド撮影から、子どもの顔をアップで撮ることのできるズーム撮影まで幅広く撮影可能!

3.キヤノン「iVIS HF R800」

canon

http://cweb.canon.jp/ivis/lineup/hfr800/index.html
高精度な「手ブレ補正機能」や「ズームアップ機能」などお役立ち機能が搭載された、軽量・コンパクトのビデオカメラ。デビューにぴったりです。(キヤノンオンラインショップ限定販売)

この秋、わが子の晴れ舞台をしっかりきれいに撮影して、成長の記録と愛情のしるしをしっかり残したいですね。


取材協力
共同テレビジョン 関 満夫さん

取材・文〇石原 亜香利
photo by Adobe Stock