子育てママのお悩み解決メディア

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

先生おしえて「は」にテンテンは「ば」じゃない!? 子どもの言い間違いが教えてくれること【コドモのコトバ】

2017.10.25

気になってはいるけれど、実のところよく分かってない…。 そんなアレコレについて、ずばり教えてもらう「先生おしえて」のコーナー。

心理言語学の研究者、広瀬友紀さんによる子どもの言葉の話、第2回目です。


その言い間違えには理由がある!
今月のテーマ /「は」にテンテンつけたら何?「わかんない…」

sensei_kotoba

多くのお子さんは、小学校で文字を習い始める前から、身の回りの文字に自然に興味を持ち始めます。

仮名についている「テンテン」の記号も好奇心を刺激しますね。「た」にテンテンがつくとなんて読む? 「そ」にテンテンは? 「く」は?

子どもは徐々に仕組みをつかんでいきますが、でもなぜか、「は」とか「ひ」「へ」「ほ」にテンテンつけたら何?には苦戦する子が多いのです。

「は」にテンテンは? の答えがそもそも「わかんない」だったり、「が」って答えてみたり、仮名で表せないような変な音で答えたり。

大人にしてみたら「ば」の音は一つでしょ、なぜ悩む? って言いたくなりますよね。

じゃあ逆に大人に尋ねてみましょう。「テンテン」の役割って何? 「テンテン」がつけられる仮名とそうでない仮名があるのはなぜ?

仮名で書ける音には、まず声帯の振動を伴う「有声音」(母音の「あ」行と、「な」「ま」「や」「ら」「わ」行の子音)があります。

それから、声帯の振動を伴う・伴わない、の2バージョンからなる音(「か」「さ」「た」行の子音)もあります。

後者はこの2バージョンの区別を「テンテン」のありなし(有声音と無声音)で表します。テンテンありなしのペアは、発音の方法(口の中のどこをどう使うか)は共通しています。

で、「は」も後者?

ですが、「は」行だけその関係が破綻しているのです。

「た」と「だ」だと口の同じ場所を使うのに「は」と「ば」だとずいぶん違う場所を使っていることが、実際に発音してみるとわかります。

それなのに「は」と「ば」がペアなのはおかしい、と子どもは先に気づいているというわけです。「そもそもテンテンの役割は何なのか」ということも。

大人はもはや当たり前すぎてそんなこと考えないのにね。

冒頭に紹介した「は」にテンテンは? の珍回答、「『は』の有声音バージョンって探せないよ!?」ってことを子どもが示してくれているのですね。

prof21

広瀬友紀

ひろせ ゆき〇東京大学大学院総合文化研究科教授。
心理言語学、特に人間が言語を理解するしくみを研究。
2017年8月より8カ月間の在外研究で、ハワイ大学に滞在中。
小2男子の母。著作に『ちいさい言語学者の冒険-子どもに学ぶことばの秘密』(岩波書店)。

syoei


こちらも読んでね!
言い間違いには理由が!「死む」「来(き)ない」からわかる、子どものアタマのなか
【コドモのコトバ】連載一覧


広瀬先生のハワイ子連れ留学日記、【ハワイとコトバ】も連載中!

photo by Adobe Stock