働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

子どもの病気特集・2子どもの病気といえば、感染症?【子どもの病気のウソホント】

2017.11.09

子どもの病気のウソホント

よく耳にする話だけれど、本当のところはどうなの!?

52

まずは知っておきたい病気にまつわるトピックを、聖路加国際病院小児科医長の草川 功先生に伺いました。

これまで当たり前だと思っていたことが、実は違う!? なんてことがあるかもしれません。

[ 教えてくれた人 ]小児科医 草川 功(くさかわ いさお)先生
聖路加国際病院小児科医長として外来、定期健診、予防接種など担当。保育園の園医も務める。

【みんなの定説2】子どもの病気といえば感染症、である

その定説、答えは・YES!

81

かぜの多くは感染症です

感染症というとなんだか特別な病気のようですが、要は人から人へうつるということ。かぜの多くも感染症です。

ロタウイルス感染症、ヘルパンギーナ、溶連菌感染症など親になるまで聞いたことがなくても、乳幼児にはおなじみというものがたくさん。免疫が未熟なために感染し、それによって免疫力はパワフルに! 

ちなみに、感染症の原因となる微生物を病原体とよび、ウイルス、細菌、まれに真菌(かび)などもあります。

感染症を防ぐのはムズカシイ?

手洗い、規則正しい生活で予防

感染症のなかにはワクチンで防げるものも。予防接種は早めに受けましょう。

また、手洗い、規則正しい生活など基本的なことが大事です。赤ちゃんのいる家のなかに病原体を持ち込まないように、家族は外から帰ったら手をよく洗い流しましょう。

病気が流行しているときに人混みに連れていくのはリスク大。赤ちゃんの体に病原体を侵入させないことを意識して。

※このページは書籍『子どもの病気SOS』(小社刊)から抜粋・再編集しました。

こちらも読んでね!
何度もかぜをひきながら、子どもの体は強くなるって本当?

子どもの病気特集一覧を見る

イラスト〇木下綾乃 編集・文〇石毛幸子
(Hanakoママ57号より)