働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

子どもの病気特集・5RSウイルスにアデノウイルス……。ウイルスって昔より増えた?【子どもの病気のウソホント】

2017.11.14

子どもの病気のウソホント

よく耳にする話だけれど、本当のところはどうなの!?

まずは知っておきたい病気にまつわるトピックを、聖路加国際病院小児科医長の草川 功先生に伺いました。

これまで当たり前だと思っていたことが、実は違う!? なんてことがあるかもしれません。

[ 教えてくれた人 ]小児科医 草川 功(くさかわ いさお)先生
聖路加国際病院小児科医長として外来、定期健診、予防接種など担当。保育園の園医も務める。

【みんなの定説5】RS ウイルス、アデノウイルス…新型のウイルスが増えている。

その定説、答えは・NO!

72

ウイルスの検査が可能に

乳幼児の病気でよく話題になるRSウイルス、アデノウイルス、ヒトメタニューモウイルス……。自分が子どものころには聞いたことがないものばかりでは?

以前はこれらのウイルスの病気は「かぜ症候群」としてひとくくりにされることが多かったのです。

それが近年、簡単な検査でウイルス名を確認できるようになり、「RSウイルス感染症」など具体的な病名でよばれるように。新型のウイルスが増えているわけではありません。

検査してウイルス名を知ることが大事?

検査するのは必要なときだけ

23

ウイルス検査の多くは鼻の奥に細い綿棒を入れて、粘液を採取して調べます。ほんの一瞬とはいえ、病気の子どもにはつらいもの。

だから検査をするのはウイルス名を確認することで、より効果的な治療ができると医師が判断したときだけです。

たとえウイルス名がわかっても、かぜと同じような治療になる。そう判断したときは、無理に検査をしないことがほとんどです。

※このページは書籍『子どもの病気SOS』(小社刊)から抜粋・再編集しました。

 

こちらも読んでね!
生後半年までは病気にかかりにくい、医者に行くことは少ないって本当?
「内科・小児科」と「小児科・内科」って、同じようなもの?
何度もかぜをひきながら、子どもの体は強くなるって本当?
子どもの病気といえば、感染症?

子どもの病気特集一覧を見る

イラスト〇木下綾乃 編集・文〇石毛幸子
(Hanakoママ57号より)