働くママのウェブマガジン

Odekake今週末、どこに行く?

おでかけニュース【東京】「おやこでアート」受付中! 森美術館の『レアンドロ・エルリッヒ展』

2017.11.17

小さな子連れで美術館。興味はあっても、連れて行って泣いたら、走り回ったら、と思うと、かなりハードルが高いですね。

森美術館で定期的に開催している「おやこでアート」は、未就学児とその家族を対象にしたプログラム。美術館が開館する前の時間を親子向けに貸し切るので、リラックスしてアート鑑賞できるのが魅力。

こちらが過去の展覧会での「おやこでアート」の様子です。

1_web_r
イメージ写真:おやこでアート ファミリーアワー(「サンシャワー:東南アジアの現代美術展」2017年)撮影:御厨慎一郎 写真提供:森美術館
3_web_r
イメージ写真:おやこでアート ファミリーアワー(「N・S・ハルシャ展」2017年)撮影:御厨慎一郎 写真提供:森美術館

今日から開催される『レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル』(2018年4/1(日)まで開催)の「おやこでアート」は12月2日(土)に開催。0歳児も、ベビーカーもOKです。

leandro_poster_B2_nyuko_OL
2_web_r
イメージ写真:おやこでアート ベビーカーツアー(「リー・ミンウェイとその関係展」2014年)撮影:御厨慎一郎 写真提供:森美術館

『レアンドロ・エルリッヒ展』の作品は、体験型インスタレーション作品が多いので、親子で自然にアートにかかわることができそう。全て撮影が可能なので、 投稿したくなる写真もたくさん撮れそうです。

まだ申し込みを受け付けしていますので、気になる方はお早めに!


【『レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル』「おやこでアート」】
日時::第1回 2017年12/2(土)9:30-10:30(第2回として、2018年1/20(土)9:30-10:30にも開催予定)
会場:森美術館展示室内
対象:未就学児(0~6歳)とその家族、現在妊娠中の方とその家族
定員:各回80組(サイトから要予約)
料金:無料(ただし、当日有効の「レアンドロ・エルリッヒ展」鑑賞チケットが必要)
森美術館 http://www.mori.art.museum/jp/index.html
【おやこでアート申し込み】
http://www.mori.art.museum/jp/learning/491/index.html

【レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル】
会期:開催中~2018年4/1(日) 10:00-22:00、火曜日は10:00-17:00 *いずれも入館は開館時間の30 分前まで *会期中無休
会場:森美術館
料金:一般1800円、学生(高校・大学生)1200円、子供(4歳―中学生)600円
*本展のチケットで展望台 東京シティビューにも入館可(スカイデッキを除く)
http://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/LeandroErlich2017/02/index.html