働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

子どもの病気特集・6インフルエンザは冬、ヘルパンギーナは夏。子どもの感染症がはやる時期一覧【子どもの病気のウソホント】

2017.11.20

子どもの病気のウソホント

よく耳にする話だけれど、本当のところはどうなの!?

まずは知っておきたい病気にまつわるトピックを、聖路加国際病院小児科医長の草川 功先生に伺いました。

これまで当たり前だと思っていたことが、実は違う!? なんてことがあるかもしれません。

[ 教えてくれた人 ]小児科医 草川 功(くさかわ いさお)先生
聖路加国際病院小児科医長として外来、定期健診、予防接種など担当。保育園の園医も務める。

【みんなの定説6】子どもは風の子、寒さに強い。

93

その定説、答えは・NO!

寒そうなときは1枚プラス

子どもは体が小さいので大人より気温の影響を受けやすいもの。寒さに強いかといえば、そうでもないのです。

風が冷たければカーディガンを羽織る、鼻水が出たらすぐにかむという、当たり前の対応が自分ではできないので、結果として病気になりやすいのです。

寒そうなときは1枚プラス、鼻水が出たら拭いてあげ、あたたかい部屋で落ち着かせる。こまめに対応するのは病気を防ぐための必要なお世話。過保護とは違います。

冬のほうが病気になりやすいの?

流行の時期を意識しましょう

かぜやインフルエンザなど大人の感染症といえば冬のイメージ。

でも、子どもには「3大夏かぜ」とよばれる感染症もあり、それが手足口病、ヘルパンギーナ、プール熱(咽頭結膜熱)。

また、秋から冬に流行するRSウイルス感染症は、近年夏にかかる子が増えてニュースにもなっています。そんな流行情報に敏感になり「気をつけよう」と意識することも予防につながります。

感染症がはやる時期を知っておこう!

病名と流行の主要時期をここでおさらい。

インフルエンザ : 12~3月
RSウイルス感染症 : 9~3月
手足口病 : 6~9月
ヘルパンギーナ : 7~9月
プール熱(咽頭結膜熱) : 7~9月
溶連菌感染症 : 12~6月
ロタウイルス感染症 : 1~5月
ノロウイルス感染症 : 11~2月

* 主要時期以外にもかかることはあります。国立感染症研究所、各自治体の感染症情報センターなどのHPで流行状況の確認を。

※このページは書籍『子どもの病気SOS』(小社刊)から抜粋・再編集しました。

 

こちらも読んでね!
RSウイルスにアデノウイルス……。ウイルスって昔より増えた?
生後半年までは病気にかかりにくい、医者に行くことは少ないって本当?
「内科・小児科」と「小児科・内科」って、同じようなもの?
何度もかぜをひきながら、子どもの体は強くなるって本当?
子どもの病気といえば、感染症?

子どもの病気特集一覧を見る

イラスト〇木下綾乃 編集・文〇石毛幸子
(Hanakoママ57号より)
photo by Adobe Stock