子育てママのお悩み解決メディア
11歳のお姉ちゃんと2歳のチビくんと。ハルカゼフラワー小嶋悠さんの子育て
2017.11.29 by Hanakoママ Hanakoママ

おしゃれママの「数珠つなぎ」連載 11歳のお姉ちゃんと2歳のチビくんと。ハルカゼフラワー小嶋悠さんの子育て

ブランドプレスやスタイリスト、ディレクターにヘアメイクなど…、キラキラとした世界で働くママたち。いま、instagramなどSNSでも注目を集めています。

そんな働くママのリアルな日常を、写真とともに一挙公開、さらにお友達のステキママを紹介していただく、というリレー形式の連載です。

今回登場していただくママは、菅田ゆきこさん(Akatsukicafe&somethingオーナー)からのご紹介で、都内で「harukazeflower(ハルカゼフラワー)」というお花屋さんを夫婦で営む小嶋悠さん。

「小学生の女の子とちいさい男の子のママさんです。彼女ならではのセンスが光るお花のセレクトは唯一無二だと思います。お花やさんのイメージをいい意味でくつがえす格好いいママです」(菅田さん)

#26 小嶋悠さん(Florist/harukazeflower)の1日

長女11歳の女の子と2歳の男の子のママである小嶋さんの子育てのモットーは「見守ること!」。

先回りして、何かしてあげるより、自分でどうしたいか考えさせる、そして考えを自分で言わせるようになんとなく意識しているそう。

華やかなイメージの裏にある、体力的にもなかなかハードなお花屋さんママの一日とは?

17

ある日のスケジュール

5:00 起床。お花の仕入れへ
9:00 保育園送り
11:00 お店open。水揚げ、制作、配達、いけこみ、などなど
18:00~19:00 保育園お迎え

19:30 夜ごはん
20:30 おふろ
21:30 寝かしつけ。だいたい寝ないまま22時半頃お父ちゃん帰宅
23:00~24:00 知らない間に全員寝てるか、起きて余力があったら残りの洗濯などの家事

聞いてみました!<おしゃれママQ&A> 

Q1 子育てと仕事の両立で悩んでいることは?

とにかく時間が足りない(泣)。仕事も子育ても、家事すらちゃんとままならず中途半端になってしまっていないかと悩むことが多いです。

でも、両立のコツももっと家族を頼りに思えばいいのかなとも思っています。長女のおかげで、子どもは割とたくましく、頼りになることも教えてもらいました。

Q2 最近子どもの成長を感じたエピソードを教えて! 

お姉ちゃん(11歳)が、「ちょっと愚痴っていーい?」と私に言ってきたこと。
弟(2歳)が自分で靴を履けたこと。

Q3 ヘトヘトなときのリラックス術は? 

何もしない、をすることです!

Q4 子育てで今困っていることは? 

人手不足。子育てはいつでもずーっと人手不足です!!

Q5 パパの協力度は何点?家事分担は?

95点! 頼むと快く引き受けてくれます。仕事も遅くなり、なかなか難しいと思いますが、自分で気づいてくれたら100点かな(笑)。

Q6 お花屋さんをはじめた理由やきっかけについて教えてください! 

お花がすごく好きだから。お花のすばらしさを、伝えたいと思ってお花屋さんを始めました。

創作のインスピレーションの源は、お花はもちろん、音楽や映画、絵などからも受けたりします。

Q7 お花屋さんのお仕事で「大変だな」「やってよかった」と感じるときはどんなとき?

大変だなと思うのは、やはり冬場の水換えです。でも、それを上回るくらい、お客様やクライアントに喜んでもらえたときは嬉しい瞬間です。

朝、市場で大好きなお花を見るときも、この仕事をやっていてよかったなと思います。

小嶋さんの毎日をスナップでご紹介♪

17

ひさしぶりに家族みんなで公園でゆっくり。写真はお父ちゃんに撮ってもらいました。よい休日でした~!

24

寝かしつけ、と言うか…寝ません! チビくんは眠いときに寝たいところで寝ています。だいたいベッドからわざわざ床に降りて寝てます。お姉ちゃんは、ちゃんと自分で寝ます!

36

先日の運動会は、お父ちゃん大活躍。実は保育園の副会長もやらせて頂いているのですが、休日仕事も多く、なかなか活躍できないのでできる事はなんでも参加させて頂いています。この日は運動会の大道具係がんばりました。

45

ごめんなさい……手作り夕ご飯を可愛く盛りつけとか、男前料理すぎて写真撮れません! 手作りを心がけてはいるのですが、お迎えが遅くなってしまうことも多く、外食に頼ることも。これは行きつけのエスニック料理屋でお姉ちゃんが撮ってくれました。行きつけが多いので、子どもたちをかわいがってもらってます(笑)。チビくん餃子は自分で頼みます!

55

これは仕事の日、鉢物の仕入先でパチリ。いつ来てもワクワクする場所です。

64

週末もお花屋さんとして、マーケットやマルシェに出店することが多く、なかなかゆっくり過ごせませんが、たくさんの人たちに会ったり、かわいがって頂いたり、いい経験になるだろうと割りきって、付き合わせています。ただ、チビがいると全然仕事になりません(笑)! 一緒にみてくれるお姉ちゃんに感謝です。

74

朝ごはん!いつもざっくりすぎて料理の写真載せられませんが(笑)、手づかみでワイルドになんでもおいしそうにパクパク食べてくれるので助かっています。かなりいい顔して食べます。

83

仕事中。朝仕入れしたお花を水揚げして、店頭に並べています。お客様にワクワクしてもらえるよう、花合わせのイメージを膨らませていきます。

8e0be1ec4b5309986474d1f2824b8f08

友人の美容室で、ヘアードネーション(病気や怪我などで、カツラを必要とする子どもたちに、髪を寄付するという活動)に参加させて頂きました。バッサリカットしてきました!

prof1

小嶋悠さん 
Florist/harukazeflower(ハルカゼフラワー)

港区新橋でフラワーショップ「harukazeflower(ハルカゼフラワー)」というお花屋さんを夫婦で営む。(港区新橋5-19-15 アド・タイヘイビル102 TEL:03-6450-1823)。他にはない独創的な素材の合わせや斬新な色使いが特徴の花束やリースはインテリアとしても人気。また、各地で見つけた個性溢れる花器やリース、鉢植えをweb shopにて販売中。
Webshop(harukazeflower.com
Instagram(https://www.instagram.com/harukazeflower/

次回は、小嶋さんからのご紹介で、グラフィックデザイナーのもちさんです。お楽しみに!

これまで登場したママたちはこちら!
菅田幸子さん(Akatsukicafe & somethingオーナー)
坂東千鶴さん(chitreeオーナー)
谷恵美子さん(ARCHIプレス)
神谷ミッコさん(Nice & Smoothie 主宰)
愛甲真希さん(フードクリエイター)
児玉美希さん(「こどもパン」店主)
有坂亜由夢さん(映像作家(最後の手段 / SAIGO NO SHUDAN))
藤吉陽子さん(「O-Kitchen」主催)
紺谷ちぐささん(キッズセレクトショップ「CHIGO」オーナー)
牟田絢加さん(セレクトショップOEUVREオーナー)
長澤実香さん(スタイリスト)
寒河江麻恵さん(フリーランスPR・温泉コラムニスト)
桜林直子さん(SAC about cookies 代表)
翠川裕美さん(株式会社シロアナ 代表)
西村千恵さん(FARM CANNING 主宰)
浅川あやさん(「日用美」店主 )
momoさん(フラワーコーディネーター momo’s flower project)
イナダミホさん(シンガーソングライター)
鳳山えりさん(モデル兼コルギサロンオーナー)
MARCOさん(フォトグラファー)
西山美希子さん(descendant デザイナー)
YOSHIKOさん(SHIMA ヘアメイク)
吉田ちかげさん(Art Director/Graphic+Web+Space Designer)
原田沙奈子さん(Le abel代表 / Abel ディレクター)

おしゃれママの「数珠つなぎ」連載一覧

取材・文〇加藤朋美
Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →