働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

編集者の取材エピソード子育て中もキレイでいたい! 読者ママたちが実践する美容&オシャレ

2017.12.06
100_other

保育園ママの悩みをみんなでシェアする連載、「働くママを悩ませる100の事象」。
今回は、「産後太りもそのまま、メイクやおしゃれも後回し。このままでいいの?」というお悩みを取り上げました。

実はこれ、私自身もひしひしと感じていることでもあったりします。

私事ではありますが、7月に第二子を出産しまして。しかし「まだまだ産後だし……」「保育園の送り迎えだけだから」とメイクも服装も、思いっきり手抜きモード。

しかーし! 同時期に出産した保育園のママたちは、すでにネイルにマツエク、もちろんメイクもきちんとして、毎日を過ごしているではありませんか。

聞けば、「土日の朝9時から開いているサロンを見つけて、家族で休日を過ごすのに支障がない時間帯にネイルやマツエクやってるよ」とのこと。なるほど……。「自分ケアの時間なんてないよね~」と、入院中に欠けた歯すら放置している私とはえらい違いです。

というわけで、アンケートで寄せられたご意見の中から、読者ママたちがセルフケアで意識していること、誌面には載せきれなかったものをご紹介します!

すぐマネできる簡単なものから、ハードルがちょい高め(!?)のものまで、さまざまなご意見を集めてみました!

◆体重計に毎日乗る。(33歳・営業・4歳男子&0歳女子のママ)

……あぁ、これはもう鉄板ですよね! 簡単なのに恐怖も効果もピカイチかもしれません。

◆歯みがき中、電子レンジで温めを待つ間などに、腰をひねる、脚を上げるなどの体操をしている。(35歳・事務・3歳女子のママ)

……”ながらストレッチ”ってやつですね。「寝る前にウエストをひねる体操をしていたら、年に一度の健康診断で腰回りが細くなっていた」というご意見もありましたので、これはあなどれなさそうです。ちなみに私はレンジを待つ間に、近くに置いているチョコレートを食べてしまいがちです……(やめます…)。

◆早く起きて、スキンケア&メイクをしてから料理をし、子どもを起こしています。起きた時にキレイなママでいたほうが、子どもたちも嬉しいのかなと思います。(38歳・事務・4歳&1歳男子のママ)

……そうか、子どもたちだってヨレヨレのママよりキレイなママの方が嬉しいですよね。なんならパパにも良い効果がある……かもしれません!

◆なるべく仕事と保育園の送り迎え以外の予定を入れる。たとえば整骨院、後輩やママ友とのランチなど。特に子どもがいない友達と会う機会を定期的にもつと、子どもを言い訳にしたくないという気持ちからか、数日前から肌の手入れに気を付けることが増える気がします。(39歳・事務・3歳男子のママ)

……なるほど! これは効きそうだし、私にもできそうです。確かに、子どもがいない友人に会うときは「子育てで疲れていると思われたくない」と、どこか意識している気がしますね……。

◆年齢が出やすい首&デコルテの保湿だけはしっかり。手も、潤いを守るために水仕事のときは必ず手袋をしています。(35歳・技術・9歳女子&5歳男子のママ)

……コレですコレ。こういう、すぐには目に見えなくても、日々の積み重ねが10年後、20年後に違いが出てくる気がします!

さて、いかがでしたか。
ネイルやヘアのサロンに行ったり、旬のファッションに身を包むのも気分が上がるし大切ですが、普段の生活の中で、ちょっと意識するだけで変わることもあるのかもしれません! ぜひ取り入れてみてくださいね。

※本記事はこちらから読めます。

藤沢 あかり(ふじさわ・あかり)

パンとたまごと少女漫画が好きな、フリーの編集・ライター。住宅・インテリアや雑貨、子育てなど暮らしまわりを中心に手がけています。一姫二太郎の母。『Hanakoママ』本誌では「働くママを悩ませる100の事象」を担当中。

instagram.com/akari_kd