働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

0歳からデビュー! お正月は百人一首のかるた会【Anneママの『絵本とボクと、ときどきパパ』】

2018.01.02

この連載は……
モデルのアンヌ(Anne)さんによる絵本紹介エッセイ。小学2年生の男の子ママでもあるアンヌさんは、出産をきっかけに絵本の世界に魅了され、いまでは息子さんだけでなく地域の読み聞かせ活動にも参加するほどの絵本好き。息子さんとの日々も綴ります。


新年、かるたと絵本

reIMG_0093

新年あけましておめでとうございます。

みなさんはご家族でどのような年末年始を過ごしましたか?

私が子どもの頃からの、いえ、もっと前からの我が家の正月行事といえば百人一首のかるた会です。ウチの子も0歳の初正月から、形だけとはいえ百人一首デビューさせました。

まずは一枚取ってみよう、ということで、ウチの子のために選んだ一首はこれです。

「わたの原 漕ぎ出でて見れば 久かたの 雲ゐにまがふ 沖つ白波」(法性寺入道前関白太政大臣)

大海原に船で出てみたら、はるか向こうに雲かと思う波が立ってるのが見えたよ。というような意味です。冒険心が湧きそうな、男の子にぴったりの、かっこいい歌じゃないですか?

おすわりができるようになったばかりの息子に、事前に何度も読んであげて、かるた会の当日には、上の句が読まれたらこうするんだよ、と下の句の札をタッチさせてみました。サポートしながらマネだけさせて。取ったつもりになった(かな?)のが思い出されます。

いつの日か百人一首に興味を持ってくれたらいいな、ぐらいの軽い気持ちでしたが、こうして「刷り込んだ」おかげで、この一首は息子のお気に入りの札となり、今では、坊主めくりの際の、姫札以上の当たり札。ただの殿札なので、山札をごっそりもらえるわけではありませんが、自分がめくると、よっしゃー!と喜びます。

おもちゃ感覚で触れさせた絵本たち

我が家の場合、絵本も息子が小さいうちから「刷り込んだ」といえるかもしれません。ちょうどこの時期ぐらいから、おもちゃ感覚で触れさせてみました。

お腹がいっぱいになったり、寝る前だったり、子どもが落ち着いているタイミングを狙って、膝にのせて、ページをめくってみせて、めくると違う模様がでてくるよ、面白いね、というような「いないいないばあ」感覚で一緒に楽しみました。読んで内容を理解させようなんてもちろん無理ですから。

自分でもめくりたがるので、最初はよくある赤ちゃん用の厚紙絵本がいいですよね。

image21

我が家に残る思い出の厚紙絵本の一部。『とってください』(福音館書店、福地伸夫_・作)とお馴染み『はらぺこあおむし』(偕成社、エリック・カール)。ウチで何100回と読みました。今手に取ると思わず胸がキュンとします。

あと、私はこういうこともしました。

0歳には、もちろん0歳向けの絵本が良いと思いますが、だからといってもう少し上の年齢向けの絵本を排除することはしませんでした。息子は一人っ子ですが、仮に兄弟がいる子だったら、お兄さんお姉さんと一緒に、意味がわからなくても難しい絵本を見たり聞いたりしますものね。

ただ、内容には気をつけて。怖いものなどは赤ちゃんや小さい子にはよくないですよね(これには失敗談があるので、いずれお話します)。

image11

ということで、寝る前の落ち着いている時間に、ロッキングもどきの肘掛椅子に一緒に座って、電気はスタンドライトだけにして、『あなたがうまれたひ』(福音館書店、デブラ・フレイジャー作)を毎日のように読んでいたときがありました。

もちろん内容は赤ちゃんにはわかりませんよね。ただ、これを読むとまず、お母さんの気持ちが幸せになります。子どもに対して生まれてきてくれてありがとう、といった感謝の気持ちと幸福感でいっぱいになります。そういうお母さんの幸せな声を、子守唄代わりに耳にする心地よさがあったのかもしれません。長いお話なのに、うちの子はこの本を、ジーッとおとなしく見ていましたね。お勧め絵本です。

image3

あと、最近見つけた絵本『いっさいはん』(岩崎書店、minchi_さく・え)は、パパやママのための絵本です。

1歳半というめちゃくちゃ面白い年頃の行動パターンを切り貼りした、あるある絵本です。笑っちゃいますよ!

この一年がみなさまご家族にとって、幸福でいっぱいの年になりますようにお祈りしています。

prof2

Anne (アンヌ)

モデル・絵本ソムリエ。1971年東京生まれ。14歳で渡仏、パリ第8大学映画科卒。 国内外のショーやファッション誌を多数経験。映画、エッセイ、旅、ワインなどのコラム等の執筆も手がける。 出産を期に子供の発育と絵本の読み聞かせに関心を持ち、地域での読み聞かせボランティアとしても活動中。 6歳までに息子に読んで聞かせた本は793冊1202話。 現在所持する絵本も約1000冊という無類の絵本好き。