子育てママのお悩み解決メディア
保育園決まったけど、本当は預けたくない!? モヤモヤした人におすすめのワーク【連載・保活のきほんのき】
2018.03.02 by Hanakoママ Hanakoママ

保育園に入ろう・20 保育園決まったけど、本当は預けたくない!? モヤモヤした人におすすめのワーク【連載・保活のきほんのき】

この連載は……

書籍『保育園に入ろう! 保活のすべてがわかる本』の著者、山下真実さんによる「保活」をテーマにした連載。

保育園に関する知識のほか、申し込みまでにしておくことは何か、ママの心構え、復職までにやっておきたいことなどをご紹介していきます。


子どもがかわいそう? 仕事復帰までに考えたいこと

181

前回は、この時期になると増える、「保育園に預けて復帰して、本当に良いのだろうか?」と戸惑い、復帰するのが不安になるケースについて書きました。

保活を進めて、めでたく保育園に預けることになったけれど、本当に復帰したいのかわからない、といったモヤモヤを抱えている人、意外といるようです。

ぜひ4月を迎えるまでに自分の気持ちを整理しておくことをお勧めします。

ひとりであれこれ考えるよりは、人と話すことがお勧め。

ただ人と話すだけでも良いのですが、しっかり効果を出すためには話をする相手にもちょっと協力してもらって、次のようなワークをしてみるのがいいかもしれません。

子育てと仕事への思いを確認するワーク

用意するもの:ポストイット(20枚くらいの束で)2色、ペン

まずは気さくに話せる人をチョイスして聞き手になってもらいます。

聞き手はポストイット(20枚くらいの束)とペンを用意します。

最初に、「自分がママとして【子育て】にどう向き合いたいか」について語ります。その間、聞き手には、どちらか1色のポストイットを使ってあなたの話に出てきたキーワードや気になったトピックをメモしてもらいます。

その際の注意点として…

話す側:話の脈略がなくても気にせずに話しましょう。ダラダラと話し続けてしまうのを避けるために、3分程度に時間を区切りましょう。

聞く側:あまり深く考えずに、話に出てきたキーワードをメモします。話を聞いている時に自然と意識が向いた単語をピックアップすれば大丈夫。考え過ぎずにどんどん手を動かして、ポストイット1枚に1単語だけ記入するようにします。話の内容が途中で変わっても、話を戻そうとせず、聞くことに専念しましょう。

その次に、「自分がママとして【仕事】にどう向き合いたいか」について話します。聞き手にはさっきとは違う色のポストイットを使ってメモを取ってもらいましょう。

そうして話し終わったら、聞き手のメモを2人でじっくり眺めてみましょう。

rewIMG_3455
出てきた言葉を並べて見てみると、自分のなかのこだわりや引っかかっていることが、明らかに。

子育てについて語った時に出てきたキーワードと、仕事について語った時のキーワードにどんな違いがありますか?

出てきたキーワードやその数を見て、何か気づくことはありますか?

こうすることで、子育てに対する自分の考え方、仕事に対する想いなどがちょっと客観的に捉えられると思います。

そうやって心の声を見える化するだけで、スッキリする感覚が感じられるはず。これは見える化することで心の中にある想いと向き合うことができるからだと思います。

メモに記されたキーワードから「そういえば、こんな仕事が好きだったな」とか「〇〇もやっぱり大切かも」なんて気づかされることも多いですよ。

お互いに話し手と聞き手を交代して、育休中のママ友とお互いにスッキリし合うのも良いかもしれませんね。

ぜひこの時期に気持ちを整理、納得した状態で4月を迎えたいですね。

photo_small

山下真実
株式会社ここるく 代表取締役

初めての育児で「ママって、こんなに外出が大変なんだ!」と驚いたことがきっかけとなり、人気のレストランが託児付きで利用できるママのお出かけプラットフォーム「ここるく」を起業。2児の母。
独自手法による保活情報や両立アドバイスが人気で、「実践的で分かりやすい」と雑誌等でも監修多数。著書『保育園に入ろう! 保活のすべてがわかる本』(洋泉社)

こちらの記事も読んで!
「こんなに小さいうちから保育園に預けるの?」と言われて、心が揺れる人へ
パパも巻き込んで! 保育園申し込みまでに残された時間の使い方
自分の「指数」で申し込むべき保育園は? 役所でヒアリングしたいこと
保育園入園のカギ。自分の「指数」で保活を成功させるテクニック
保活には0歳入園が有利って、ホント?
1歳児クラスに入園を希望する場合の、保育園の選び方
早生まれの子の保活は、入園と復帰時期に注意!
「認可外保育園」も選択に入れたほうがいい?
保活は何から始めたらいい?


連載一覧はこちら

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →