働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

おしゃれママの「数珠つなぎ」連載子どもが0歳のときからアフリカ出張。NGO代表理事・門田瑠衣子さんの子育て

2018.01.25

ブランドプレスやスタイリスト、ディレクターにヘアメイクなど…、キラキラとした世界で働くママたち。いま、instagramなどSNSでも注目を集めています。

そんな働くママのリアルな日常を、写真とともに一挙公開、さらにお友達のステキママを紹介していただく、というリレー形式の連載です。

今回は、グラフィックデザイナー・フラワーデザイナーのもちさんからのご紹介で、特定非営利活動法人 エイズ孤児支援NGO・PLAS代表理事を務める門田瑠衣子さんです。

「3人の男の子を育てながら、どうやったら仕事と子育てを両立できるの!? という彼女の暮らしには、工夫がいっぱい!家事効率化やITの事など、彼女のブログやInstagramは知見が広がります。“朝活しようよ~!”という私の誘いにひょいっと来てくれるフットワークの軽さも魅力的。憧れのひとです」(もちさん)

#28 門田瑠衣子さん(特定非営利活動法人 エイズ孤児支援NGO・PLAS代表理事)の1日

4歳、2歳、8ヵ月と3人の男の子のママである門田さんの子育てのモットーは「ママが自分の人生を楽しんで生きること!」。

旦那さんとは家事も子育ても半分ずつというスタイルで、海外出張もこなす多忙な日々ながらも、出勤前に週2日でトレーニングをするというアクティブさ。

“家事は極限まで効率化する”というシステムも注目です!

re6

ある日のスケジュール

7:00 起床。夫と一緒に子どもたちの着替えや朝ごはん。保育園準備はいつもパパ担当。
8:00~8:30 登園。自宅にて三男をナニーさんへ引き渡し。長男と次男をダブルバギーで登園させる。
8:30~9:45 ジム。週に2回ほど出勤前にトレーニングへ。
10:30 出社
18:15 自宅で三男をナニーさんから預かる。夫が長男と次男を保育園にお迎え。

18:15 夕食用意
18:35 夕食
19:30 お風呂。三男をお風呂に入れる。長男と次男は夫とお風呂に入ります。
21:00 寝かしつけ
22:00 くつろぎタイム
24:30 就寝

聞いてみました!<おしゃれママQ&A> 

Q1 子育てと仕事の両立で悩んでいることは?

仕事をセーブせざるを得ないこともあります。もっと仕事に時間を投資できれば成果が出せるのに!と歯がゆいこともありますが、子どもたちとの時間も大切。絶妙なバランスをいつも探っています。

Q2 お休みの日の定番遊び場は? 

お台場のレゴランド。毎月2回は行っています。年間パスポートを使い倒しています。それから、六本木、代官山、恵比寿の公園をよく巡っています。明治神宮外苑の「にこにこパーク」もお気に入り。

Q3 最近子どもの成長を感じたエピソードを教えて!

4歳の長男は最近、「ママはお花が好きだから」と折り紙で作ったチューリップをプレゼントしてくれました。

2歳の次男はおしゃべりが上手になってきて、泣いている理由を教えてくれるように。この前はお風呂上りに号泣するので、聞いてみたら「もっとおふろはいりたかったの!」だそうです。

8ヵ月の三男はハイハイできるようになり、一瞬つかまり立ちするようになりました。成長が早いですね…もっとゆっくり成長してくれていいのに!と思うほどです。

Q4 子連れごはんでおすすめの店はどこ?

「アロハテーブル代官山」は子連れフレンドリーで安心感があります。それから恵比寿の「T.Gハース」は店内はすっきりしたおしゃれ空間ですが、ランチであれば子ども連れでも気兼ねなく過ごせます。

恵比寿「ディキシーダイナー」は駅からちょっと離れますが、店員さんが子どもたちに優しくて気に入っています。

渋谷はヒカリエにはいっている「シアターテーブル」はママ友とのランチによく使います。ランチタイムでも予約可で、広々した店内がgood!

六本木は「KNOCK」がおすすめ。安定したおいしさのカジュアルイタリアンで、ランチなら子連れでも入りやすいです。

Q5 パパとの家事分担は?

家事も子育ても半々。子どもたちが0歳児のうちから私の海外出張を全面的に応援してくれ、夫は常に「家族」を経営、運営するよいパートナーと感じています。

“家事は極限まで効率化すること”を心がけ、お掃除ロボ、洗濯乾燥機、食洗器は毎日フル稼働。スーパーには行かず、生協とネットスーパー、有機野菜の定期購入などを駆使して日用品はなるべく定期購入をし、「購入する」という行為自体を仕組み化しています。

分担のコツは、夫婦がお互いに「どう家庭に貢献できるか」という前向きな姿勢でいること。自然と相手への感謝が生まれます。またお互いの仕事の成功を本気で願うことも大切。忙しいときは、「この時間は彼が仕事で成果を上げるための、大切な投資の時間である」と、相手を応援する気持ちになれます。

Q6 ご自身のキャリアプランと子育て、どのように考えていますか?

正直明確なキャリアプランはありませんが、仕事は大好きなので、ずっと続けていきたいです。その時に社会に必要だと思うことを仕事にできたらうれしいです。

家族で過ごす時間もとても大切にしたいので、子どもたちが大きくなるまでは夕食は家族全員で囲める生活をしたいですね。

Q7 子連れ旅のおすすめはどこ?

温かい場所でのんびり過ごすのが我が家流。石垣島での離島めぐりはおすすめです♪

今年はセブ島と周りの離島へ旅行する予定です。電気、水道、ガスのない島にも宿泊する予定です。子どもたちもわたしたち夫婦も自然に帰って、現地の村の方たちとゆっくりした時間を過ごしたいと思います。

都心の暮らしに慣れ切った息子たちにいろんな世界があることを体験で伝えたいですね。

門田さんの毎日をスナップでご紹介♪

110

子どもたちが1歳になる前からアフリカへ出張することも。離れるのはさみしいですが、やりがいのある仕事です。

29

アフリカのシングルマザーたちが作ったペーパービーズアクセサリーをイベントにて販売しています。

32

NGOの活動について知らせる講演活動も大切な仕事のひとつです。

42

イベントの際は、支援してくださるお一人お一人とお話ししています。

51

三男のお宮参り。産後2ヵ月で仕事に復帰。家族や周りの支えあってこそのワーママです。

61

休日は家族でいろんなところに出かけています。外苑前のイチョウ並木。

71

保育園から帰ってから、夜に長男だけを連れ出すことも。六本木のドラえもん展にママと長男で二人デート。展示を見終わったら六本木の夜景をバックにドラえもんを描きまくる長男。

f77041aecac631efec81ffc8ea27858b

門田瑠衣子さん(もんだるいこ)
特定非営利活動法人 エイズ孤児支援NGO・PLAS代表理事

学生時代にケニアへボランティアで渡航したのがきっかで、NGOを立ち上げ今の仕事に。現在は特定非営利活動法人 エイズ孤児支援NGO・PLAS代表理事を務め、ケニア共和国、ウガンダ共和国にて、エイズ孤児を抱えるシングルマザーの生計向上支援や母子へのキャリアカウンセリング事業等を行う。2016年、「青年版国民栄誉賞」と言われる人間力大賞にて準グランプリおよび外務大臣奨励賞を受賞。効率的、ミニマルな暮らしを心がけシェアリングエコノミーも積極的に取り入れている。
HP (http://www.plas-aids.org/
LINEブログ(https://lineblog.me/mondaruiko/
Instagram(https://www.instagram.com/rui1119/

次回は、門田さんからの紹介で、 L&B代表、空間プロデューサーのNANAさんです。お楽しみに!

これまで登場したママたちはこちら!
もちさん(グラフィックデザイナー)
小嶋悠さん(Florist/harukazeflower)
菅田幸子さん(Akatsukicafe & somethingオーナー)
坂東千鶴さん(chitreeオーナー)
谷恵美子さん(ARCHIプレス)
神谷ミッコさん(Nice & Smoothie 主宰)
愛甲真希さん(フードクリエイター)
児玉美希さん(「こどもパン」店主)
有坂亜由夢さん(映像作家(最後の手段 / SAIGO NO SHUDAN))
藤吉陽子さん(「O-Kitchen」主催)
紺谷ちぐささん(キッズセレクトショップ「CHIGO」オーナー)
牟田絢加さん(セレクトショップOEUVREオーナー)
長澤実香さん(スタイリスト)
寒河江麻恵さん(フリーランスPR・温泉コラムニスト)
桜林直子さん(SAC about cookies 代表)
翠川裕美さん(株式会社シロアナ 代表)
西村千恵さん(FARM CANNING 主宰)
浅川あやさん(「日用美」店主 )
momoさん(フラワーコーディネーター momo’s flower project)
イナダミホさん(シンガーソングライター)
鳳山えりさん(モデル兼コルギサロンオーナー)
MARCOさん(フォトグラファー)
西山美希子さん(descendant デザイナー)
YOSHIKOさん(SHIMA ヘアメイク)
吉田ちかげさん(Art Director/Graphic+Web+Space Designer)
原田沙奈子さん(Le abel代表 / Abel ディレクター)

おしゃれママの「数珠つなぎ」連載一覧

取材・文〇加藤朋美