子育てママのお悩み解決メディア
利用補助もつく動き。ベビーシッター利用は「アリ」!【ママの本音のYES&NO】
2018.02.05 by Hanakoママ Hanakoママ

ママの気持ち、ホントのところ 利用補助もつく動き。ベビーシッター利用は「アリ」!【ママの本音のYES&NO】

「ママの本音のYES&NO」。Hanakoママの読者へのアンケートから、ママのリアルな気持ちを紹介します!

95

さまざまな事情で子どもを預けなければならないときや保育園に全部落ちてしまった場合、みなさんはどうしようと思いますか?

一時保育フル活用・パパ・両親・義両親にお願いをする、もしくは預けることを諦める?

まてよ、ベビーシッターをお願いするのも一つの手。

でも高そう、お金に余裕がある人が利用するもの、知らない人に子どもを預けるなんて怖い、なんだか敷居が高そう……。

そんなイメージを持っているのは私だけでしょうか?

実は私は数回ベビーシッターをお願いしたことがあるのですが(詳しくは下のほうで)、ママたちの中でベビーシッターをお願いすることは賛成?それとも反対?

graph95

予想以上に多くの方がベビーシッターの利用に賛成とのこと。実際にお願いしたことがあるかどうかとなると割合も変わってくるのでしょうが、どうしても子どもを預けなければならない時の方法の一つとして「アリ」と考えている方が多いようです。

では、具体的な意見をご紹介。まずは「賛成」という方。

・うちは実家が近いためどうしても子どもを預けたい時は頼めるけど、そうでない人はベビーシッターに頼るのも仕方ない。ただし、ベビーシッターは慎重に選ぶべきだと思う。(コマキさん 35歳 2歳男子のママ)
・お金があれば使ってみたい。(ののさん 45歳 4歳男子のママ)
・似たようなシステムでファミリーサポートという行政のシステムがあります。塾のお迎えや学童のお迎えに行ってくれたり、その後その方のお家で待ってくれたりします。有料ですが安いです。ベビーは扱ってくれませんが、地域で子どもを育てるという観点で他の方の手を借りるという選択肢は悪いことではないと思っています。(サトリエさん 40歳 9歳6歳3歳のお子さんのママ)
・やむを得ない場合は、いいと思う。知らない人に預けるのって本当に信頼感がもてる人じゃないと、と思ってしまうので私は未だ利用したことがないです。(tomomin*さん 28歳 2歳男子のママ)
・今まで利用したことはありませんが、ベビーシッターがもっと普及したら良いなと思います。事情で通園できない方もいると思うので。ベビーシッター自体に明確な資格が出来たり、託児中のルールが徹底(利用する側も)されると今より利用したい方も増えるのではないかと思います。(グリコママンさん 32歳 3歳と0歳の女の子のママ)
・子育てにストレスは良くないから、利用に賛成。(チャキさん 32歳 1歳男子のママ)
・病児保育は行政の整備が不十分なので、ベビーシッター頼み。(ヨシ美さん 34歳 7歳3歳0歳のお子さんのママ)

続いて「反対」という方。

・近くに親がいるので必要ないから。信用できる人かわからないから。(ルルさん 36歳 1歳女子のママ)
・保育園に行っているのでこれ以上、預けたくないのと、何となくベビーシッターは預けるのが怖いイメージがあるからです。(きのこさん 35歳 3歳女子のママ)
・密室で見てもらうのは抵抗あり。(瑠璃さん 40歳 8歳7歳3歳のお子さんのママ)

利用したいけど、お金はかかるし、どんな人が来るかわからないし、でも預けなきゃならないし……。どちらの意見もそうだよねと納得。

そんな私がどんな時にベビーシッターをお願いしたかというと、私の通院治療の時でした。

パパ、両親義両親ともに娘の面倒を見れず、一時保育も利用できず、娘も一緒に病院へ行かなければならないことがありました。どうしても娘を治療室に入れることができない環境だったので、ベビーシッターを数回お願いしました。

利用したのは、スマホやPCで簡単な利用登録をし、その後自分のスケジュールにあうシッターさんを検索し、時給・経歴等をみて比較検討するというサービス。求人広告で仕事探し感覚です。私との事前面談はなく、当日いきなりお願いしている時間に病院で待ち合わせ。あらかじめお互い顔はわかってはいるものの、初対面の時はドキドキでした。

院内の待合室でシッターさんに娘の面倒を見てもらい、治療時間以外は私も娘とシッターさんと一緒。この時間にシッターさんと話をすることもでき、印象が良かったのでその後数回指名してお願いしました。

しかし、もし自宅で長時間娘がシッターさんと2人きりになるとすると、抵抗があったのも事実です。

保育園の候補を決める時も事前に見学等にいくのだから、ベビーシッターさんも地域の児童館などで座談会や懇親会などあればよいのにと思います。

そして、このようにベビーシッターについてあれやこれや考えていたら、東京都が待機児童対策のため2018年度の予算にベビーシッター利用料補助を計上というニュースが!

多くのママがベビーシッターの利用は「アリ」と回答している中で、このニュースは朗報です。

今回のニュースは東京都に限定ですが、必要としているエリアに広がっていけばよいと思います。そして何よりこれを機にベビーシッターが身近なものになればよいと心から思いました。

web1480645161615

小田原みどり

2014年生まれの女の子&2017年生まれの男の子のママ。現在は夫婦の地元である広島で子育て中。
でも近い将来パパの転勤があり帯同の予定。
小さな弟への寵愛が激しい3歳の娘は、難しいお年頃。先輩ママたちの「毎日怒ってばかりだよ〜」な日々とはこれか!を痛感中。

こちらのテーマも読んで! あなたはYES派?NO派?
パパに子どもを1日任せたら、こうなった
これはイヤ!! 生理的に受け付けられないパパの癖
ママになってからの、ヒール靴との付き合い方
やっぱり!? 出産後「離婚」を考えたことがあるママは〇%!
出産後、夫をますます好きになった人って、どのくらいいるの?
ずばり、子どもはパパに似てほしい?
子どもを預けてパパとデート、してる?
知っておきたい。子どもがご飯を食べないときの完食テクニック
液体ミルクが解禁!? ママたちが気になっていること
寝かせるだけじゃない。ベビーベッドの意外な使い方

これまでの「ママの本音のYES&NO」テーマ一覧

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →