子育てママのお悩み解決メディア

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

イカれた格好で学校に行こう! Spirit Week【連載・ハワイとコトバ・7】

2018.02.19

「Hanakoママ」で「コドモのコトバ」を連載中、心理言語学の専門家、広瀬友紀さんによる、ハワイ滞在レポート。8カ月間の在外研究で、現在、ハワイ大学に滞在中です。現地での暮らしのこと、小2の息子さんのこと、コトバの話を綴ります!


アロハ! 極寒の日本とは比べものにならないですがハワイでも朝晩肌寒い日が続いています。インフルエンザだって流行っているのは意外です。

さて、今回と次回は、こちらの小学校で行われるいろいろなイベントをレポートしますね。

Spirit Weekって?

高学年の子ども達が「生徒会」でアイデアを出して主催しているものに Spirit Weekというのがあり、これは日本では聞いたことがなく興味深いです。

趣旨としては、特定の週の各曜日、何らかのテーマに沿った格好で学校に来ようよ!というものです。

強制ではないので、乗るか乗らないかは自由ですが、熱心なクラスは表彰される予定だそうです。

49ef72b19c9b2addea8db508ca9b00b7
クラスで配られた手作りチラシ。月曜日はPajama Day、火曜日はTwin Day

例えば、今回もらった案内によると、「月曜日はPajama Dayだからパジャマで」。クラスの大半が本当にパジャマで登校。そのまま1日授業を受けます 笑

「火曜日はTwin Day。お友達誰かと示し合わせて、まったく同じ服装で来てね!」なんですが、直前になって「Twinの相手はクラス以外のお友達でもよい」「いや、同じクラスの中でないといけない」と、指示が錯綜したもよう。そんなユルいかんじもハワイのいいところですね♡

水曜はイカれた格好で!

「水曜日はWacky Day。とにかくイカレた格好で来てね!」については、担任の先生もわざわざ保護者向けのウェブサイトで、「たとえば、靴下を左右違う色にしちゃうとか、シャツを裏返しに着るとかでもいいですし、髪の毛をツンツンに立てたり、いろんな色のカラースプレーで髪を染めてくるとか楽しいですね!」って、小学校の先生から「髪の毛カラフルに染めておいで」って言われるとは斬新すぎるわ! 

日本で「服装の乱れは心の乱れ」と言われて育った世代からすると気絶しそう。

おそらく親のアイデアによる奇抜な髪型で登校している子どもと親の、「お母さん、これ学校についたらとっていい?」「カウントしてもらってからにしなさい」(気合いを入れてきた人数を各クラスカウントするもよう)という会話がちょっと笑えます。

20cfce153c6dcbd30dc35695758066ae
独断と偏見で私が選んだWacky(イカれた)大賞。息子の報告によると「コップもついてた」そう。

親のノリとセンスと、そして年齢が試された木曜日!

さて木曜日はなんと「80’s Day。80年代に流行った格好で来よう!」って、それ今の小学生にはわかんないだろ!

親と先生だけしか盛り上がれなくないですかあ〜? 子供たちも案の定自分達だけではイメージがわかない様子。「とにかくネオンカラー、蛍光色っぽいのを着ればいいらしいよ」という声が聞こえてきます。

(おそらく大人発の)気まぐれな無茶振りに、なんだかわかんないながらもネットで調べたり、ありったけの知識を動員して対応しようというそれ、なんか社会人になって役立ちそうなスキルだったりする? だけど試されているのは親のノリって気もしますがね(笑)。

041c8e89b678b46731ac2144bc87c2e7
これは校内に貼ってあった手作りポスター。80’sっていわれてもイメージ湧かず困惑する制作者・小学生の様子が伝わってきます(笑)

さて80’s Day当日。

うちはまあそんなに服のレパートリーがあるわけではないので「80年代… ヤンキー全盛期?ってハワイじゃ通じないだろうなあ」と思いながらジャージで行かせました。

でも暑くてすぐ脱いじゃったから「ただの普段の服装」になってしまった…

登校してみると、女の子達はなんかカワイイ派手目のミニスカート。男の子は、ちらほらリーゼント、グラサン、でも「結局どうしたらいいのか…」と中途半端な感じになっちゃった子がやっぱり多いかな…と思っていたらいたぞ、いたいた! これぞ80’s Rockだ!

3d286c066077720590e492e614c9bbcc
この写真は放課後。つまりこの格好で1日授業受けて過ごしたわけだ。

実はこの彼、ハロウィーンの夜にお母さん気合い入った仮装で自宅でスモークまでたいちゃってたお家(https://hanakomama.jp/topics/40376/)の息子さんです。は、はい、とにかくこういう家系なのね… むぅ〜なんだかものすごく敗北感。

さて、金曜日のJogathonって何だ? 実はこれがこの週のハイライト行事なんです。続きは次回レポートしますのでお楽しみに〜!

こちらも読んでね!
「暗記じゃない、論理的な思考を!」そこまでやるか?のワケ
ハワイ5か月目、息子の英語コミュニケーションに「ピジン」を見た!
メリークリスマスとメレカリキマカ……似てないじゃん?
ハワイの公立校に入学。英語の壁はどうするの?
にほんご教室でクラスメイトと立場が逆転! そこから学べること
子どもの成長を感じた、今年のハロウィン

【ハワイとコトバ】連載一覧

prof2

広瀬友紀

ひろせ ゆき〇東京大学大学院総合文化研究科教授。
心理言語学、特に人間が言語を理解するしくみを研究。
2017年8月より8カ月間の在外研究で、ハワイ大学に滞在中。
小2男子の母。著作に『ちいさい言語学者の冒険-子どもに学ぶことばの秘密』(岩波書店)。

syoei


子どもの言葉について考察! 広瀬先生の【コドモのコトバ】も連載中!