働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

保育士・河西景翔さんが答えます!保育園の連絡帳。保育士はここを見ています!【新連載・教えて!ケイト先生】

2018.03.06

新連載が始まります!

Hanakoママwebで「働くママのカウンセリングルーム」を連載中の、子育てアドバイザーで保育士の河西景翔さん(ケイト先生)が、保育園との上手な付き合い方やお家でできるカンタン遊びの紹介など、保育士の視点からママに役立つ情報を発信します。


こんにちは。河西景翔です。

Hanakoママの読者のみなさんの中には、お子さんを保育園に預けている方が多いと思います。

保育園は家庭と一緒にお子さんを育てるパートーナーのような存在。上手に連携していきたいものですね。

とはいえ、「保護者が気づきにくい『こうしてくれたらうれしい』ことってあるの?」「こういうことまで、保育園にお願いするのはNG?」など、保育園とかかわるうえで知っておきたいことがあると思います。私の保育士としての経験や、周囲の保育士の関係者などと話していることなどから、みなさんの参考になることがあればうれしいです。

ということで、この連載では私のところに寄せられたママからのご意見を中心に、自分なりの考えや経験をご紹介したいと思います。ほかに、保育園では簡単な材料でたくさんのおもちゃを作るので、そんな、子どもたちに人気のおもちゃ作りなんかも紹介できればと思っています。

さて、今回は、保育園の連絡帳についてです。

01

まもなく4月。この春から社会復帰するお母さんがたは、お子さんを初めて保育園に預けることに不安やドキドキする気持ちでいっぱいだと思います。子どもを預けることだけでも不安なのに、保育園のシステムにも慣れなくてはいけないのは負担かもしれません。

預け始めたママから相談されることのひとつに「連絡帳に何を書いたらいいかよくわからない」という声があります。確かに何を書いてよいのか……、悩みますよね。

連絡帳は、お母さんと保育士を結ぶ交換ノートのようなもの。

たとえば、預け始めのころであれば

「うちの子は、人一倍食欲が旺盛で、給食も噛まないで食べてしまい、早食いで驚かせてしまうこともあると思いますが(そんなところが悩みなのですが…)、どうぞよろしくお願いします。」

などと、あいさつのなかに、お子さんの特徴と思われることや、いま悩んでいることを書いてみるのも一つです。

保育士は、いまお母さんはこの子のこういうところが気になっているんだな、ということがわかりますし、いろいろな知識や経験から、お母さんの悩みに直接答えてくれることもあると思います。

連絡帳に正直に書いてほしいことは

乳児クラスの場合、私達が必ず書いてほしいこととして、

・検温
・食事の量
・睡眠時間

この3つがあります。きちんとした睡眠・食事は健康のバロメーターになります。

前日に、いつもよりも寝る時間が遅くなってしまった。でも、先生に怒られそうだから、いつも通りの時間を書こう!と偽ってしまいたくなることもあると思います。

保育園でのお子さんが、いつもよりも疲れているように見えたり、ぼーっとしているのを目の当たりにした時に、保育士がまず確認するのは、ノートに書いてある睡眠時間です。

もし、いつもよりも遅ければ「睡眠時間が足りないということなら、午前睡を少しさせて、リズムを整えましょう」となりますが、ここに偽った時間が書いてあると、体調がすぐれないのかもしれないと、事が大きくなってしまいます。

ですから、そこは正直に書いてほしいと、実際に経験した私は思います。食事についても、もし朝食を食べる時間がなかったとしたら、隠したくなるかもしれませんが、きちんと伝えてほしいのです。

と最初から真面目な話になってしまいましたね。

連絡ノートによって、書く スペースが大きかったり小さかったりするかもしれませんが、全部埋める必要もありません。連絡帳に書くことがない時は、「鼻水が出ますが、元気です。」のような一言だけでもいいと思います。

家と保育園がしっかりと連携していくために、気になったことはどんどん書いて、連絡ノートを活用してくださいね。

kawanishi_keito

河西景翔(かわにし けいと)さん・子育てアドバイザー
小学生の頃から保育士を目指し、中学から保育園でのボランティア活動を通して、日本音楽学校に入学し、保育士・幼稚園の資格を取得。平成14~26年まで、保育士・幼稚園教諭として現場で働く。
現在は、セミナーを開催したり、ウェブマガジン・ブログを通し、子育てに悩むママに向けて、子育てに関する情報を発信。「子育て中のママと、共に悩みながら最良の道を切り開く」を念頭において、日々奮闘中。
http://s.ameblo.jp/chloe69/
「ほいくらいふ」でも連載中!

ケイト先生と星山麻木先生が答える、ママのお悩み相談「ママのためのカウンセリングリーム」
https://hanakomama.jp/keywords/counseling-15161/

photo by Adobe Stock