子育てママのお悩み解決メディア
時短には「ワンプレライス」。手抜きに見えないポイントを押さえよう!
2018.03.07

時短には「ワンプレライス」。手抜きに見えないポイントを押さえよう!

便利だけど手抜きに見える!?
忙しいママの味方「ワンプレライス」の悩みをプロが解決!

AdobeStock_159298155

「ワンプレライス」ってご存知ですか? ワンプレートに盛り付ける主食に、パンやパスタではなくライスを使うもの。

このワンプレライス、パンやパスタよりも家族の満足度が高いとママたちに評判の様子。でも「簡単だけど手抜きに見える」「いつもカレーかシチューになっちゃう」なんていうお悩みも! 

キッズ料理研究家の金原恵美さんに、ワンプレライスの解決策についてうかがいました。

ママは追い込まれるとスゴイ!? 特に時間がない日の夕食は平均「24分」

忙しいママたちにとって朝食はもちろん、夕食のしたくもゆっくりはしていられませんよね。ママたちは夕食づくりにどれくらい時間をかけているのでしょう?

エスビー食品が2018年1月に20~40代のママたち500名に行った調査では、普段の夕食づくりの時間は平均「46分」のところ、特に時間がない日は平均「24分」という結果に! 

ちなみに最短は平均「16分」。かなりスピードアップしているようですね!

3366b238a7ddd501526806434cc7ecc4

そんな最短記録を打ち出すママたちは、もちろん時短テクを駆使しているようす。「よく行う時短テクニック」ランキングの1位は……?

50927267f66af739b6dac14bb3fd90ad

1位は「1皿で済むメニューにする」のワンプレート化! カレーやハヤシライス、オムライスなどのご飯もの「ワンプレライス」は子どもの人気メニューですよね。また2位の調理済み食品をうまく使うというのも効率面を考えた賢いママたちらしい発想!

キッズ料理研究家に聞く!ワンプレライスのお悩み解決

でもこのワンプレート化や調理済み食品を使うという時短テクは、使いすぎると家族から苦情がくることも……。よくあるワンプレライスのお悩みの解決策をキッズ料理研究家の金原恵美さんに聞きました!

Q.ワンプレライスは簡単だけど家族から手抜きしたと思われる…

A ワンプレートのなかに、色がどれだけあるかによって、満足感も増すのではないかと思います。ごはんと、生野菜・蒸し野菜、主菜のバランスが良いと、見た目も華やかで満たされますよ。また、ごはんに一工夫するのも大切です。具をたっぷり入れて炊き込む、炊き上がったごはんや残りごはんをガーリックライスにするなどして、ちょっとした工夫をすると、特別感が増します。

Q.カレーやシチューばかりになっちゃう…何か他にない?

A 我が家でもよくワンプレートを作ります。定番なのはビビンバやガパオライス、ガーリックシュリンプ。ビビンバのナムルはたっぷり作って冷凍し、ストックしておけば楽に調理できます。また、ガパオライスは甘辛く似た鶏そぼろやピーマン、赤唐辛子と半熟の目玉焼きをごはんにのせるだけ。ピリッとして新鮮ですし、子どもも大好きです。ガーリックシュリンプは、ガーリックライスにソテーしたエビとたっぷりの生野菜を添えます。先月ハワイに行って食べた本場の美味しさを家庭でオマージュして作ったところ、家族に大好評でした。ごはんをがつがついただけますよ。

ワンプレライスは、一工夫でグンと美味しく、贅沢かつ華やかになるメニュー。ぜひ、家族にも好評のワンプレライスにトライしてみましょう!

[教えてくれた人] 金原 恵美(かねはら・えみ)さん
株式会社Cooking&Glow代表

「こどもの笑顔はおうちのキッチンから」をモットーに、キッズ料理研究家として活動。料理教室では、こどもやママとコミュニケーションを取りながら、未来を担う子どもたちに『食』の大切さを伝えている。各企業や行政主催の幅広い食育セミナー講師も担当する。2女1男の母。
http://cookingglow.com/
データ出典:20~40代の働くママ500名を対象とした、「夕食の時短」に関する調査 – エスビー食品株式会社
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000031113.html
取材・文〇石原 亜香利