子育てママのお悩み解決メディア
留守番させるなら。知っておきたい防犯アイテムと、子どもに教えておきたいこと
2018.03.29 by Hanakoママ Hanakoママ

留守番させるなら。知っておきたい防犯アイテムと、子どもに教えておきたいこと

進学したら増えるお留守番の機会! 今から準備しておきたい防犯対策

AdobeStock_67793335

子どもが小学生に上がるころから、一人で留守番させる機会が出てくるかもしれません。

「小学校になったら一人でお留守番しようね」とお子さんに話しているママは、ぜひいまから防犯対策を万全にしておきましょう。

今回は、子どもの留守番に必要な防犯対策を、専門家にアドバイスいただきました。あわせて便利な子どもの防犯アイテムをご紹介します。

まずは子どもの防犯の基本を押さえよう!

まず知っておきたいのが、子どもの防犯に関する基本的な知識。犯罪が起こりやすい場所を地図に表す「東京都『地域安全マップ』」の考案者である、立正大学文学部社会学科の小宮信夫教授に教えていただきました。

1.悪い人は見ただけでは分からない

「犯罪者は、見るからに怪しい姿はしていません。普通の人のように見える犯罪者が、自然な感じで子どもに近づいてきます。だからこそ、子どもは簡単にだまされて、犯罪者について行き被害に遭っているのです。子どもの事件のほとんどは、無理やりではなく、だましが入ったもの。このことをよく認識しておいてください」

2.危険な場所は「入りやすく見えにくい場所」

「子どもを狙った犯罪者は児童心理のプロなので、会話の中で嘘を見抜くのは子どもには無理です。しかし『景色』は嘘をつきません。その場にいる人を信用していいのか悪いのかは、その場所の景色が教えてくれます。

犯罪者は、たとえば公共のトイレとか、人があまり通らない路地など、『誰にとっても入りやすい場所なのに、そこにいる姿が他人に見られそうもない場所』が大好きです。そうした場所にいるときに近づいてきた人物には要警戒です。信用してはいけません。

逆に『入りにくく見えやすい場所』にいる人とは大いに会話をして、子どものコミュニケーション能力や社交性を育てるようにすることが大切です」

留守番時の防犯対策は?

こうした子どもの防犯の基本を踏まえた上で、子どもにお留守番をさせるときにはどんなことに注意すればいいのでしょうか。小宮教授は2つのポイントを挙げます。

1.留守番中はドアを開けない

「家は『入りにくい場所』ですが『見えにくい場所』です。したがって、その『入りにくさ』を維持することが必要です。留守番中は誰が来てもドアを開けさせないようにします。ただし不在だと思われると泥棒が侵入してくる可能性があるので、テレビなどを消す必要はありません」

2.留守番中は電話に出ない

「犯罪者のだましのテクニックは高度なので、子どもが電話に出ると家庭の事情や子どもの個人情報を聞き出されたり、最悪の場合にはドアを開けさせられたりします。子どもが留守番中は電話に出させないようにしましょう。親と連絡する方法は、まず親が自宅の留守番電話にメッセージを吹き込み、子どもがその留守番電話に吹き込んでいる声が親だと確認できたら受話器を取る、かけ直すという方法が安全です

ぜひこれらのポイントをよく押さえて、留守番前にはお子さんとよく事前打ち合わせをしておきましょう。

防犯アイテムを活用するためのポイント

世間には、監視カメラや防犯ケータイ、防犯ブザーなど、さまざまな防犯グッズがあります。そこで子どもの留守番で防犯アイテムを有効活用するには何に気をつけたらよいのでしょうか。

「防犯グッズは、その限界をきちんと把握していれば有効に使用できますが、それが万能だと思っていると、過信や油断につながります。子どもが本来持っている動物的な力、例えば危険予測能力や景色解読力を引き出すのも親の役割です」(小宮教授)

防犯アイテム導入だけで安心しないで

「例えば監視カメラは事件の現場をとらえるのには役立ちますが、予防にはなりません。もしも異変があって、自分がすぐに現場に向かえない場合、ただちに110番したり、近所の人に助けに行ってもらったりする必要があります。そのときに、誰にお願いするのかなど、有事の際のシミュレーションは親のほうも十分に行っておく必要があります。

また、防犯ブザーを持たせても、それで防ぐことができる子どもの誘拐・性犯罪は2~3割です。なぜならほとんどの犯罪者は、まず子どもをだまして連れ去るからです。従って、防犯ブザーを持たせるだけでなく、だまされない方法を子どもに教えることが必要です

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →