働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

保育園に入ろう・20グッズ作りや名前書きより重要!? 入園前にやっておきたい大切な準備【連載・保活のきほんのき】

2018.03.23

この連載は……

書籍『保育園に入ろう! 保活のすべてがわかる本』の著者、山下真実さんによる「保活」をテーマにした連載。

保育園に関する知識のほか、申し込みまでにしておくことは何か、ママの心構え、復職までにやっておきたいことなどをご紹介していきます。


グッズや名前書き以外にも。入園前に必要な準備

19

もうすぐ4月。いよいよ保育園生活がスタートします。
今回は春から保育園に入園する方のために、入園準備についてお伝えしたいと思います。

入園準備と聞くと、グッズを揃えたり、持ち物全部に名前を書いたりといったことを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

確かにそれらは入園前にしっかり準備しておかなければならないことなのですが、それ以外にも実はとても大切な準備があります。

保育園生活に合わせた生活リズムへ

入園するということは、ママやパパがお仕事に復帰するということでもあります。復帰の日が迫ってくると、「朝は〇時に起きて〇時には家を出て、〇時の電車に乗って……」と、ついついママやパパの時間の使い方ばかり気にしてしまいがちです。

でも、新しいリズムでの生活がスタートするのはお子さんも同じ。保育園での生活をスムーズにスタート出来るように、今のうちからお子さんの生活リズムを見直していきましょう。毎日の登園時間に合わせて、朝目覚めてから朝食、排泄、お着替えなどが済ませられるように起床時間や就寝時間、起きている時間の過ごし方などを調節していきましょう。

育休中に家族会議を

パートナーやじいじ・ばあばたちとのコミュニケーションは、常日頃から意識しておきたいところですが、改まって話をする機会は、あまりなかったりもします。

そこで、入園する日・復帰する日を目前に控えて良い意味でおしりに火がついている状況に便乗して、育休中の今のうちに家族会議を開きましょう。

登園・降園・急なお迎えなどに誰がどう対応するかは、曖昧にせずきちんと話し合っておきましょう。

夫婦2人だけでやり切れるか不安な場合は、友人や近隣の親族を頼ったりファミサポなどを利用することも今の段階から計画しておいた方がよいでしょう。

入園して最初の1年間くらいは、あれこれ病気の洗礼を受けて休まざるを得ないことが多く、また感染症の場合は、熱が下がってからも数日間は登園できない場合がほとんどです。

「なんとかなる」「そのとき考えればいい」と先延ばしにせず、一つでも多くの手を借りられる方法はないか、いまのうちに情報収集やシミュレーションをしっかりしておくことが重要です。

photo_small

山下真実
株式会社ここるく 代表取締役

初めての育児で「ママって、こんなに外出が大変なんだ!」と驚いたことがきっかけとなり、人気のレストランが託児付きで利用できるママのお出かけプラットフォーム「ここるく」を起業。2児の母。
独自手法による保活情報や両立アドバイスが人気で、「実践的で分かりやすい」と雑誌等でも監修多数。著書『保育園に入ろう! 保活のすべてがわかる本』(洋泉社)

保活に関する質問を募集します!

「二人目の保活は、一人目のときよりラクになるの?」「妊娠中から保活は始めたほうがいいの?」「会社にはいつごろから、何を相談したらいい?」
保活の進め方や、仕事と保育園の両立についてなど、山下真実さんに聞いてみたいことを募集します! いただいたご質問に対する答えは、ページに掲載いたします。
掲載されたかたには、クオカード3000円分をお送りします。
保活に関する質問はこちらから

こちらの記事も読んで!
「こんなに小さいうちから保育園に預けるの?」と言われて、心が揺れる人へ
パパも巻き込んで! 保育園申し込みまでに残された時間の使い方
自分の「指数」で申し込むべき保育園は? 役所でヒアリングしたいこと
保育園入園のカギ。自分の「指数」で保活を成功させるテクニック
保活には0歳入園が有利って、ホント?
1歳児クラスに入園を希望する場合の、保育園の選び方
早生まれの子の保活は、入園と復帰時期に注意!
「認可外保育園」も選択に入れたほうがいい?
保活は何から始めたらいい?


連載一覧はこちら