働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

【保育士さんの本音】vol.5 内緒で教えます、保育士が保護者へこっそり気遣っていること

2018.05.09
51

「先生、もっとこうしてくれたらいいのに……」「先生気がつかないのかな…?」
毎日保育園に通っていると、ときどき感じる保育園への小さな不満。

でもちょっと待って! 保護者が気持ちよく園へ通えるようにと、保育士さんたちもそれぞれ工夫をこらしたり、気遣いをしてくれているんです!

保育士さんたちの情報サイト「ほいくらいふ」の協力のもと、現役保育士さんたちの「ルールにはないけれど、保護者へこっそり気遣っていること」、教えてもらいました!

・十数人まとめてのお着替えタイムはバタバタですが、脱いだ園児の服はたたんでしまうように心がけています。
・保育士から注意をされて泣いてしまったり、友だち同士でトラブルがあったときにはケガをしていなくても伝えるようにして、後から「子どもからこんなこと聞いたんだけど……」と不安に思われることがないようにしています。
・お迎え前には必ずオムツ交換をしています。
・遅れたりして「すいません」って謝ってきた時は「いいのいいの、忙しいんだから気にしない! 私だって働くお母さんだったんだから、お互いさまですよ」と悪いことじゃないとお伝えしています。
・やっぱり「明るい挨拶」です。
・連絡帳では、クスッと笑えるようなネタを必ず盛り込んでいます。
・時間がなくても連絡帳の子どもの様子はできるだけ細かく書くようにしています。特に「その子だからこその発見」や、「できるようになったこと」は欠かしません。
・自分のクラス以外の親子にも、顔を合わせたら挨拶だけでなく、小ネタを必ず挟んで「今日○○してたんですよ~」などと話しています。
・子どもに接するときだけでなく、「なんでも、焦らず丁寧に」を心がけています。私も、我が子3人を育てながら保育士としてたくさんの思いをしながら走り続けてきたので…!
・保護者に寄り添い、子育てのお手伝いをする気持ちを、大事にしています。

子どもたちが楽しく過ごせるためにも、保育士さんたち、そして保護者がお互いに気遣うことも大切かもしれませんね。

明日の朝は、「先生、いつもありがとうございます」の気持ちを、ぜひ言葉にして伝えてみてはいかがでしょう?

協力:ほいくらいふ
https://hoiku-me.com/
「ほいくらいふ」は、保育士さんたちが楽しく、円滑に働くことを応援する情報サイト。
子どもとの遊び方や掲示物のアイデア、保護者とのコミュニケーションや保育士のキャリアアップまで、幅広い情報が詰まっています。

こちらも読んで!
心当たりない? 保育士がこっそり教える、こんなママ・パパは困る!
保育士が素敵だと感じるのは、こんなママ・パパ!
これまでの「保育士さんの本音」一覧
photo by Adobe Stock