子育てママのお悩み解決メディア
プーケットへ、ファミリー初の海外旅行。同行ライターがレポート!
2018.05.24 by 石井 栄子 石井 栄子

取材エピソード プーケットへ、ファミリー初の海外旅行。同行ライターがレポート!

初めてのファミリー海外旅行を体験!

5月のHanakoママ特集は、初の海外企画「家族で海外旅行デビュー!」。

小さい子どもを連れて海外旅行って大変? それとも、案外楽勝? 実証するべく、読者モデルの井田さんファミリーといっしょに、タイ・プーケットへ。3泊5日(うち2日は移動日)の旅に出かけました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
井田祐介さん、真希さんと、仁菜ちゃん(5歳)に、ご参加いただきました!

海外旅行に持っていくと便利なものは?

井田さんファミリーは、家族で沖縄旅行は行ったことがあるけれど、海外旅行は初めて。何を持っていったらいいのか最初は悩んだそう。

今回の荷物は、大きなスーツケース1つと小さめのスーツケース1つ。その中に入っていたものは……?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
お手伝いできるもん!

汗をかくので、着替えは多めに。現地の食べ物が子どもの口に合わなかった場合に備えて、菓子パンなどの軽食と、2L入りの麦茶のペットボトル2本、水出しのお茶パックも持参。

インターネットで口コミを調べると、「タイはとにかく暑いので、ホテルやレストランなど、行く先々で氷をもらうといい」という情報が。氷を入れるためのジッパー付ビニール袋も用意したそうです。

あとは、仁菜ちゃんが退屈しないように、絵本や折り紙、おもちゃ、ビーチで遊ぶための浮き輪や砂場セット、サンダルなど。

ちなみに、ジッパー付ビニール袋はとっても重宝したようです。

外出の際には、ホテルで氷をもらって保冷バッグに入れておき、仁菜ちゃんが暑くてバテそうになるたびに、氷で頭や首を冷やしてあげていました。

機内ではどう過ごす?

タイへのフライトは、朝出発して夜着の便と、夜中に出発して早朝着の便があります。滞在中、目一杯活動したい場合は、夜中発の便もおすすめですが、私たちは、朝9:45成田発の便に乗りました。

バンコクまでは、約6.5時間。2時間のトランジットの後、プーケットへ。飛行時間は約2時間。空港からさらに車で1時間移動して、ホテルに着いたのは、夜8時頃(日本時間は夜10時頃)。移動時間はトータル約12時間になりました。ちょっと長いですが、海外旅行の場合、これだけは避けられないですね。

でも仁菜ちゃんは、機内エンターテインメント(映画、ゲームなど)や、持ってきたおもちゃ、絵本などで遊びながら、良い子にして過ごしてくれました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
空港での待ち時間は、絵本を読んだり折り紙をしたり。静かに待てました~。

機内食は、あらかじめ、キッズメニューをリクエストすることができます。仁菜ちゃんは、タイ料理が口に合わないかもしれないので、フルーツの盛り合わせをリクエストしていたそうです。ただ、馴染のないトロピカルフルーツは苦手だったみたいで、日本から持参した菓子パンなどを食べてしのいでいました。子連れ旅行の参考になりますね!

到着したホテルでは?

バンコクで飛行機を乗り継ぎ、プーケット空港からホテルに到着して、ようやく食事にありついたのは夜の8時過ぎ。仁菜ちゃんはちょっと眠くなったのか、目の前のごちそうにも食欲がわかず、ほとんど食べないままお部屋に退散。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子どもにとって長時間の移動は大変です。食事の時間と子どものお腹がすくタイミングが合わず、食べないまま寝てしまうこともありがち。こんなときのためにも、簡単に食べられる軽食を持参しておくことは大切ですね。

ところで、前述のジッパー付ビニール袋ですが、井田さんファミリーは、朝食のブッフェで余ったパンやフルーツを入れて持ち歩き、仁菜ちゃんがお腹がすいたタイミングに合わせて食べさせていました。こういう使い方も参考になります。

0079

長い移動にちょっと疲れたけれど素敵なお部屋を見ると気持ちが上がります! 部屋のベッドには「Welcome home」とデコレーションが。

海も山も楽しめるのがプーケットの魅力!

プーケットの特徴は、海と山の両方のアクティビティを楽しめること。

今回、(初日の移動日は除き)1日目は山側で象乗り体験やカヌー体験などを楽しみ、2日目はビーチで過ごし、3日目は旧市街を散策して過ごしました。

旅行とはいえ、撮影もあって慌ただしかったのですが、井田さんファミリーは初めてのタイを満喫してくれたようです。

心配した暑さも、東京のようなアスファルトの照り返しがない分、しのぎやすく感じました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
初日のメインイベントは、象乗り体験。意外にスピードがあります!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
象乗り写真をその場でアルバムにしてくれます。アルバムの台紙は、象のフンからできた紙で作られているそうです!
●_1256
2日目はフェリーでコーラル島へ! 人が少なく、きれいなビーチを楽しめます!
1301
水が透き通っていてすごくきれい!
IMG_5194
女子カメラマンU子、仁菜ちゃんを撮影中。砂だらけになっても気にしない! (写真:編集部)
IMG_5196
U子、びしょびしょです。でも気にしない! (写真:編集部)

スタートは朝早く、午後はホテルでのんびり!

子連れの旅のポイントは、予定を詰め込み過ぎないことと、朝早くから行動を開始し、午後はゆったり過ごすこと。

今回の旅も、集合時間は毎回朝の7時~8時。出かけた先でランチを食べて、お昼過ぎにはホテルに戻り、ホテルの施設内でのんびり過ごしました。

充実のホテルでリラックス!

今回滞在したのは、アンサナ・ラグーナ・プーケット。ラグーナエリアと呼ばれる、高級リゾート地に建つ五つ星ホテルです。

プーケットのリゾートホテルは、プールや広々した芝生の広場、ちょっとしたショップ、スパなどが揃っているので、ホテル内だけでも退屈せず過ごせます。

0925
323mもある長~い川のようなプール!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ホテル内にはフォトジェニックな場所がいっぱい。走り回ったり探検したり。

専任のスタッフがいるキッズルームもあり、4歳以上なら、親が同伴しなくても子どもだけで預かってくれます。

アンサナ・ラグーナ・プーケットは、遊具のあるキッズ用の施設が屋内と屋外の両方にあり、近隣のホテルの中では一番充実しているそうです。絵画・工作体験やお話タイムなど、日替わりのイベントも開催。仁菜ちゃんは、Tシャツに絵を描くバチック染めを体験しました!

0835
キッズルーム内の、ビデオ鑑賞コーナー
0812
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アンサナ・ラグーナ・プーケットのキッズコーナーは、屋内・屋外に施設があり、とても充実しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
バチック染めを体験。できあがったTシャツは、持って帰れます!

ホテルのサービスの中で、なんといっても感動したのはスパ。ゆったりとしたおもてなし、ラグジュアリーな部屋、本格的なタイ式マッサージ。子育てと仕事でバタバタの日々を一瞬忘れてしまいます。親子でも参加できるのは嬉しいですね。旅の疲れも吹き飛びました! 温かいお茶とフルーツのおもてなしもうれしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ウエルカムドリンクとフルーツをいただきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ネイルも初体験!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これから本格的なタイ式マッサージ。ソフト、ハードが選べます。痛くても大丈夫な人はハードでどうぞ!

スーパーマーケットで異文化体験

スーパーマーケットは、その国の文化や日常生活を垣間見るには絶好のスポット。見るだけならお金もかからないし、なによりクーラーが効いていて涼しい! 旅の最終日、広い店内を、仁菜ちゃんと探検しました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
お友だちにお土産。何がいいかな?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こんなフルーツ見たことない!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
めずらしいお菓子がいっぱい!

タイ料理は子どもの口にも合います!

「タイ料理は辛いのでは?」と心配な方も多いと思いますが、辛くない料理もたくさんあります。辛い料理でも注文のときに、「Not spicy(辛くしないで)」とリクエストすれば大丈夫。テーブルに唐辛子などの調味料があるので、辛いのが好きな人は自分で辛さを調節することもできます。

ヌードル系やチャーハン系は、日本人の口に合うように思います。仁菜ちゃんも喜んで食べていました!

<1日目>Lunch

0736
ランチは、IN SEA Restaurant にてランチブッフェ。ヌードル、タイカレー、チャーハン、お馴染みのトム・ヤン・クンなど、好きな料理を選べます。

Dinner

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
夕食は、ホテルのビーチでシーフードBBQ。リクエストした食材を目の前で調理してくれます!デザートも充実!

<2日目>Lunch

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
コーラル島のビーチにあるレストランでランチ。

Dinner

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
有名なパトン・ビーチを見下す高台にあるレストラン、Secret Cliff Restaurantで夕食!

<最終日>Lunch

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
プーケットの中心地、プーケット・タウンにある庶民的なお店Mee Tong Pooでランチ。太麺のヌードルは、辛くなくて仁菜ちゃんも気に入ったようす。

最終日はレイトチェックアウトでギリギリまで観光しよう!

最終日、夜7時プーケット発のフライトで、バンコク経由、成田に向かいます。空港に行くまでの時間、市街散策をして過ごしました。ホテルはレイトチェックアウトにしてもらったので、散策のあと一度ホテルにもどってシャワーを浴び、着替えてから空港に向かいます。

タイは暑くて、ちょっと動くだけでも汗だくになるので、レイトチェックアウトにして正解でした!

あとは、飛行機に乗って寝るだけ。

お土産は、プーケット空港で買っておくことをおススメします。バンコクの空港はとても大きいので移動に時間がかかり、ゆっくりお土産を見る時間がなくなる可能性があるからです。

子連れでも案外大丈夫、と自信がついた

さて、あっという間の3日間でしたが、「楽しかった! 案外子連れでも大丈夫なんだと自信がつきました」と井田さんファミリー。「一番楽しかったのはどこ?」の質問に、仁菜ちゃんは「キッズルーム」と即答。「日本にもあるやん!」とパパのつっこみに一同爆笑。

でも、海外だからこそ感じたこと、家族だからこそできたこと、たくさんあったんじゃないかな。

家に帰ってからも「あんなことあったよね~」と語り合って、旅の余韻を楽しんでいることでしょう。

みなさん、お疲れさまでした!


家族で海外旅行デビューに、タイ・プーケットをおすすめする5つの理由
ホテルは? 食事はどうだった? 読者が体験! タイ・プーケット旅行記
シンガポールにセブ、バリ島……。子連れで行きたいアジアン・リゾート

夏の海外旅行特集

写真〇森山祐子
石井 栄子

石井 栄子ライター

3児のママとライターを両立してン十年。『Hanakoママ』では3歳〜5歳向けの「3・4・5」を担当。ようやく子どもたちの手が離れ、趣味に飲み会にと羽を伸ばし中。今ハマっているのはオンライン英会話。もう英語で話しかけられても怖くない!のがささやかな自慢!Photo by Natsuko Toida

石井 栄子さんの記事一覧 →