子育てママのお悩み解決メディア
寝かしつけ中に子どもに言われて、ドキッとしたこと
2016.03.03 by Hanakoママ Hanakoママ

ママはどうして働いてるの? 寝かしつけ中に子どもに言われて、ドキッとしたこと

ハナコママ編集長が働くママにインタビュー。仕事と子育てに対する思いをうかがいます。

“私、仕事ちゃんとできてないな”っていつも思ってしまうんです。

mama_doushite_201602

こんにちは、ハナコママ編集長のキシベです。今回は「出産前と同じようには仕事ができず、落ち込みます。インタビューは考えを整理する良い機会になると思って」と応募メールをくださった、Cさんのお話。

Cさんは専門誌をつくる出版社につとめて15年。いまの職場に異動して4年目に育休&産休を1年取り、復帰してもうすぐ3年になります。「時短に慣れてしまうと、いずれ戻すときにちゃんとできるか自信がなくて」とフルタイム勤務を選択。9時に出社して17時に退社、18時過ぎに保育園にお迎えに行く毎日です。

「仕事のスピードを上げて、できるだけ前倒しにして進めているのですが、以前の8割くらいしかできていないと感じます。完成した雑誌を見て、他のページと比べて密度や内容の濃さを伴っているか、以前より気にするようになりました。要点だけ押さえて”こなした”ような気になっていないか、とか」。同業者としては少々耳が痛い、ストイックなお仕事ぶりです。

大切なことに気づかせてくれた子どものひとこと

休日は、ほとんど予定を入れず近所の公園などでゆっくり過ごしています。「あれやらせなきゃ、あそこにも出かけなきゃ、っていう親の願望で子どものペースをくずしたくない」。一番大切にしているのは子どもの気持ちや居心地。「実は一度、寝かしつけ中に”ママ、笑って”と言われたことがあって。”明日はアレとコレやって……”とか、仕事のことをつい考えていたんですね」。それからは絶対に、頭の中にも仕事は持ち帰らないと決めている。家事についても「晩ごはんは作っているうちに入らないような手抜き料理。部屋も散らかってていいやって、前向きに諦めてます(笑)」。

仕事でもそんなふうに肩の力を抜けられるといいのかも。けれど生真面目さもCさんの魅力。職場でも頼りにされているのでしょう。社会人歴は長くても、働くママ歴はまだ3年弱。きっと数年もすれば、仕事ともマイペースでつきあえるようになるはずだと思いました。

東京都在住・37歳。3歳男子のママ。家事分担については「”私がこんなにやってるのに!”とか怒りたくない。そして実際それほどやってない(笑)」。1歳上の夫は「気付くと洗濯物を干してたり、おもちゃを片付けてたり。わざわざ言わなくても動いてくれて、有り難いです」。

(Hanakoママ36号より)

募集しています!
仕事と子育てについて、ご自身のお話を聞かせてくれる方を募集! hm-model@magazine.co.jpまで、件名に「ママはどうして」と記入、簡単なプロフィールを添えてメールしてください。

photo by Adobe Stock
Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →