働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

ママはどうして働いてるの?迷った末に本人に告げたときの、あの表情は忘れられません

2018.07.08

ハナコママ編集長が働くママにインタビュー。仕事と子育てに対する思いをうかがいます。

在宅ワークを選んだから、できたこと

boy stands in a field with a stick on blue sky background

こんにちは、ハナコママのキシベです。今回はDTPデザイナーとして在宅で働くUさんのお話。新卒で大手食品メーカーに就職、“お茶くみコピー”の毎日はそれなりに楽しかったものの、5年目に一念発起。「DTPオペレータースクール」に通ってスキルを身に付け、印刷会社に転職する。

「オペレーターのつもりが、デザインもお願いねといわれ、やってみたら楽しくて10年。でも寝袋で床で寝るみたいなこともしょっちゅうで」。

結婚し、育休も半ば強引に取ったものの、激務への復帰を躊躇していたところ、夫に“自分でやってみたら?”と背中を押され独立。在宅ワークの道を選ぶ。

「ひとりだとどうしてあの仕事来なくなっちゃったのかな?なんて、行き詰まってしまうことも多いですが、一生懸命気持ちを切り替えます」。

自治体の広報など、地域活動にも積極的に参加、みんなでつくる楽しみも手放さないようにしている。気持ちも仕事もきちんとコントロール、しっかり者のUさんですが、実は子育てにも人一倍奮闘中。

「長男は保育園に入っても友達の名前を覚えてこないし、着替えも準備も遅い。けれどそんなものかなって思ってたんです。でも小学校に入って持ち物の整理ができなかったり、いろいろ困ることが出てきて。それまではのんびり待ってあげていたのですが、厳しくしたほうがよいのかなと強く叱りつけてみたり。子どもは学校に行きたくないと毎晩泣き続けるし、今思えばその頃が一番つらかった」。

そしてスクールカウンセラーから専門的な検査をすすめられ、発達障がいと診断される。「ショックでしたが、でも心のどこかで腑に落ちたというか。例えば本を読んで理解するのは私より早いのに漢字が書けない。
見たものをアウトプットするのが困難なのだそうです。迷った末に本人にも告げたところ、“自分は頭が悪いわけじゃないんだ”とホッとしていて。あの表情は忘れられません」。

いまも放課後は宿題や準備など、しっかりサポートする必要があり、在宅ワークの良さを実感している。仕事をセーブすることも考えたが、違うことに集中できる時間は貴重。

「両立は確かに大変。でも仕事があってよかったって心から思います」

在宅ワークママ
東京都在住・45歳。46歳の夫、小5男子、5歳女子の4人家族。「興味のないものは断固としてやりたくない長男、それってただの怠け者?なんてつい思っちゃいますが、それも特性だとか」。長男の夢は、科学者になること。「でも、ロケットは大好きだけど惑星は嫌いとか、ここでも興味の幅が狭すぎで……(苦笑)」

(Hanakoママ64 号より)


これまで登場したママたち
「いつまで働くのかな?」と私。「ずっとじゃない?」と夫
周囲に妊娠を隠し通し、「1年休暇とります」と告げて産休に
ふとこぼれ落ちた、「思い出し涙」の理由は?
仕事はあと2年だけ。タイムリミットを作った理由
ママが家で待っていなくても、子どもはまっすぐ育ってくれるはず
寝かしつけ中に子どもに言われて、ドキッとしたこと
家事を一切しなかった夫が、毎日朝食を作ってくれるようになった理由
3人目の子どもだからこそ感じる、仕事を辞めたくなる理由
夫の実家近くに引っ越したい、と妻から切り出した理由
愛情がサーッと冷めました。シングルママの子育て

この連載の一覧はこちら


募集しています!
仕事と子育てについて、ご自身のお話を聞かせてくれる方を募集! hm-model@magazine.co.jpまで、件名に「ママはどうして」と記入、簡単なプロフィールを添えてメールしてください。
photo by Adobe Stock