働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

親子で鉄分補給♪まるで、木のおもちゃのようなリゾート列車、「海幸山幸」の旅【ママ鉄・豊岡真澄の親子でおでかけ】

2018.07.11

この連載は……
元祖鉄道アイドル、いまはママ鉄として活躍している豊岡真澄さんが、お子さんと一緒に「でんしゃ」にまつわるおでかけ情報をご紹介します!


皆さん、こんにちは。

九州旅が続いていますが、今回はJR九州内を走る11のD&S(デザイン&ストーリー)列車の中で、トップの乗車率を誇る「海幸山幸」をご紹介します。

写真-2018-07-09-22-27-41_r

宮崎県にある宮崎駅から南郷駅までを結ぶ海幸山幸。「木のおもちゃのようなリゾート列車」というコンセプトだけあって、とてもかわいい車両です。

この車両、2008年に廃止された高千穂鉄道で活躍していたTR-400形を改造したものなのです。

私も尊敬してやまない水戸岡鋭治さんのデザインにより生まれ変わりました。

去年仕事で宮崎を訪れた際に乗ろうと思っていたのですが、スケジュールが合わず断念。そこで今回は、海幸山幸に乗るためにスケジュールを合わせたと行っても過言ではない。それくらい乗ってみたかったのです。

念願の海幸山幸に乗車!

写真-2018-07-09-22-27-42_r

2両編成の海幸山幸。1号車は山幸(指定席)。2号車は海幸(自由席)

写真-2018-07-09-22-27-42-1_r

さっそく子どもたちは車内を探検します。もらった記念乗車証にスタンプを押してご満悦の娘。

写真-2018-07-09-22-27-46-1_r

地元の飫肥杉(おびすぎ)をたっぷり使っていて、外装・内装ともにとってもおしゃれ。

写真-2018-07-09-22-27-44_r
写真-2018-07-09-22-27-43_r
写真-2018-07-09-22-27-48_r

人気観光スポットである青島を通ります。

写真-2018-07-09-22-27-45-1_r

日南海岸の「鬼の洗濯板」がきれいに見えます。観光列車は、見どころを通る際に徐行してくれるのも嬉しいところ。写真!写真!と思っていると、青島では一旦停車してくれました。心置きなく撮影ができ、こういったサービスも乗車率ナンバーワンの理由のひとつなのかなと思いました。

そして楽しみにしていた紙芝居の時間。

写真-2018-07-09-22-27-45_r

乗務員さんの手作りなんです。車両名の由来にもなった、日本神話「海幸彦、山幸彦」を分かりやすく読み聞かせてくれました。子どもたちは興味津々!

その後、飫肥駅の停車時間に駅のホームで特産品の販売がありました。

写真-2018-07-09-22-27-47_r

子どもたちは飫肥杉で作ったポストカードが気に入ったみたい。お土産に購入しました。

日付ボードでの撮影も忘れずに。

写真-2018-07-09-22-27-46_r

そして終点が近づくにつれ、海の透明度が上がっていて親子で感動。

写真-2018-07-09-22-27-48-1_r

すぐ近くにこんなにきれいな海が見られるのです。

写真-2018-07-09-22-27-51_r

まるで額縁に入れた海の写真みたい!

あっという間に終点の南郷駅です。

写真-2018-07-09-22-27-50_r

ここからは日南巡り号というバスで観光しました。目指すは、2017年の道の駅ランキングでナンバーワンに選ばれた「道の駅なんごう」。

絶景をバックに自らがマンゴーに変身できます(笑)

写真-2018-07-09-22-27-49_r

ここでランチをして、デザートにマンゴーソフトクリームをいただきました。

写真-2018-07-09-22-27-49-1_r

その後はバスで移動して、マリンビューワーなんごうという海中観光船にも乗り、すっかり満喫。

写真-2018-07-09-22-27-53_r

南郷駅に戻り、折り返しの海幸山幸に乗ります!

写真-2018-07-09-22-27-52-1_r

行きで乗った時の乗務員のお姉さんに「おかえりなさい!」と言っていただき、心がほっこり。

そして道の駅なんごうで購入した、名産の完熟きんかんを食べながら宮崎駅方面へ。

写真-2018-07-09-22-27-52_r

乗る時間帯によって風景も変わっていくので、往復で楽しめますね。

長かった九州旅もここで終わり!と言いたいのですが、最後にスペシャルな列車と遭遇しました。それは次回のコラムで…。

【今回の鉄道データ】
乗ったもの:海幸山幸
乗った区間:宮崎駅~南郷駅

toyookamasumi

豊岡 真澄 (とよおか・ますみ)

ホリプロにてユニット活動後、 担当マネージャー(鉄道BIG4の南田裕介)の影響により鉄子に目覚める。
元祖鉄道アイドルとして、数々の雑誌・イベント・番組(「タモリ倶楽部」など)に出演。
2008年3月結婚・出産を機に引退。現在は二児の母となり、 ママ鉄・鉄道文化人としてイベント等に出演している。


これまでに見た電車はこちら!
車輛を使った宿泊施設。「ブルートレインたらぎ」
木目調の車内には、ソファのようなシート! 日本一豪華な通学列車「田園シンフォニー」
ママ鉄も子鉄も大満足!「MOZOCAステーション868」
電池で走る!? エコ電車、DENCHA(デンチャ)の旅
池袋で発見! お店の中にある本物の電車
「ポイント萌え」の地、所沢駅で鉄分補給!
西武線で行く、所沢航空記念公園
出逢えた人はラッキー! 銀座線1000系特別仕様車
移動中のぐずりに。ゲーム会社出身のママが考えた電車ゲーム「TOKOTON(トコトン)」
カッコいい!! 新型スーパーあずさで鉄分補給!
テツの息子もうらやむ、全8時間半の鉄旅!
「海幸山幸」に会えた! 鉄道の神様が降りて来た瞬間
乗車券だけで乗れる、お得な特急列車をご紹介!
話題のSL「大樹」に乗ってきました!
東海道新幹線が目の高さで、間近に見えるスポット
ママ鉄の息子の英才教育、お見せします!

「親子で鉄分補給」連載一覧はこちら