子育てママのお悩み解決メディア

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

階段には「うんてい」が!? 家にいながら、からだを鍛えられる画期的な家

2018.08.21

子どもの”運脳神経”がよくなる!? 「からだを鍛えられる家」

「今の子どもは、昔に比べて運動能力が落ちている」。

こんな調査報告やニュースを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。実際、治安のことを考えると子どもたちだけで外で遊ばせるなんて考えられないし、公園ではボール投げは禁止だし、小学生になると塾通いやゲーム遊びで、圧倒的に外遊びが激減……、スイミングや体操教室が大盛況なのも納得です。

そんななか、LIXIL住宅研究所がこのほど、「家にいながら、からだを鍛えられる」という画期的なコンセプトホーム『人生100年時代の未来住宅〜五世代』を発表しました。

1_180731_nerattejump1_r
「忍者ナイン」全300種類のプログラムの中から厳選した15の運動をピックアップ

この家ではなんと、以前ハナコママの記事でもご紹介した、やる気スイッチグループのスポーツ教室「忍者ナイン」のプログラムから抜粋した15種類の運動の基礎動作を、家にいながら身につけられるそう。
https://hanakomama.jp/topics/44820/
運動も勉強もできる脳を育てる「運脳神経」を提唱する東京大学大学院の深代千之教授の監修で、「足が速くなる」「まっすぐ投げられる」「上手に打つ」ことを家族と一緒に楽しみながら行えます。

2_180731_kodomountei_r
階段の下には雲梯(うんてい)が取り付けられている。

また、この住宅は「五世代」と名付けれられるとおり、0歳〜100歳まで4世帯5世代が一緒に住むことを考えた人生100歳時代の未来住宅なので、子どもだけではなく、高齢者が日々の生活の中で、昇降運動やぶらさがり運動ができるような工夫も!

3_180731_oomataaruki_r
テラスでは、走力向上につながる「大股歩き」のプログラムができる。

共働きの家族にとって、人と人とのつながりやコミュニティの中で、子育てができるのはありがたいこと。それを実現するこのコンセプトホーム「五世代」では、1つ屋根の下で小さなコミュニティを形成しながら、生活できるのがポイント。IoTによる外出先などからの家電等の遠隔操作や、太陽光発電と蓄電池、LPガスを駆使して、災害時のライフライン維持も実現。

4_180731_connectingfloor_r
みんなが集う共有スペース「コネクティング・フロア」を取り囲むように、4世帯のユニットが配置されたコンセプトホーム「五世代」。

「五世代」で住むのは、なかなか難しくても、これから住まいづくりを考える人はチェックだけでも、ぜひ!

LIXIL住宅研究所「人生100年時代の未来住宅 五世代」

https://www.lixil-jk.co.jp/5sedai/index.html

忍者ナイン 

https://www.ninja9.jp

取材・文〇吉田理栄子
Hanakoママ

Hanakoママ (はなこ・まま)編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →
Hanakoママさんの記事一覧 →