子育てママのお悩み解決メディア
「でんしゃ」の次は?「や」?「しゃ」? しりとりで迷ったときには?【コドモのコトバ】

先生おしえて 「でんしゃ」の次は?「や」?「しゃ」? しりとりで迷ったときには?【コドモのコトバ】

気になってはいるけれど、実のところよく分かってない…。 そんなアレコレについて、ずばり教えてもらう「先生おしえて」のコーナー。

心理言語学の研究者、広瀬友紀さんによる子どもの言葉の話、今回は最終回。前回に続いてしりとりについての話題です。

Mother and toddler playing together

「ことばの決まり」を客観的に捉え、気づき、さらにイジって遊べる力のことをメタ言語能力といいますが、それが存分に発揮されるのがしりとり。さてこのしりとり、「次は何で始めるべきか」でモメることありませんか。そんな時こそメタ言語能力をさらに育むのにもってこいです。

「でんしゃ」の次は?「や」?「しゃ」?

皆さんはどっち派? 「や」で続ける人は、あくまで表記が基準ですね(文字でどう書かれるか)。一方「しゃ」派は、聞いたとおりの音が基準。

現代日本語では「し」+「ゃ」と二文字使いますが、音の単位としては「さ」(sa)と同じ一つの子音+母音のまとまり(ʃa)です。「さ」と発音してから「や」と言うのではない独立した音なので、それ以上分けられないのです。

さて、ここでモメることは大いに結構です。意見の違いを通して、音と表記の関係は時にはイレギュラーであるらしいという実感を得るでしょう。

その後英語のthという音はtでもhでもない別の一つの音だと教わった瞬間「おっ英語も日本語も似てるとこあるじゃん」と飲み込みやすくなったりして。

「ルビー」の次は?「ビ?」「ビー?」「イ?」

これも、「ー」(のばす音)という特殊拍を尊重するか、自立した拍(ビ)のほうをより重視するかという問題で、どちらが正解ということはありません。

「ビ」vs. 「ビー」に関しては、拍単位にこだわるか、外来語ならば音節という単位もアリにするか(そうすると「ビー」で一音節)という対立かもしれません。でもそんな専門用語は不要です。多いにモメて自分の言葉で議論してください。

相手を困らせたいときはどんな言葉を選ぶ?

「ルビー」はしりとり界の隠し刀。「ラ行」で始めるの難しいって知ってるから。でもなぜ? 

実はもともと日本語に「ラ行」で始まる語はありません。「え? りんごとか、らくだとか?」と思うかもしれませんがこれらは実はもと漢語(外来語)。

そんなウンチクはおいといても、「特定の音ではじまる言葉が少ない」という気づきや疑問を分かち合うだけでそれはとても価値あることなのです。

連載もこれでひとまずお開きですが、今後もぜひ子どもたちとコトバをめぐって遊んだりケンカしたり、たまには感動したり、そんな機会をたくさん持ってもらえるとうれしいです。

学校の国語の授業だけでは得られない、何より大切な学びだと私は思うのです。

prof21

広瀬友紀

ひろせ ゆき〇東京大学大学院総合文化研究科教授。
心理言語学、特に人間が言語を理解するしくみを研究。
2017年8月より8カ月間の在外研究で、ハワイ大学へ。
小3男子の母。著作に『ちいさい言語学者の冒険-子どもに学ぶことばの秘密』(岩波書店)。

syoei


こちらも読んでね!
しりとりで、「どうして『ん』で終わるのはダメなの?」と聞かれたら?
2人でも「みんな」?「みんな」でも2人?
子どもが「言葉の裏」を読めるようになるのは、いつごろから?
成長の証として愛でたい、子どもならではの「言葉の間違い」
子どもが同じ言い間違いを何度もする理由
自動車を見て「ワンワン」……、うちの子大丈夫?
「ウンチ」は3文字? それとも2文字?
「ば」からテンテンとったら「ぱ」!? 子どもにだけ見えている、日本語のルール
「は」にテンテンは「ば」じゃない!? 子どもの言い間違いが教えてくれること
言い間違いには理由が!「死む」「来(き)ない」からわかる、子どものアタマのなか

【コドモのコトバ】連載一覧




広瀬先生のハワイ子連れ留学日記、【ハワイとコトバ】も読んでね!
photo by Adobe Stock