働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

おしゃれママの「数珠つなぎ」連載ハロウィンでは双子の衣装を毎年手作り。ウエディングドレス デザイナー中西久美さんの子育て

2018.10.15

ブランドプレスやスタイリスト、ディレクターにヘアメイクなど…、キラキラとした世界で働くママたち。いま、instagramなどSNSでも注目を集めています。

そんな働くママのリアルな日常を、写真とともに一挙公開、さらにお友達のステキママを紹介していただく、というリレー形式の連載です。

今回は、ヘアメイクアップアーティストの晴 千尋さんからのご紹介で、関西を中心にウエディングドレスデザイナーとして活躍する中西久美さん。「美しいウエディングドレスを作る傍ら、可愛い双子の母でもある彼女。いつも明るくドレスに対する真っ直ぐな想いに多くの女性が魅了されています。彼女が作る可愛くてユーモアたっぷりの娘たちのお洋服は、見る人をとても幸せな気分にさせてくれます」(晴さん)

#38 中西久美さん(ウエディングドレス「gooby」デザイナー)の一日

中西さんの子育てのモットーは適当(笑)。外食を多用して適度に家事は手を抜きつつも、ハロウィンのために毎年双子ちゃんの衣装を手作りするなど、仕事も育児も明るく楽しむ中西さん。「同じように育っているはずなのに、双子でも全然違うのでおもしろい」という、キュートな5歳の双子ちゃんとの京都の暮らしに迫ります!

prof2

ある日のスケジュール

7:00 起床
9:00 保育園に送り届ける
10:00 メールの返信など
11:00 作業 or 来客 or 打合せなど
17:00 保育園お迎え

18:30 お風呂
19:30 ご飯
22:00 子ども就寝 フリータイム or 作業の続き or 一緒に寝る
24:00 就寝

聞いてみました!<おしゃれママQ&A> 

Q1 双子ちゃんならではのエピソードを教えて!

食べ物の好みも全く違うし、おしゃべりは姉の方が上手で、絵や字を書くのは妹の方が上手。姉は妹の意見を最優先するところがあるのですが、妹にはそんな意識は感じられません…。ひとつのものを分けて食べる時は、必ず一口目は妹で、最後の一口は姉という決まりになっているようで、色々見ていておもしろいです。

Q2 子連れごはんでおすすめの店はどこ? 

よだれどりが美味しすぎてストレスがたまるとすぐ食べに行く中華屋「大鵬」、ざるそばと、揚げ餅の入ったぶっかけうどんを半分こずつするのが双子の定番なうどん屋さん「 田舎亭」、2階が小部屋のようになっており、双子を放し飼いOKな串屋さん 「やちむん」。

Q3 子育てで今困っていることは?

2人とも口がたつので、たまに私と本気の言い合いになります。今のところギリギリねじ伏せていますが、思春期が思いやられます…。

Q4 パパの協力度は何点?家事分担は?

料理、育児に関しては、私よりスキルが高いので100点。土日に私が接客のことが多いのですが、嬉々として子どもと遊びに出かけてくれます。ただ、子どもを甘やかしすぎなのと、酒癖が悪いので総合3点(笑)。

Q5 今のお仕事をはじめたきっかけについて教えてください!

学生の頃にショーの衣装制作をしていた関係で、友人にウェディングドレスを作ってほしいと依頼されることが多くなりました。当時は、フリフリのドレスばっかりだったので、そういうのが好みでない花嫁さんに向けてドレスを作れたらなぁと思い、前職は全く違う仕事をしていたのですが、ウェディングドレスのアトリエに転職し、独立しました。

Q6 働く上でこころがけていることは?

子どもが生まれる前と違い、スケジュールや体力的にも無理がきかないので、お客様に迷惑をかけないように、オーダーなどの受注を少し制限をして、ゆとりを持ったスケジュールをたてるように心がけています。

Q7 子連れ旅のおすすめはどこ?

シンガポール。衛生的で、熱帯なのに蚊もおらず、子どもの遊び場もいたるところにあり、人も優しく、ご飯も美味しくて、オススメです!

中西さんの毎日をスナップでご紹介♪

114

プールに行きたすぎて、届いたばかりの水中メガネをつけて朝ごはんを食べる双子(笑)。

2-2

双子たちは、現在子ども(お気に入りのぬいぐるみ)を16人育てているらしく、お世話が大変そうです。

35

接客中の様子。個性に富んださまざまな経歴をお持ちのお客様が多く、どんな方にお会いできるかいつもワクワクします。毎年大好きなお客様が増えていくので、それは本当に幸せなことだと思っています。

510

家族で近所の焼肉屋へ。あまり自分の料理を食べたくないので(笑)、しょっちゅう外食します。

610

子どもが小さい頃から、寝る前に本を読んであげることだけは最低限やろうと思い、続けてきました。最近は自分たちで字も読めるようになり、自分の子どもたち(ぬいぐるみ)に読み聞かせしている光景もよく見ます。

74

毎年ハロウィンになると、双子の衣装を作ってふざけているのですが、本人たちはプリンセスの衣装が着たいらしく、そろそろ潮どきですね…。

83

フォーエバー現代美術館祇園の草間彌生展にて。元々ハロウィン用に作った衣装なのですが、京都にかぼちゃが来たので、写真を撮りに行きました。本人たちは最初めちゃくちゃ恥ずかしがっていたのですが、みんなにチヤホヤされて、最終的にはこの衣装のまま館内をウロウロして楽しんでいました(笑)。

93

レース、シルクオーガンジー、バックサテンのリボンを大量に作り、複雑に絡ませたドラマティックなドレスです。一目見ただけで、ドキドキワクワクしてもらえるようなドレスを作っていきたいです。

prof


中西 久美さん( ウェディングドレス「gooby」デザイナー)

京都二条でウェディングドレスのオーダー制作、レンタル業「gooby(グービー)」を行う。
コンセプトは「一目見ただけで、ドキドキワクワクしてもらえるようなドレス」。キッズドレスのレンタルも展開中なので、セレモニードレスやリングガールドレスとしておすすめ!

HP(http://www.gooby.jp)
Instagram(https://www.instagram.com/weddingdress_gooby/
ドレスと子どものこと(https://www.instagram.com/gooby_weddingdress/


次回は、中西さんからのご紹介で、大阪でセレクトショップを営む櫻井理恵さんです。お楽しみに!

これまで登場したママたちはこちら!
晴 千尋さん(ヘアメイクアップアーティスト)
有瀬万里子さん(oeufcoffee/ソニアコーヒ喫茶店オーナー)
中川敦子さん(絵本作家ユニット「tupera tupera」)
高橋明美さん(「mikumari」オーナー)
荒井凡子さん(雑貨店「ATELIER n°18 TRAVAIL」オーナー)
米川優子さん(「Guruatsu」オーナー)
岡本由梨さん(「KISSACO」バッグデザイナー)
丹地良子さん(クリエイティブディレクター・muin代表)
NANAさん(空間プロデューサー)
門田瑠衣子さん(NGO代表理事)
もちさん(グラフィックデザイナー)
小嶋悠さん(Florist/harukazeflower)
菅田幸子さん(Akatsukicafe & somethingオーナー)
坂東千鶴さん(chitreeオーナー)
谷恵美子さん(ARCHIプレス)
神谷ミッコさん(Nice & Smoothie 主宰)
愛甲真希さん(フードクリエイター)
児玉美希さん(「こどもパン」店主)
有坂亜由夢さん(映像作家(最後の手段 / SAIGO NO SHUDAN))
藤吉陽子さん(「O-Kitchen」主催)
紺谷ちぐささん(キッズセレクトショップ「CHIGO」オーナー)
牟田絢加さん(セレクトショップOEUVREオーナー)
長澤実香さん(スタイリスト)
寒河江麻恵さん(フリーランスPR・温泉コラムニスト)
桜林直子さん(SAC about cookies 代表)
翠川裕美さん(株式会社シロアナ 代表)
西村千恵さん(FARM CANNING 主宰)
浅川あやさん(「日用美」店主 )
momoさん(フラワーコーディネーター momo’s flower project)
イナダミホさん(シンガーソングライター)
鳳山えりさん(モデル兼コルギサロンオーナー)
MARCOさん(フォトグラファー)
西山美希子さん(descendant デザイナー)
YOSHIKOさん(SHIMA ヘアメイク)
吉田ちかげさん(Art Director/Graphic+Web+Space Designer)
原田沙奈子さん(Le abel代表 / Abel ディレクター)

おしゃれママの「数珠つなぎ」連載一覧

取材・文〇加藤朋美