子育てママのお悩み解決メディア
始まる前からうるっときた、初めての運動会【連載・室木おすしの「娘へ。」】

始まる前からうるっときた、初めての運動会【連載・室木おすしの「娘へ。」】

この連載は……

イラストレーターで、3歳と1歳の双子の女の子のパパ、室木おすしさんによる育児イラストエッセイ。

娘が将来結婚などして(しなくても)離れていってしまうことが今から心配で、0歳のころから、娘とのあれこれを結婚式で思い出そう!と「娘素材集」を頭の中にコツコツと作っている、という室木さん。

この連載では、よりすぐりの素材をチョイス。

室木さんが娘の結婚式でスピーチとして娘に読んでいるような体でお送りします!

001-illust-01

初めての運動会

180606-001

 

娘へ。

あれは2018年10月6日土曜日。
あなたが人生で初めて経験した幼稚園の運動会の日を覚えていますか?

ひと月以上前から幼稚園では運動会へ向けての練習がはじまり、いつもやさしい先生がまぁまぁな感じで怒るので、登校拒否気味になる園児が続出の中、あなたは毎日ちゃんと通いました。
そしてそこで覚えた歌や踊りを、家で自慢げに見せてくれたのです。

「ブルブルブルドッグ」という曲がありました。

初めて聞いた時は、ふざけた名前の歌という印象でしたが、あなたがニヤニヤと踊る踊りの可愛さは、幼児の可愛さを全て詰め込んだような動きと歌で、はっきりいって、作者やりやがったなこの野郎と、最大級の賛辞を込め肘で作者をぐりぐりとやりたいほどチャーミングな踊りでした。あれは最高の曲です。

181012-01

さらにあなたは、「おわりのことば」を家で何度も聞かせてくれました。
おかげでまだ始まってもいない運動会の終わりをなんども味わうことができました。
なんなら運動会の終わりを想像してちょっとうるっとくることさえありました。
ありがとう。

そして当日。
その日はもう10月だというのに、うだるように暑く、日差しがきつく、狭い園庭に密集した親バカたちの熱量も加え、とにかくもう暑かったことを覚えています。
しかし入場で行進しているあなたを見たら、そんなことは消し飛び、可愛さと、「ああ社会に関わってるー!」という感動で、はっきり言ってうっすら泣いてしまいました。

例のブルブルブルドッグも家で見たままの可愛さで、本番だから気合を入れようとかそういうのないんだなぁと思いつつも、長い時間ちゃんと全部踊っているという状況に、偉いなぁとお父さんはえらく感動したものです。

また、全クラスの父親がやる綱引きという競技があり、私は相当久しぶりに全力というものを出してしまったのですが、その後ずっと全身が痛く、次の日にはとんでもない筋肉痛になっており、しんどかったです。綱引きって嫌だなと思いました。

終わる頃にはくたくたになっていた運動会ですが、終わってから1週間もするとまた見たいなぁと思い、ましてや今になっては遠い昔の思い出ですが、あの頃の小さなあなたが、タタタタと一生懸命に走ったり踊ったりする姿を、もう一度生で見たいなどと思ってしまいます。

あんなに小さかったあなたがこんなに立派に綺麗になるなんて。
私の中ではまだブルブルブルドッグを踊っているままなのですが、いつの間に成長したのですね。

うちで何度も教えてくれた、運動会のおわりのことば。
お父さんは覚えてしまいました。

「おわりのことば。
みんなで力を合わせた運動会、最後までがんばった僕たち私たちはもっともっと大きくなっていきます。
お父さんお母さんありがとうございました。」

本当に大きくなりました。
こちらこそありがとう。

【続く】
________________________________________

心の披露宴は心の雅叙園の中、引き出物の箱の重さで中身を想像しつつ、
まだまだつづく。

001-illust-05プロフィール

室木おすし

イラストレーター、漫画家。長女と双子の次女・三女の父。
悲しみゴリラ川柳家元。オモコロネットラジオ「ありっちゃありアワー」パーソナリティ。
雑誌やWEBで記事や漫画の執筆をしたり、広告でイラストやGIF動画を作成したりと日々あくせく。
夜泣きのひどい次女の抱っこには定評があり、2018年には生春巻きが好きだという自分の側面にはたと気づいた。

室木 おすし

室木 おすしイラストレーター、漫画家。

長女と双子の次女・三女の父。悲しみゴリラ川柳家元。オモコロネットラジオ「ありっちゃありアワー」パーソナリティ。雑誌やWEBで記事や漫画の執筆をしたり、広告でイラストやGIF動画を作成したりと日々あくせく。夜泣きのひどい次女の抱っこには定評があり、2018年には生春巻きが好きだという自分の側面にはたと気づいた。

室木 おすしさんの記事一覧 →