子育てママのお悩み解決メディア
朝ごはんをしっかり食べるには、夕飯の前にポイントが
2016.03.18

編集部の取材エピソード 朝ごはんをしっかり食べるには、夕飯の前にポイントが

012_other_201603

朝ごはん、ちゃんと食べていますか?
わたしは朝7時にしっかり! でも、10時過ぎにはぐるぐる~とお腹が鳴り出して、お昼が待ち遠しい…。毎日、困っています。

さて、朝、起きて「お腹が空いたー!」と言わんばかりに、元気よくパクパク朝ごはんを食べてくれると、ママは大助かり。それには、どんな方法があるのでしょうか? よくいわれるのは、朝食の1時間半ほど前に起こすといいということ。目が覚めてもすぐに食欲は出ないものなので十分な時間をとりましょう、というわけですね。でも、朝7時に食べさせるとすれば、5時半に起床!? 現実的にはかなり難しいかも。

「前日の夕飯の時間を早くするといいんです。19時までに済ませると、朝、お腹が空きやすくなりますよ」とは、今回、本誌でお話をしてくださった上田玲子先生。ご自身も保育園ママOGです。

夕飯が19時に終わっていれば、早く寝かせることができ、睡眠時間もたっぷり。朝、ゴキゲンに目覚めて、お腹も空いて…といい流れに。

とはいえ、保育園にお迎えにいき、家に帰ると19時近くなってしまうというママも多いはず。上田先生もそうだったとか。

「お腹を空かせて帰ってくるので、お菓子をあげたり、おにぎりを食べさせたくなるんですよね。そうすると、子どもはお腹が満たされ、ママもちょっと安心して、さらに夕飯が遅くなってしまいがち」
(あるある……)
さーて、この困った流れを断ち切るには?

先生の家では、帰宅するとすぐに野菜スティックやブロッコリー、カットしたミニトマトなどを手に持たせて食べさせ、その間に急いで夕飯の支度をするようにしていたそうです。おやつの時間ではなく、いわば前菜タイムにするのです。

「野菜から食べるという順番は体にもいいのでおすすめですよ。野菜は噛まないと食べられないので、しっかり噛む練習にもなる。ウチの子はブロッコリーが好きで、レンジでチンして出すとむしゃむしゃ美味しそうに食べてくれたのをよく覚えています」

人参や大根は薄く切ってクッキー型で抜いてお菓子風にしたり(1分でOK)、ときには味噌マヨネーズなどのディップを添えて味を変えてあげたり。そして、できるだけ早くメイン料理(夕飯)に突入! 晩ごはんを早く済ませるとママのダイエットにも効果あり。特典つきなのは、ちょっといいかも。

※本記事はこちらから読めます。