働くママのウェブマガジン

Papa​パパの子育てを応援するコラム&トピックス

「トンビがタカを産む」は遺伝的にはありえません【小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て・1】

2018.11.05

話題の書籍『小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て』を
ウェブで一部公開します!

発売1か月で早くも3刷の書籍『小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て』が話題です。著者は、慶應義塾大学医学部小児科で医師、教授として活躍され、日本小児学会の会長も務める高橋孝雄先生です。

Hanakoママウェブでは、この書籍の出版を記念して、本の一部をウェブで公開することになりました。

子どもとお母さんの「代弁者」である高橋先生の言葉は、きっと子育てに迷いを感じたときに、寄り添ってくれるものになるはず。遺伝子が持つ神秘的なエピソードは、子育てにプレッシャーを感じているママの気持ちを軽くしてくれそうです。

高橋先生のインタビューはこちら:https://hanakomama.jp/topics/58740/


(書籍『小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て』 第一章より)

「トンビがタカを産む」は遺伝的にはありえません。

saikounokosodate01

海辺を歩いていると空を大きく旋回しながらえさを探しているトンビに出逢います。ピーヒロロロといななく鳴き声はそれだけでのどかな情景です。いっぽうのタカはくちばしや眼光も鋭く、鳥類のなかでも強くてしなやか。獲物を捉えたら離さない獰猛(どうもう)さがあります。トンビとタカは同じタカ科ですが、まったく別の鳥です。

それがなぜ、「トンビがタカを産む」ということわざになったのでしょう。

生まれた子どもが両親とはかけ離れた才能を持っていたり、優秀だったりすると、世間の人々は訳知り顔で「ああ、トンビがタカを産んだ」とつぶやくのです。負け惜しみなのか、「逆立ちしたってかなわない」とカブトを脱いだのか。

いずれにしても、「トンビがタカを産む」ことはありません。

いやいや、ちょっと待ってください。両親ともに学業成績がふるわなかったのに、子どもの成績は学年1位。トップクラスの大学に現役合格している例だって、ありますよね。これは立派な「トンビがタカ」に見えるかもしれません。あるいは両親にまったく音楽の素養がなく、英才教育を受けたわけでもないのに、音楽家として成功している人もいるでしょう。これも「トンビがタカ」じゃないのか。実は違うのです。

まずは勉強が得意じゃなかった両親からトップランクの大学に現役合格する子どもがなぜ生まれるのか、という謎から。そのご両親は、家庭の事情や時代状況などで、勉強する習慣がなかっただけかもしれないし、勉強のやり方がわからなかっただけかもしれません。よき指導者に出逢って学習環境が整っていれば、相応の学力をつけていたかもしれない。その可能性は否定できないはずです。

つまり、おとうさん、おかあさんも実はトンビではなくタカだったというふうに考えられるのです。音楽家のご家族もしかり。おとうさん、おかあさんも、何かのきっかけで音楽に親しむ機会があれば、子どもと同じように才能を開花させていた可能性が十分にあります。こちらも「トンビのようで実はタカ」。今からでも楽器を習いはじめたら、めきめきと上達するかもしれないし、歌ってみたら、実は素晴らしい歌唱力があるかもしれませんね。

突然変異という言葉を聞きます。突然変異があれば、トンビがタカを産むのでしょうか。これもあり得ませんね。ごく平凡な両親から超がつく優秀な子どもが生まれたとしても、それは、遺伝情報がもともと持っている正常な“振れ幅”に収まるていどのものなのです。遺伝子が決めたシナリオの“余白”のようなものですね。

その逆もあります。おとうさんもおかあさんも、それぞれの道で才能を発揮して、活躍しているとしましょう。ところがおふたりの子どもは、あまりぱっとしない。

「なぜ、わたしたちの子どもが……」となげくことがあるかもしれません。それも、心配ないですね。親がタカならば、子どもだってタカ。タカはトンビを産みません。

お子さんも自分の才能に気付いていない、生かしきれていない、才能を持てあましている、というだけなのかもしれません。

トンビはトンビの子を産み、タカはタカの子を生む。ツバメはツバメの子を産み、ヒバリはヒバリの子を産む。アンデルセン童話“みにくいアヒルの子”は実はアヒルの子ではなかった。ここで大事なことは、鳥の種類が違うだけでそこに優劣はない、ということです。教育の効果とは、親から受け継いだ遺伝子の特徴を上手に生かせるようにすることなのです。

【次回に続く】

高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授。医学博士。専門は小児科一般と小児神経。1957年、8月生まれ。1982年慶応義塾大学医学部卒業。1988年から米国マサチューセッツ総合病院小児神経科に勤務、ハーバード大学医学部の神経学講師も勤める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で、医師、教授として活躍している。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。
2018-9784838730131-1-2

『小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て』
高橋孝雄 著
マガジンハウス
定価:1,404円 (税込)
https://magazineworld.jp/books/paper/3013/


高橋孝雄先生のインタビューはこちらから
子どもとお母さんの代弁をすることが、私の仕事です【小児科医・高橋孝雄さんインタビュー前編】
人間は「遺伝子の力」と「環境の力」から作られています【小児科医・高橋孝雄さんインタビュー後編】
photo by Adobe Stock