子育てママのお悩み解決メディア

Odekake今週末、どこに行く?

おでかけレポート光をテーマにした19の体験型アート作品。「スマートイルミネーション横浜2018」開催中!

2018.11.02

未来型夜景「スマートイルミネーション横浜2018」を体験しよう

今年も幻想的なイルミネーションの季節がやってきました。イルミネーションというと、美しくライトアップされた街並みを眺めて楽しむというイメージがあるけれど、横浜で開催中の「スマートイルミネーション横浜2018」はちょっと違います。

LEDや風力などを活用した環境・省エネルギー技術とアートを融合させ、新たな夜景の創造を試みる、今年で8年目になる国際アートイベントなのです。

今年も11月4日(日)までの5日間、象の鼻パーク(横浜市中区)にて、国内外で活躍するアーティストや、大学、企業による、光をテーマにした19の体験型アート作品が展示されています。

tanaka_ashi_1
「海足(うみあし)」。海の向こうからやってきた外来者を思わせる、巨大な二本の足。農民の労働と生産へのオマージュとして制作された。鑑賞者のアクションにより光が変化する。
tanaka_ashinonaka_2
「海足」内部から眺める横浜夜景。作品の素材は、獣害対策に使用する金網やネット。妙に落ち着きます。

参加者がオブジェに触れることで、象の鼻パーク一帯の光の色を変化させ、風景を変える作品、ホウキギターやデッキブラシベース、おそうじドラムなど身近な掃除道具を使って、演奏し、光を紡ぎだす音のプロジェクト、巨大あやとりに皆で挑戦するワークショップ…。

tanaka_promap_3
地形を正確にモデリングし、実際の芝生の傾斜から水が流れ、変化する様子を芝生に投影するプロジェクションマッピング。
tanaka_music_4
音と光を演奏できる掃除楽器。バックの映像照明が連動して変化する。ぜひ親子で演奏者に。

どの作品も、鑑賞者が参加することにより変化し、広がり、深まっていく、新しいスタイルの夜景体験となり、家族で鑑賞するにもぴったり。作品が表現しようとしていることや、使われているエネルギーについて、親子で話してみるのも楽しいかもしれません。

tanaka_ayatori_5
光の紐で作ったあやとり。ホウキ、橋、富士山などが5箇所に展示されている。左に見える『光球』は「光る」「動く」「浮く」がテーマ。
tanaka_touei_6
鑑賞者がオブジェを叩くことで、象の鼻パーク一帯の光の色を変化させる。写真は工事幕に覆われた税関外壁。
tanaka_bosai_7
提携プログラム。「ひかりの実 」ワークショップ。笑顔を描いた実を「防災の樹」に飾ろう。11月1日〜3日 15時〜 1日100個限定 無くなり次第終了。参加無料。
tanaka_workshop_8
無地のマスクにキラキラ光る素材のシートを貼って、自分だけのマスクを作るワークショップ「キラリと光るオリジナルマスクを作ろう」。参加費 1回500円。

おにぎりやお好み焼き、ドーナッツなどが揃った「夜店マルシェ」も開催しているので、小腹が空いても安心!


【スマートイルミネーション横浜2018】
日時: 開催中~11/4(日) 17:30~21:30
※一部作品(アートプログラム)及び連携プログラムは12月末までを予定
料金:無料(一部のワークショップは参加費が必要)
会場:象の鼻パーク、横浜市内各所
主催:スマートイルミネーション横浜実行委員会
共催:横浜市
http://smart-illumination.jp/

写真〇マキアキコ 取材・文〇タナカユミ
Hanakoママ

Hanakoママ (はなこ・まま)編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →
Hanakoママさんの記事一覧 →