子育てママのお悩み解決メディア
事前の座席指定はマスト! 旅や帰省の飛行機旅で、パパがやるべきポイント4【旅の準備編】
2018.11.02

イベントに強いパパになる 事前の座席指定はマスト! 旅や帰省の飛行機旅で、パパがやるべきポイント4【旅の準備編】

冬休みの旅行、年末年始の帰省……
国内飛行機旅行の頼れるツアコンになる!

travel1

秋の大型連休や年末年始、家族旅行や帰省の予定があるなら、パパが旅をリードしてみませんか? パパが国内飛行機旅行の名ツアーコンダクターになる秘策を伝授します!

子連れ旅に予定通りはないママをうまく巻き込んで!

家族旅行や帰省の際、パパが名ツアーコンダクターになる秘訣とは? 旅行ジャーナリストの村田和子さんに、その心得をお聞きしました。

「前提として、子連れ旅行は予定通りに進まないもの。準備は入念に、旅行中は臨機応変に、を心がけてください」「ツアコン役だから!」と、パパが自分一人で背負いこまないことも大切だそう。

「家族旅行の計画は、パパとママが協力したほうがスムーズ。要所要所で、うまくママを巻き込んで。一人で決定すると責任が一人に集中するので、もめ事が起こりがちなんです」 

そのため旅行準備で最初にすべきは、「○○をする」「○○を見る」など旅ののテーマと予算をママと一緒に決めることだと村田さん。「現地でのプランは複数案用意し、最後はママや子どもにどれがいいかを決めてもらってください。すると、家族全員が納得感のある旅行になり、わくわく感や結束力も高まりますよ!」

子連れ飛行機旅行の準備、4つのポイント

1 飛行機を制す者は子連れ旅行を制す!

移動を加味して発着時刻を決める

travel3

飛行機の発着時間は、自宅から空港までの移動時間帯も加味して決めること。旅先でどう過ごすかを優先して発着時間を決めると、ラッシュ時の電車に乗り込む羽目になりかねない。スムーズな移動を心がけよう。

家族横並びがマスト事前に座席指定を

travel2

機内の居心地は、席取りが左右する。航空会社のウェブサイトなどで、家族が固まって横並びになれる場所を事前に予約しておくこと。前方の席は出入りの際にストレスが少ない。揺れが気になるなら翼付近を。

航空会社は国内大手が安心

乳幼児連れの場合は、JAL、ANAの大手がオススメ。LCCを選ぶなら、遅延や欠航などのリスクが高いことを念頭に置いて。

荷造りの時点で荷物を3つに分類

荷造りの時点で預け入れをする荷物、機内で上の棚にしまう荷物、機内で手元に置く荷物の3つに分けておくとスムーズ。

【海外旅行の場合は……】
離乳食・キッズミールは事前に予約が必要!

航空会社には離乳食やキッズミールの用意があるところも。ただし、幼児や子どもの席の予約とは別に事前予約が必要。

2 宿選びは子どもファーストで

子どもが小さいうちは、宿で過ごす時間が長くなる。景色や過ごしやすさに気を配り、子ども向けの貸し出しグッズやサービ
スの有無もチェックしたい。どんな部屋がいいか、ママと一緒に検討しよう。

3 スケジューリングは腹八分が基本

子どもと一緒に行動していると、なんだかんだと時間を取られるもの。旅先の焦りはトラブルのもと。「あれもこれも見せてあげたい」という気持ちはグッと抑え、時間に余裕をもってスケジュールを立てよう。

4 子どもとパパだけで過ごす時間を作る

travel4

普段ママに育児が集中しているなら、一人時間をプレゼントして。平日は仕事で手いっぱいというパパにとっては、旅行中は思いっきり子どもと遊ぶいい機会。託児ルームを利用して、パパママ二人きりでディナーも◎。

[ 教えてくれた人 ] 村田和子さん 
旅行ジャーナリスト。1児の母。著書に『旅育BOOK』(日本実業出版社)がある。
 
イラスト〇ナカオテッペイ 編集・文〇有馬ゆえ
(Hanakoパパ04より)