子育てママのお悩み解決メディア
鈴木のりたけさんの作品は、こんなふうに作られました
2016.03.15 by Hanakoママ Hanakoママ

編集部の取材エピソード 鈴木のりたけさんの作品は、こんなふうに作られました

毎月ミニ絵本をお届けするHanakoママwebの「KID’S CLUB」、今回は、絵本作家・鈴木のりたけさんの『ひょうげんのじゅう』です。

ehon_other_201603
今回は、作品に登場するたくさんの「10」たちを並べて撮影しましょう、ということになり、鈴木さんにスタジオまでお越しいただきました。

鈴木のりたけさんの絵本といえば、「しごとば」シリーズ(ブロンズ新社)や『す~べりだい』(PHP研究所)など、ページの隅々まで描きこまれた作品、というイメージが強いのですが、今回の『ひょうげんのじゅう』はこれまでの絵本とはまったく違う印象。すべて「切り絵」で構成されています。

「じゅう」、つまり「1」と「0」を実際に切り抜いて、並べて、自由に表現しよう!という、読者参加型の作品なのです。

ehon_other_201603_01
持参いただいた「1」と「0」をこんなふうに、鈴木さん自らが並べていきます。

作品の最終ページでは「1」と「0」で作られたものをたくさん並べて紹介していますが、撮影現場で鈴木さんから「このなかに1個、ハナコママ編集部で作った作品をいれましょう!」といううれしいご提案があり、その場にいたスタッフが即興で作品を作ることに!

ehon_other_201603_03
まずは、カメラマンさん作の「キノコの森」
ehon_other_201603_02
編集長作の「ネックレス」。「10」が3組使われています!
ehon_other_201603_04
みごと採用になった、カメラアシスタントさんの「うさぎ」。

写真を撮り忘れましたが、私が作った「さくらんぼ」も不採用。残念~! 
でも、「1」と「0」で何が作れるかなー、と手を動かしながら考える作業は楽しくて。ほんのひとときではありましたが、「ひょうげんのじゅう」を身をもって体験できました。

ehon_other_201603_05_3
そしてこれが完成版。めでたく「うさぎ」も仲間入りです。どれもが「1」と「0」からできているのですが、それぞれ何に見えるでしょうか?

最初に作品の打ち合わせをしたとき、鈴木さんから「子どもたちには、小さい時から自由に表現する楽しさを経験してほしい。それを伝えることが、表現者として仕事をするうえで大切にしていきたいこと」だと、この作品に込められた思いを話していただきました。

「この形は何かな?」という会話をきっかけに、「じゃあつくってみようか?」と、お子さんと一緒に10を切り抜いて、自由に遊んでいただければと思います。

そして‼

鈴木のりたけさんご自身による「ひょうげんのじゅう」のワークショップも行われます。実施日は3月20日(日)、21日(月・祝)の2日間。詳しい内容は「おでかけニュース」の記事でお知らせしますので、お待ちくださいませ!

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →