働くママのウェブマガジン

Odekake今週末、どこに行く?

新幹線の「ファミリー車両」でママも子どももハッピー! 旅行や帰省におすすめの子連れ専用車両

2018.11.28
shinkansen

今年もそろそろ年末年始の計画を立てる時期がやってきました。

楽しい旅行や帰省の予定も、子どもと一緒の移動を考えると悩ましいママも多いのではないでしょうか。

移動前から絵本やおもちゃ、おやつやDVDを駆使してなんとか周りに迷惑をかけないようにすることで頭がいっぱい! 到着する頃にはドッと疲れが出てしまいそうです。

そんなママの悩みにこたえてくれるファミリー車両があるのをご存知ですか?

子ども連れ専用車両だから、気がねせず過ごせる

JR東海ツアーズから発売されているプラン「東海道新幹線 ファミリー車両で行こう!!」では、子ども連れ専用車両を設定。

ひと車両まるごと、子ども連れのグループばかりなのです!

周りを気にしていつも以上に「静かに!」と怒ってしまったり、泣き声を気にしてデッキに出たりしがちな新幹線移動も、子連れ専用車両であれば、子どもはワイワイと楽しく、ママやパパは気がねなく過ごすことができそうです!

プラス1席に荷物を置いてゆったり着席

なにかと荷物の多い子どもとの移動では、大きな荷物を座席の足元に置いたり荷物棚から上げ下げしたりと大変なこともありますよね。

プランでは予約人数(有料人員)プラス1席が確保されているので、荷物やベビーカーを遠慮なく置いて座席を広々と使うことができます。

大人ひとりで子どもを連れた移動などには、特にうれしいポイントですね!

お財布に優しい料金設定!

通常、夏休みや冬休み、ゴールデウィークなどの期間には繁忙期料金が設けられていて、その期間は指定席特急料金が200円増しとなります。

しかし!
ファミリー車両では、1ドリンク引換券が付いて、繁忙期でもお得な料金で乗車が可能!(有料人員のみ)
出費の多くなる時期のお得な料金設定も、やっぱりうれしいポイントです!

例)繁忙期、東京~新大阪「おとな2名+幼児1名(席が必要な幼児)」をのぞみ号普通車指定席で利用した場合、通常は36,620円。

ファミリー車両の場合、プラス1席が付いて、料金は33,000円~35,300円とお得!もちろん、片道のみの利用もOKです。

※「ファミリー車両で行こう!」プランは、1歳以上6歳未満の幼児についても席が用意されるため「幼児ひとりの旅行代金」が必要となります。
また、「こども」とは6歳以上12歳未満の小学生、「幼児」とは1歳以上6歳未満の未就学児、「乳児」とは1歳未満を指します。

さらに“おまけ”が付いてくる!

プランにはさらにおまけが付いてきます。

・抽選で総計50名にプラレールセットなどがプレゼントされるチャンス!
・乗車記念パネルと一緒に車内で記念撮影!

年末年始だけでなく、夏休みやゴールデンウィークにも実施している「ファミリー車両」。移動がストレスなく楽しめる時間になれば、家族もハッピー!旅先や帰宅後の気分もきっと違うはずです。

【東海道新幹線 ファミリー車両】
設定期間:2018年12月14日~2019年1月7日出発分
設定区間:(東京・品川・新横浜)~(名古屋・京都・新大阪)、(名古屋)~(京都・新大阪)
利用列車タイムテーブル:公式サイト参照
最少催行人数:2名(おとな1名と小学生以下の子ども(乳児含む)1名からの申し込みとなり、おとなのみや子ども、幼児のみでの申し込みはできません。)
申込み締切日:乗車日の4日前。2018年12月30日(日)で申し込み終了(メールフォームからの申し込みは12月28日(金)17時まで)
食事:なし
添乗員:なし
※注意事項など、詳細は下記のJR東海ツアーズホームページをご覧ください。
JR東海ツアーズ:http://www.jrtours.co.jp/fs/

文◯木村一実