子育てママのお悩み解決メディア

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

保育士・河西景翔さんが答えます!公園で拾ったどんぐりで、マラカスを作ろう!【教えて!ケイト先生】

2018.11.20

この連載は……
Hanakoママwebで「働くママのカウンセリングルーム」を連載中の、子育てアドバイザーで保育士の河西景翔さん(ケイト先生)が、保育園との上手な付き合い方やお家でできるカンタン遊びの紹介など、保育士の視点からママに役立つ情報を発信します。


こんにちは。河西です。

今回は秋の実をつかった制作です。

秋になるとまつぼっくり、どんぐりなどの実が木から落ちてきて、散歩に出かけると子どもたちは目を輝かせながら、実を拾い始めます。

でも、家に持ち帰ったどんぐりをどうしたらいいのか? お母さんたちから聞かれることがよくあります。

今回は、どんぐりの実を使ったマラカス作りをご紹介したいと思います。

まずは、どんぐり拾い

一般的にどんぐりと言われる木の実は何種類もあります。クヌギ、コナラあたりが一般的です。

街中でクヌギやコナラの木を見かけることは少なくなりましたが、実は公園や児童館などには記念樹として植えられていることが多く、意外に近所でも見つかることがあるかもしれません。また、代々木公園や新宿中央公園にはクヌギやコナラの木があるので、どんぐりがたくさん落ちています。 ただし、新宿御苑など、どんぐりが落ちていても持ち出しは禁止となっている場所もありますので注意してくださいね。

どんぐりは、木によって実の大きさも異なります。以前保育園で拾いに行ったときは、園に戻ってから、幼児クラスの子たちが拾ったどんぐりがどの木のものなのかを図鑑を持ち出して調べる姿も見られました……。興味を持ったものをすぐに調べてみるというのは、遊びから学ぶことができるいい機会だと思います。

さて、今回拾ったどんぐりはこちら。

ケイト先生どんぐり

コナラ
マテバシイ
アラカシ
あたりでしょうか。

どんぐりのマラカスの作り方

さて、マラカス作りですが、用意するものはこちらです。

IMG_1255_r

・紙コップ
・クレヨン
・透明テープ(セロハンテープ)
・どんぐり

まずは、紙コップに絵を描きます。

IMG_1257_r
IMG_1258_r

小さなお子さんは、紙コップが動いてしまい書きづらくなりますので、保護者の方がコップを押さえてあげるといいと思います。

ちなみに、小さなシールをペタペタと貼るのも、台紙から剥がしたり、コップに貼ったりと手先を使うので、お子さんの手先を鍛える良い機会にもなります。絵を描くのとは違う楽しさもありますね。

次に、紙コップにどんぐりを入れます。数が多ければ多いほど、重い音。少なければ少ないほど軽い音になります。乳児と言われる0歳1歳は、高音の音のほうが反応がよいので、どんぐりを5個位入れたもので反応を見てみると良いかもしれませんね。

IMG_1259_r

ちなみに、私が今回作成したときはどんぐりの大きさも違ったものを入れたので、同じ大きさのものを入れたときとはまた違った音が楽しめました。

音の変化を体験することも、五感を育てる大切な機会となります。

絵を描いた、2つのカップを重ねます。

IMG_1263_r

最後に、コップの接続部分をセロハンテープでしっかりと貼り合わせていきましょう。

IMG_1260

完成です。

時間は、10分ほどでしょうか。小さなお子さんは10分でも集中して作れればOK!

ただ振っても楽しいですし、音楽に合わせてもいいですね。

ちなみに、私が3歳児に保育室で行ったときは、このマラカスを使って、はじめは音を楽しみながら、優しく振ったり、縦だけではなく横に振ってみたりして、音の違いを楽しみましたが、後半は、30秒間ずっと激しく振り続ける運動をしました。何回も行っているうちに子どもたちも汗びっしょり。

「静と動」の遊びを取り入れることを意識してみました。

ぜひ、お家でもマラカス作りを楽しんでみてくださいね。

過去の記事はこちらから
https://hanakomama.jp/keywords/counseling-45466/

kawanishi_keito

河西景翔(かわにし けいと)さん・子育てアドバイザー
小学生の頃から保育士を目指し、中学から保育園でのボランティア活動を通して、日本音楽学校に入学し、保育士・幼稚園の資格を取得。平成14~26年まで、保育士・幼稚園教諭として現場で働く。
現在は、セミナーを開催したり、ウェブマガジン・ブログを通し、子育てに悩むママに向けて、子育てに関する情報を発信。「子育て中のママと、共に悩みながら最良の道を切り開く」を念頭において、日々奮闘中。

http://s.ameblo.jp/chloe69/
「ほいくらいふ」でも連載中!


ケイト先生と星山麻木先生が答える、ママのお悩み相談「ママのためのカウンセリングリーム」
https://hanakomama.jp/keywords/counseling-15161/
Hanakoママ

Hanakoママ (はなこ・まま)編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →
Hanakoママさんの記事一覧 →