働くママのウェブマガジン

Odekake今週末、どこに行く?

【Rethink 夫婦の時間】夫婦のためのレストラン「TABLE898」が、いい夫婦の日より期間限定オープン!

2018.11.22

11月22日は、“いい夫婦の日”。
いつもは子どもとのお出かけや遊びなど子育てのことを中心にお届けしているHanakoママWebですが、今日は「夫婦」についての話題をお届けします!

夫婦をテーマにした新メディア「Rethink 夫婦の時間」スタート!

IMGP8223-2
「Rethink 夫婦の時間」岸辺麻巳編集長

Hanakoママをお届けしているマガジンハウスでは、夫婦の距離を縮めて二人の時間をもっと豊かにすることをテーマにしたプロジェクト「Rethink 夫婦の時間」を発足しました。

そして、新しく“夫婦”をテーマにした新メディア「Rethink 夫婦の時間」がスタートします。

毎日、夫婦でチカラを合わせて過ごしているけれど、ふと考えるとすれ違いが多い? これで良いのかな?

「Rethink 夫婦の時間」は、二人の時間をより豊かに、実りあるものに、夫婦の距離がもっと近づくように「“夫婦の時間”を考える」きっかけを作っていきたい、という想いから発足したプロジェクトです。

IMGP8232-2
日本たばこ産業 たばこ事業本部 大平崇依さん

サポートの日本たばこ産業が展開するプロジェクト「JT Rethink PROJECT」は「Rethink=視点を変えて考える」がキーワード。

マガジンハウスの「Rethink 夫婦の時間」は、既存の概念にとらわれないで新しい文化やライフスタイルを生み出すことに挑戦する、そんな「JT Rethink PROJECT」のサポートのもと展開しています。

そしてまずは、「Rethink 夫婦の時間」プロジェクトの一環としてレストランがオープンします。

最近、夫婦だけでお出かけしていますか?

IMGP8270

夫婦限定、夫婦のためのレストランが、11月22日(木)いい夫婦の日に東京・代々木上原に期間限定でオープンします。

店舗名は「TABLE898(テーブルハチキュウハチ)」

898というのは、“夫婦が向き合って心地よく会話ができる距離”を追及して出された長さ「898mm」にちなんでいます。

人は、自分と他者との間に無意識に境界線を作ってしまうようで、その境界線より中だと強い不快感が起こり、離れるとさびしさや不満を感じるそう。JT Rethink Projectが、夫婦40組への実証実験と心理学的見地から導き出した距離がこの898mmになるのだそう。

※研究結果の詳細は、こちらから:JT Rethink プロジェクト公式サイト

IMGP8215-3
店内のテーブル下の床には「898mm」を示すメジャーが。つかず離れず、親密さを感じる絶妙な距離感です。

TABLE898は、そんなベストな距離で夫婦が会話や料理を楽しめる夫婦のためのレストランです。

総合プロデュースは丸山智博さん

IMGP8235-3

レストランの総合プロデュースは、人気店舗を多く手がけるレストランプロデューサー兼シェフの丸山智博さん。

IMGP8220-2

優しく灯してくれる木製ランプ、898mmの距離で過ごすための大切なテーブル、作家さんにオーダーしたうつわなど、どれもTABLE898のために作られた特別仕様です。

IMGP8217-2

それぞれの夫婦が主役となり、そこで過ごす時間そのものが作品になるようにこだわった空間となっています。

シェフはパリ人気店のオーナーシェフ田中淳さん

IMGP8245-2

お料理は、パリで有名なモダンフレンチ「Restaurant A.T」のオーナーシェフ田中淳さんがシェフをつとめます。

IMGP8248-3

メニューは田中シェフがTABLE898のために開発した、夫婦の距離が縮まるフルコース!
この日はアミューズと冷前菜を試食させていただきました。

IMGP8250-2

アミューズの名前は「結び」
真ん中にある、赤い糸をイメージしたビーツのチップスが二つのお皿を結び、夫婦のように二皿で一つに見えるよう表現されています。

IMGP8259-2

「時の流れ」と名付けられた冷前菜。
薄い緑から濃い緑に徐々に移りゆく様子は、時間をかけて夫婦の愛がより濃くなってゆく様を表現されています。

IMGP8264-2

サーモンマリネの上に散りばめられているのは、ハーブで色づけられたチップス。
目の前でソースをかけて完成する様子は、あちこちで小さな歓声が上がる素敵な演出でした。

そして、この冷前菜は田中シェフがパリのお店でスペシャリテとして出されているものを今回のためにアレンジしたもの。
夫婦二人でパリにいる気分も……?!味わえそうですね。

IMGP8300-2

大きさの異なる夫婦茶碗に盛り付けられているのは、温前菜「夫婦」
旬の白子をムニエルした上にあしらわれた白と紫の小花は、色違いで男女を表現しています。

IMGP8302-3

メインの魚は「奇跡の出会い」
海の鱈(たら)、山のオリーブのように異なる二つの食材が合わさってできる料理から、生まれも育ちも違う二人が出会い、一緒になり生まれる奇跡を表現しています。

IMGP8296-2

メインのお肉は「絆」と名付けられた鳩のロースト。
夫婦の象徴と言われる鳩のように、つがいとなって二人三脚で人生の旅を楽しんでいく様子が表現されていて、真ん中の赤い糸で結んだもも肉は夫婦円満を表現しています。

IMGP8291-2

そして最後のデザートは「豊麗」
バターの香りたっぷりにローストしたカリンをベースに、「家族愛」という花言葉を持つセージのアイスクリームが添えられています。
自然の恵みに感謝しながら、旬の食材を夫婦で一緒にいただける喜びを表現したデザートです。

フォトセッション1
左から丸山智博さん、日本たばこ産業 大平崇依さん、「Rethink 夫婦の時間」岸辺麻巳編集長、田中淳シェフ

“いい夫婦の日”のオープン、夫婦の距離が縮まるフルコース、二つで一つのオリジナル器など夫婦で過ごす時間をとことん感じて、898mmの距離での会話を楽しんでみてはいいかがでしょうか。

【Rethink 夫婦の時間】
■URL:https://rethink-fufu.jp/

【TABLE898】
■営業期間:2018年11月22日(木)~12月2日(日)
■住所:東京都渋谷区西原3-12-14
■時間:18:00~20:00/20:45~22:45 ※二部制、完全予約制
■金額:フルコース 7,000円(ドリンク別)
■予約電話番号:03-6327-2267
■URL:https://rethink-fufu.jp/table898/