子育てママのお悩み解決メディア
選曲しだいで効率アップ!? 家事がはかどる音楽選びのポイント
2018.12.08 by Hanakoママ Hanakoママ

選曲しだいで効率アップ!? 家事がはかどる音楽選びのポイント

環境音楽家が教える、家事がはかどる音楽選びのポイント

top2

子育てママにとって、日々の家事は大きな負担。家事は、やることも種類も多く、毎日の繰り返しということもあり、なかなかモチベーションも上がりません。

そこで今回は、パナソニック主催「家事がはかどる音楽」の発表会に登壇していた環境音楽家の小松正史さんに、ママが家事をしながら聴くと家事がはかどる音楽について教えてもらいました! 選曲のコツも必見です!

家事のやる気アップ!すごい音楽の効果

小松さんは、家事をしながら音楽を聴くことにはさまざまなメリットがあるといいます。

「音楽は、気分の切り替え、気持ちを鼓舞させることができます。なかでも家事をはかどらせる効果を得るポイントの一つは、気分を高揚させてやる気を起こさせてくれることです。

お皿洗い、拭き掃除などはリズムよく、テンポの比較的早めの音楽などを流すと、身体も同様にリズムを取り、動きやすくなります。

今回家事がはかどる音楽というテーマでCHAIさんと共に環境音楽家としてのアドバイスをして楽曲制作をしました。その楽曲を家事の最中に流してどのような効果があるかという実験を行った結果でも、音楽ありのほうがポジティブな効果が実証されています」(小松さん)

家事をしながら聴く音楽の選曲のポイントは?

家事のやる気アップ、動きやすくなるなどのポジティブな効果、ぜひ得たいですよね! では、家事中に聴く音楽はどのようなものを選ぶと、家事がはかどるのでしょうか?

「まず頭に残るメロディー、誰でも口ずさめるような曲がいいですね。でも入り込みすぎない、聴き流せるようなものが最適です。リズムの速さも重要で、140bpm~160bpm(1分間の拍数)くらいが最適。快感や充足感を生み出します。耳を引くイントロも大事です。その曲に対するモチベーションアップにもつながるためです。エンディングは、無事に家事が終了したような雰囲気を醸し出せるようなものがいいですね」(小松さん)

具体的に、どんな音楽がいいのでしょうか?

「年代や好みによっても違うと思います。しいて言えば、若い世代だとEDM(Electric Dnace Music)のようなリズムやテンポの速いものがいいかもしれないですね。またご年配の方だと童謡などシンプルで口ずさみやすいもの、小さいころに繰り返し歌っていたような曲はいかがでしょうか。ママ世代だと、若いころや結婚前に聴いていたような、当時夢中になった音楽、楽しかった頃を思い出させてくれるような音楽もおすすめです。またお子さんの好きな曲など一緒に口ずさめるようなものを流して、お子さんと楽しみながら家事をすすめていくのもよいかと思います」

家事のやる気が下がってるなと思ったら、ぜひ今回の内容をヒントにして、お気に入りの音楽を流して家事をはかどらせてみてくださいね!

【教えてくれた人】環境音楽家 小松正史さん
作曲家・ピアニスト・音育家。京都精華大学人文学部教授。
音楽だけではない「音」に注目し、それを教育・学問・デザインに活かす。BGMや環境音楽を制作し、ピアノ演奏も行う。パナソニックと新進気鋭のガールズバンドCHAIがコラボレーションした曲『GREAT JOB』にも助言を行う。
取材・文〇石原 亜香利
Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →