働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

サッカー親子応援記Jリーグ、どのクラブを応援する? お気に入りの見つけ方【親子でハマったJリーグ】

2018.12.20

Jリーグ サッカー親子応援記・13

この連載は……
ライターの坂田ジエイ子さんによる、「Jリーグ サッカー応援記」。子育てでつらい思いを抱えていた時期、「母親が笑っていれば子どもは幸せだ」という友人の言葉からサッカーに目覚めた坂田さん。東京在住でありながら、息子さんと一緒に、大阪拠点とする名門サッカークラブ「セレッソ大阪」のサポーターに。クラブへの愛から親子観戦の魅力についてまで、サッカーを応援する楽しさを綴ります。

この連載を初回から読む https://hanakomama.jp/topics/56174/


近所? 出身地? お気に入りクラブの見つけ方

13

こんにちは! 12月18日、2018年のJリーグ総まとめといえる年間表彰式「2018 Jリーグアウォーズ」が開催されました。当日は、事前に発表されていた各部門の表彰のほか、最優秀ゴール賞、ベストイレブン、そして最優秀選手賞(MVP)などが発表されました。今年の栄えあるMVPは、川崎フロンターレ・家長昭博選手でした! フィジカル、技術力、スピードとどれをとってもリーグトップレベルといわれていて、川崎フロンターレを連覇に導いた立役者と大絶賛されていますね。私も対フロンターレ戦では、家長選手にボールが渡るととてもヒヤヒヤしていました。来季もよりいっそう怖い相手となりそうです!

さて、今回はJリーグを応援したいけれど、どのクラブがいいのかわからない! そんな人に向けてのテーマです。題して「お気に入りの見つけ方」。例えば、「好きな色と同じクラブカラーがいい」や「ユニフォームがカッコいい」など、きっかけはどんなことでもいいんです。ここではオーソドックスなパターン4つをご紹介しようと思います。

その1. お住まいの地域がホームタウン、または家の近くにスタジアムがあるクラブ

一番てっとり早い見つけ方になります。例えば、私の場合は東京在住なのでFC東京になるのですが、家の近くとなると川崎フロンターレになります。子連れですとただでさえ移動が大きな負担ですから、近所にスタジアムがあるだけで、だいぶフットワークが軽くなります。クラブ会員になれば、割引で観戦できますし、お住まいがホームタウンであるのならば、年に何回か無料招待が行われることもあります(どちらも詳細は各クラブにより異なります)。

何かとお得に観戦できる方法だと思いますが、デメリットといえば、ホームスタジアムなので、席やチケットが取りにくいかもしれません。自由席の場合は、開場前から行ったほうがベターかと思います。

その2. 出身地のクラブ

行きつけの美容師さんも、かかりつけの歯医者さんも、このパターンです(笑)。遠方だと、なかなかホーム戦は観に行けないですが、現在のお住まいの近くで行われるアウェイ戦なら観戦できます。地元のご友人もサポーターの場合は、共通の話題が増え、より楽しめますし、同郷のよしみで新しい知り合いも増えるかもしれません。愛着を持って観戦できそうです。

その3. 好きな選手や興味のある選手のいるクラブ

ずばり、私のことですね。私は2017年の秋、日本代表に初召集された杉本健勇選手をテレビで偶然見て気になり、たまたま行った今年2月の「FUJI XEROX SUPER CUP」でどハマりし、セレッソ大阪を応援するようになりました。

その2と同じように、所属クラブが遠方の場合は、ホーム戦を観ることは難しいですが、近くのアウェイ戦は行くことができます。このメリットとしては、アウェイなので応援人数がホームよりは少なく、結果席やチケットが取りやすいことが挙げられます。熱狂的サポーターの集まるゴール裏こそ開場前に並ばないといけませんが、少し外れた場所でいいならば、開場前に行かなくても、開場と同時に前方の席に座れることもあります。

ただし、スタジアムが一体となるホームのような応援を味わえることはできませんし、勝利しても選手の喜び方や挨拶がホームよりは控え目かな、と感じます。

その4. 好きな監督が指揮しているクラブ

2018年のシーズン前半にガンバ大阪の監督交代があり、日本代表キャプテンとしても大活躍された宮本恒靖さんが監督に就任されました。指揮を取るさまは、本当にカッコよく絵になります。さらに、21年ぶりにクラブタイ記録となる9連勝達成ともなれば、サポーターは増えるに決まっていますよね。他にも、海外の著名なクラブを率いた名将もいたりするので、監督から入ってもいいかもしれません。

以上、4パターンをご紹介しました。後者2つは、選手や監督が移籍、退任となると事情が変わってきます。その人物がいなくなってもそのクラブに思い入れがあれば、応援し続けてもいいですし、新天地となるクラブを新たに応援してもいいでしょう。かくいう私も、先日杉本健勇選手の移籍が発表され、来季からはセレッソ大阪とともに浦和レッズも応援することになりそうです。

応援の仕方は人それぞれ。どのクラブにもそれぞれストーリーがあり、それを知ることで、強い思い入れや楽しみが湧いてきます。せっかくなのだから、大いに楽しんで応援しましょう! 開幕は来年2月22日から。それまでに、みなさんのお気に入りが見つかりますように…!

坂田ジエイ子
ananのオリジナルコンテンツweb「ananweb」制作スタッフ兼ライター。同じくセレッソ大阪サポーターでサッカー少年の小5長男、とにかくお出かけが大好きな小2長女を持つ二児の母。仕事の合間に、チームや選手名をハッシュタグ検索しては、ニヤニヤしている日々。趣味は他に嵐、バレーボール。愛猫2匹をモフモフする時間も宝物。


第12回 「行けー!」はダメ? 少年サッカーの応援はJリーグ観戦より難しい
第11回 ファスナー付きはNG…! キッズ向け「冬の防寒サッカーウエア」
第10回 寒い日の親子サッカー観戦は、あえて「部屋」をおすすめする理由
第9回 かわいくてあったか……冬のサッカー観戦、気になる服装は?
第8回 ポイントは、お尻!? 冬場のサッカー観戦で絶対に持って行ったほうがいいもの
第7回 見学できる、Jリーグ各クラブの練習風景。用意しておくといいものは?
第6回 試合後にはお楽しみも。サッカー日本代表戦の楽しみ方
第5回 あの頂上決戦から再び! セレッソ大阪vs川崎フロンターレ、アウェイ観戦記
第4回 柏スタジアムでの観戦をおすすめする理由は?
第3回 セレッソ大阪を好きになるきっかけとなったゲーム『FUJI XEROX SUPER CUP 2018』
第2回 大収穫の2日間。憧れの選手が息子に与えてくれたもの
第1回 育児の黒歴史を経て、セレッソ大阪に出会うまで

この連載を最初から読む