子育てママのお悩み解決メディア
掃除機のコンセントについている、赤と黄色のテープの意味知ってた?【家電を長持ちさせるコツ・4】

掃除機のコンセントについている、赤と黄色のテープの意味知ってた?【家電を長持ちさせるコツ・4】

「え!? これだけで? 家電を長持ちさせるたったひとつのコツ」
voi.4 コンセント編

年末ですね。大掃除、進んでいますか。
ワタクシ、ものぐさママはまだ何もしていません。前にどこかで「大掃除は夏にするのがいい」と読んだのですが、いまぼんやりと共感しているところです。
その記事を読んだのは真夏でした! その時は「大掃除は年末でしょう!」と全力で否定したのですが…苦笑。

さて、そうも言ってはいられないので、先ほどやっと重い腰を上げ、気合が入った時のみ使用する、大きめの掃除機を収納場所から引っ張り出してきました(いつもはお掃除ロボットまかせ)。

ところが!

ザッーっと掃除機をかけ、サッと仕舞おうとしたら、なんとコードがうまく収まらないのです!

うちの掃除機はコードを少し引っ張って手を離すと、スルスルッとコードリールに巻き取られて収納されていくタイプのものですが、なぜかやる気なくダラーンとしたまま…。まだそこまで古くないのに。

「ものぐさママさん、コードを“これ以上もう出せない”というところ、つまり最後まできちんと引き出してから収納していますか? 中途半端な出し方を繰り返していると戻らなくなりますよ」。

今回も家電スペシャリストである、テックマークジャパン(株)の本多宏行さんから耳寄りなアドバイスがありました。

掃除機本体からコードを最後まで引き出すと、赤いテープが貼ってあるのが目に止まります。またその少し手前に黄色のテープが貼ってありますが、ご存知でしょうか。私は恥ずかしながら、「えー。そうだったっけ」というレベルでした。でもこのテープ、ちゃんとした意味があるんだそうです。

「電源コードの赤いテープはこれ以上引き出せません、という意味ですが、黄色のテープは『この位置まで電源コードを引き出して使ってください』ということを意味しているんです。黄色のテープまで引き出さずに使うと、電源コード自体が発熱して故障の原因になることもあるんですよ」と本多さん。

えー! そうなんですか!?
部屋内の部分的なホコリをさっとキレイにしたい時など、まったく気にせず、ほんのちょっとコードを引き出して掃除機かけてました! しかも、掃除機本体をぐいっと引っ張って、コードを引き出してしまう時もあり。これダメですね。

「もちろん良くないですね。また電源コードをピーンと引っ張って掃除機をかけるのもコードの電気配線に負担をかけますからNGです。適度な余裕が保たれるように注意してください」。

コードを収納する際も、勢いよくしゅるしゅると巻き取らず、電源コードを手に持って、優しく収納ボタンを押してアシストするのが故障を避けるための秘訣だそうです。

IMG_20181206_224926
赤いテープは記憶にあったけれど、黄色いテープは初めて認識しました。

コードをしまわない方がいい家電もある!?

さてもうひとつ、電源コードが本体に収納されている家電といえば炊飯器。
しかしこちらは電源コードはコンセントに差しっぱなしでOKなんですって!
その理由は…。

「炊飯メニューや炊飯時間などを表示している画面は、コンセントを抜いているときには、炊飯器に内蔵されているリチウム電池で動くようになっています。電源コードをコンセントから抜いてしまうとリチウムイオン電池が消耗することになり、一般的にこの電池は自宅で簡単に交換することができないので、差しっぱなしがおすすめです。電子レンジや炊飯器の待機電力は非常に低く、大半の商品が0.03kWh以下という数値だと思います。」と本多さん。

長持ちさせるために良かれと思ってやっていたことが、逆にリチウム電池を消耗させていたとは! 電源コードひとつとっても奥が深い! 今回も勉強になりました。

最後に掃除時に意識したい、大切な話を本多さんが教えてくれました。

コンセントの正しい使い方を語る上で、意外と盲点なのが「ホコリ」。

「コンセント周りのホコリは、電源プラグとコンセントの隙間でショートして発煙、発火する可能性があります(=トラッキング現象)。また、家電商品の電源コードは正常動作のとき負荷抵抗による電気が流れているので、家具などの重いものの下に電源コードを通すことや、無理に折り曲げるような行為は御法度です。電源コードの早期劣化につながるし、ショートすれば家電商品の負荷抵抗はほぼゼロとなり、非常に大きい短絡電流がコンセントなどに流れて火災を引き起こします。日ごろの掃除やメンテナンス、配線方法の見直しで、しっかり回避できることなので実施したいですね」

はい。やっぱり掃除ですよね! 大掃除はまたにして、今日はコンセント周りのホコリだけでも掃除しようかな!?

[教えてくれた人] テックマークジャパン(株)本多宏行さん
延長保証プログラムの設計と運営を行うテックマークジャパン。http://www.techmark.co.jp/
一般的に1年間とされるメーカー保証期間の終了後、延長して自然故障や不具合の修理を無償で受けられるのが、家電量販店などで利用できる「延長保証」。保証期間内ならば限度額に達するまで、無償修理を複数回でも受けられるのが最大のメリットです。
本多さんは幅広い家電製品の専門知識が必要となる「総合家電エンジニア」資格を取得した家電のスペシャリスト。現在、延長保証を利用した修理の精査業務で活躍中。
タナカ ユミ
ライター。小学生&高校生をもつワーキングマザー。毎年、大掃除の分担はパパは窓拭き、長男はお風呂のタイル洗い、次男はウロチョロするばかり…。誰が換気扇やるの!?

こちらも読んで!
第一回 エアコンからカビ臭!? 冷房運転をやめる前に、やっておくべきこと
第二回 洗濯機をこまめに回すのと、まとめて洗うの、どちらがいい?
第三回 冷蔵庫を長持ちさせるためのポイントは「ドア」にあった!

この連載一覧