子育てママのお悩み解決メディア
除湿か、加湿か? 迷ったときの目安は?【家電を長持ちさせるコツ・番外編・2】
2019.01.31

除湿か、加湿か? 迷ったときの目安は?【家電を長持ちさせるコツ・番外編・2】

「え!? これだけで? 家電を長持ちさせるたったひとつのコツ」
番外編・家電の使い方 素朴な疑問集めました!

前回に引き続き番外編をお送りします。家電を長持ちさせるという視点に限らず、家電の使い方に関する素朴な疑問にお答えします。

質問は周囲のママ友たちから集めたもの。読んでくださっているみなさんの参考にもなったらいいなぁ。

回答してくれるのは今回も、テックマークジャパン(株)の本多宏行さんです。

【質問】
「季節の変わり目や冬の雨の日、除湿機をかけたほうがいいのか、加湿器をかけたほうがいいか迷うことがあります。目安はありますか?」

bangai1

【回答】
「快適な生活が送れる部屋の湿度は、40%RHから60%RHくらいが目安になるかと思います。湿度が20%RHを下回ると金属製のものと接触する時に静電気が発生して指先がピリッとするかもしれません。また、低湿になると喉が渇いたり、肌がカサついてきたりすると思います。湿度が40%RH以下となる環境であれば加湿器の使用を検討してみても良いでしょう。

一方、除湿についてですが、私たちは湿度70%RHから不快感を覚え、80%RHを超えると汗ばむようになり、不快指数は急激に上がることと思います。カビが増え始めるなど良いことはありません。そんなときに除湿機を使うといいと思います。

加湿機能のないエアコンでの暖房は、室温だけが上昇するため湿度が低下するので、加湿器と連携させて室温と湿度をコントロールしましょう。少し高額になるかもしれませんが、空気清浄から加湿、さらに除湿までを1台で集約しているようなスペシャル商品もあります。赤ちゃんや小さなお子さんのいる家庭にはおすすめですね」。

空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなるとも聞きますよね。うちでも加湿器はフル稼働してます。ただし室内干しをする時に使う、ベランダ脇の部屋のみ、冬でも除湿機をかけてます。湿度はスマホの無料アプリでも計測することができるので、こまめにチェックして使い分けてもいいかもしれませんね。

ああ。それにしても除加湿・空気清浄一体型のスペシャル商品、うちにも欲しい!

【質問】
「照明器具・LEDって、節電のほかにどんなメリットがありますか。交換しようと思っているのですが、価格が高いイメージがあり、いまひとつ踏み切れないのですが…」

【回答】
「照明はLEDの採用を断然お勧めします。発熱量も消費電力も少なくて長寿命。白熱電球と比較すれば消費電力の削減率は80%以上と案内されています。

その他にも注目したいメリットがあります。実はLEDは紫外線を放出しないのです。身近な例を挙げると蛍光灯には、夏場は害虫が寄ってきますよね。玄関やベランダの照明をLEDに変えただけで、虫が少なくなった…なんて声もあるんです。

またLED照明は種類も豊富で、天井面に設置するタイプのものから壁面に設置するタイプ、さらにはスポットライトとして活用できるものまで様々なタイプのものが存在しています。キッチンであれば全体を明るく照らす全面配光タイプ、洋室リビングであれば調光から調色まで可能なシーリングライトタイプ、和室であれば天井から吊り下げるペンダントライトタイプ、廊下から階段には小型コンパクトタイプ、浴室であれば防湿性能に優れた浴室灯タイプなど、使用用途に合わせて選択すると良いでしょう」。

そういえば最近、街灯や自動販売機のそばに害虫を見かけることが少なくなってきたような…。電気代の節約になるだけでなく、害虫を引き寄せないなんて驚きです。夜、帰宅時に玄関灯近くに止まっている大きな蛾にびっくりさせられることがなくなるのは朗報です!

価格もお手頃になってきているそうですし、少しずつLEDに照明に取り替えていくのがオススメかもしれません。

今回もいろいろ勉強になりました!

[教えてくれた人] テックマークジャパン(株)本多宏行さん
延長保証プログラムの設計と運営を行うテックマークジャパン。http://www.techmark.co.jp/
一般的に1年間とされるメーカー保証期間の終了後、延長して自然故障や不具合の修理を無償で受けられるのが、家電量販店などで利用できる「延長保証」。保証期間内ならば限度額に達するまで、無償修理を複数回でも受けられるのが最大のメリットです。
本多さんは幅広い家電製品の専門知識が必要となる「総合家電エンジニア」資格を取得した家電のスペシャリスト。現在、延長保証を利用した修理の精査業務で活躍中。
タナカ ユミ
ライター。小学生&高校生をもつワーキングマザー。愛用していた炊飯器が壊れてしまい、新しいものを物色中。もういろいろあって、選べないまま月日は流れ…。このまま土鍋で炊く派になりそう…。

こちらも読んで!
第一回 エアコンからカビ臭!? 冷房運転をやめる前に、やっておくべきこと
第二回 洗濯機をこまめに回すのと、まとめて洗うの、どちらがいい?
第三回 冷蔵庫を長持ちさせるためのポイントは「ドア」にあった!

この連載一覧